« そりゃドコモメールは廃れるはず | トップページ | AppleWatchでブロック崩し »

Apple MUSICのお試し期間を終えて

Itunes
 そろそろかな、と思ってはいたiTunesのApple MUSICのお試し期間が先日終わりました。
 同じお試しなら、と娘も兼ねたファミリー契約をしていたので、1,480円はちょっと...と継続は見送りました。
 
 とはいえ、そもそもApple MUSICってどう?と訊かれたら、少なくとも ForYou に限ればだんだん良くなってきていた、というのが感想です。
 最初は、何これ? これなら自分が作ったテーマ別ベストと変わらんやん、という程度だったのが、徐々にリストの名前が「夕方の海岸で聴きたい曲」とか「パーティーの後でゆっくり聴きたい曲」とかちょっとひねった名前になっていたり、「サイドマン時代の◯◯」とかの切り分けができたりと、Geniusの蓄積のせいもあってか、少なからず興味をそそるリストが増えてきました。
 
 これがサービスインしてしばらく経ってApple側が慣れてきたせいなのか、それとも有償契約に結びつけるための期末作戦なのかはわかりません。
 逆に、最初の登録時に出てくる質問が今ひとつ的外れで、例えばTLCは好きですか、と訊かれても、確かに一曲二曲くらいは好きなのがあっても、アルバム買うほど好きでもないし、とか、Yes/No形式の質問なので、ここで最初にズレてしまっていた気がします。
 ここを、「好き・ちょっと好き・興味ない・嫌い」などの段階的回答の質問にするなどすれば、「おっ、そういう選曲できたか...」と思わず感動するリストと出会えたかもしれません。
 
 店だとか事務所でずっと流しっぱなしにするのなら、個人で980円は決して高くないサービスだと言えますが、さてそういう使い方だと今度は著作権が気になりますね。 例の団体職員が突然店に乗り込んできて、古賀政男先生の純金像を作るための莫大な金を請求されそうです。

|

« そりゃドコモメールは廃れるはず | トップページ | AppleWatchでブロック崩し »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そりゃドコモメールは廃れるはず | トップページ | AppleWatchでブロック崩し »