« 突然ですがApple WATCH | トップページ | 元iモードのメルアドをiPhoneで利用する »

主婦(主夫)こそApple WATCHを

Awatch01 Apple WATCHを手に入れて何が一番したかったかというと、メールでもなくマップでもなくヘルスケアでもなく、もちろんDigital touchでもない、単なる買い物メモです。
 
 20年来、週三日は炊事担当しているので、スーパーへの買い物は欠かせません。
 全品覚えるなんて無理の無理。 買い忘れて二度手間になるくらいならきっちりとメモってそれを見ながら買うのが最も安全です。
 これには今まで携帯電話のメモ機能を使っていて、その点ノキアの携帯は小型かつストレートゆえに、買い物中にポケットから出してすぐにメモを確認するのに欠かせないアイテムでした。
 
 それでも買い物かごを片手に持って、携帯をいじるのは案外面倒なもので、ポケットから出す→適当なボタンを押してバックライト点灯→メモを選択という儀式が必要です。 買物中って、あれはあったっけ?、こんな商品があるんだ、あれとこれと組み合わせたら、冷蔵庫にあれはあったか?、なんてことをいろいろ考えるもので、すると買わなくてはならないものを忘れてまたメモを確認、と結構な頻度でこの儀式を繰り返しています。
 小型軽量のノキアですらこの面倒さですから、折りたたみ携帯は問題外、一方で持ちにくくてスルスル滑りやすいiPhoneは落として悲惨な目にあうこと確実です。

 これはなんとかならんものか。
 
Awatch02
 と数年来、わざわざポケットやらカバンから出さなくても良いようになれば、と願っていたところにApple WATCHです。
 だからネイティブアプリが解禁されたら、私のスキルでも実現できそうな、iPhoneでメモ入力、それがApple WATCHで読めて、スクロールはリューズで行う、というメモアプリを作るつもりでした。 ところがそんなことは誰でも考えるもので、すでにドイツから「Textwell」というのが出ていました。 ま、そりゃそうだろな。
 
 これの良いところはファイルが一つしかないこと。 その代わり、Mac/iPhone/Apple WATCHと全てでその一つのファイルが同期されます。 価格は360円。(実はMac版は1,200円とちょっと割高に感じたので未導入)
 台所や出先で思いついた食品をiPhoneで入力し、スーパーでApple WATCHのTextwellを開くと、それがそのまま表示されています。 これなら買い物かごや仕事用のカバンを両手に抱えていても、すっと手首を挙げるだけでチェックできます。
 
 また、この程度の食品名ならSiriの能力に問題は無く、ふと思いついた商品(ニンニクやらラップやらの常備消耗品とか)はApple WATCHからすぐに音声入力できますから、「ああ、あの時、気がついてたのに!」と悔しい思いをすることがありません。
 
 スーパーの通路を散歩がてらゆったりと歩き、思いついたものをポンポンとカートに入れるのが好きぃ、という余裕のある方は別として、ITガジェット以前に、こういう単純かつ日常な使い方は主婦や主夫こそ必須じゃないのかと思ったりするApple WATCHでした。

|

« 突然ですがApple WATCH | トップページ | 元iモードのメルアドをiPhoneで利用する »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

>>の程度の食品名ならSiriの能力に問題は無く

 そうそう、お茶を二本買っておかなくては、とSiriにお願いしたら、
「お茶日本」になりました。
 まだまだだね...

投稿: あやおば | 2015年6月19日 (金) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 突然ですがApple WATCH | トップページ | 元iモードのメルアドをiPhoneで利用する »