« Xcodeベータ版は取扱注意 | トップページ | なぜか内部で生きてるFloat変数 »

signal SIGABRTの悪夢

 忘れないうちに(自分のためにも)iOSプログラムのネタを続けておきます。
 
 先の発言で、それまでのコードを諦めて、同じ内容をXcode7で作り直した、とクールに書いていますが、ここで「signal SIGABRT」というエラーでないエラーに初遭遇しました。
 
 エラーでない、というのはこれはコードそのものには問題なく、「build complete」というメッセージとが出ます。 ところがシミュレーターでは、デフォルトのスタートアップ画面で止まったままで先に進んでいません。
 その時点でXcodeの"ViewController"ではなく"AppDelegate"の初期段階でで表示されるのが、「signal SIGABRT」。
 なんでもsignal abortの略だそうで、コード以外の部品や構造そのものに問題があるときに出る多目的(?)エラーメッセージなんだそうで、ネットで気軽に質問してもあまりに範囲が広すぎて、そう簡単には解決しないんだそうです。 その辺りはこちらのメッセージが非常に明快。
 
 確かに原因は人それぞれで、私の場合は配置したボタンのUIクラスに"Sent Event"と"Reference Outlets"に同名の(function)nameがあったことでした。 なぜそうなったのかは覚えがないのですが、とりあえず後者を削除したら「signal SIGABRT」の悪夢は覚めました。
 つまりは、コードには問題はなかったものの、配置した部品の設定に間違いがあったということになりますでしょうか。
 
 と書くと簡単ながら、この解決に半日...
 先のトラブルと合わせて丸一日ゴミ。

|

« Xcodeベータ版は取扱注意 | トップページ | なぜか内部で生きてるFloat変数 »

iOS と Xcode」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Xcodeベータ版は取扱注意 | トップページ | なぜか内部で生きてるFloat変数 »