« レンジでふわふわオムレツ | トップページ | 酒広告にまつわる自主規制の気持ち悪さ »

不穏なタイトルですが、問題提議です

Suicide_cover 水泳啓蒙本に続く二冊目のKDP本として、「提言「中高年のための自殺サポートシステム」: 人がヒトに戻ってしまう前に」というのを出しました。
 少々ショッキングなタイトルかもしれませんが、ここをずっと読んでくださっている方には、私がずっと前から時々書いていることのまとめか、とご理解頂けると期待しています。
 
 価格は356円(ページ数の割に高くてごめんなさい)ですが、9月5日16:59までなら無料キャンペーンとなっております。 是非々々ダウンロードしてご自身のSNSなどで広めていただければ幸いです。
 
 短絡的な思いつきと取られないために、内容は十年前から先日の新幹線車内焼身自殺までのいくつかの記事を再録し、それに改めて私の考えを整理して述べるという内容になっています。
 
 中高年のための、と宣言しておきながら、対象年齢の原則を成人に設定するなど、単なる老いだけを問題にしきれていないブレもあります。
 その他、現在のセーフティーネットとの誤差や、モラルハザートなど、整理すれば整理するほど新たな問題が浮かんできます。 ゆえにサブタイトルにもあるように、問題提議としてまずは第一声をあげてみることにしました。
 
 仮にこれで反対バッシングも含めて動きがあれば、あと十年とか二十年で提案しているサポートシステムが完成する? 間に合うかなぁ? 自分のその時に。

 あ、そうそう、今やKDPネタには慣用句とも言えますが、Kindle本は、Kindleをお持ちでなくても、お手持ちのスマホ、タブレット、PCでご覧いただけます。

|

« レンジでふわふわオムレツ | トップページ | 酒広告にまつわる自主規制の気持ち悪さ »

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レンジでふわふわオムレツ | トップページ | 酒広告にまつわる自主規制の気持ち悪さ »