« あな口惜しや | トップページ | なんだかな、のホームページやらWindows8やら »

期待するガラケーの方向が違う

 ドコモがのサポートを改めて表明したとか、ソフトバンクが冷淡な態度を取りつつ結局新型を発売したとか、ガラケー絡みの様々なニュースとそれを基にした記事が流れております。(私がここでいうガラケーとはガラホも含む、ボタン付き携帯電話のことを指します。)

 曰く、高齢者無けだとか、料金体型が安いだとか、Android OSをもっと生かして高機能化をだとか、どうも私には違和感が残ります。
 現在私の携帯電話の使用形態は主にネットやデータ運び用にiPhone 5s、昔から使っている電話番号を背負った、音声とiモードメールの為にボロボロになりつつあるノキア製NM705iのいわゆる二台持ち。(キャリアは共にドコモ)
 
 NM705iにこだわる最大の理由はそのサイズで、前ポケットに全く無理なく入り、バイブによる着信も逃すことがありません。
 ところがこいつがもう6年目、見た目のボロさもさることながら、バッテリーがヘロヘロで少し長めの通話を三本もすればあっというまに空っぽ寸前という状態ですから、いつまでもこうしていられるわけではありません。
 
 返す返す残念なのは、現Y!mobileのストラップフォン2 WX06Aこと通称フリスクフォンの存在に気づいたときには既に販売中止になっていたことです。 PHSは完全に索敵範囲外でした。
 
 つまり、二台持ちも増える中で、こういう超単純目的のガラケーというのが全く発売される気配がないのが残念です。
 iPhone6は大きくなってさらに成功を収めたという事実からしても、その真逆である小型コンパクトな携帯電話というのは売れないと決めつけられても仕方がないのですが、それでも隙間ニーズというか、博打の裏張りの利くらいはあるんじゃないかとも思うんですけどね。

 ということで、仮に今NM705iが壊れたら、中古でこのフリスクフォンを手に入れた上でMNP、と少し前から覚悟をしております。
 いや、これでいいんですよ。 単に話すだけですから。(NM705iのiモードメールは@docomo.ne.jpとしてiPhoneに持って行けば良いわけで)

|

« あな口惜しや | トップページ | なんだかな、のホームページやらWindows8やら »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あな口惜しや | トップページ | なんだかな、のホームページやらWindows8やら »