« 戦線縮小 | トップページ | コピー機やPC周辺機器の無償廃棄 »

電子ピアノはピアノにあらず

 さて今どきの不要品回収事情その一です。
 
 クラビノーバ(ヤマハの電子ピアノ)を処分する際、まず最初に考えたのがピアノや楽器買い取り店への売却。 20年前のものなので、買い取り金額が出なくても、引き取ってもらえれば御の字程度に考えてネットで複数のピアノ専門店と楽器全般引き取り店に見積もり依頼をしました。
 すると全て「電子ピアノは扱っておりません」の返答。

 あらら、そいつは困った。 売ってるくせに引き取ってはくれないの?
 
 捨てる? と、今度は廃棄処理業者を見てみると、もともと鍵盤類は本物ピアノはもちろん、電子オルガンまで含めてアウトっぽい。
 
 と、今度は音楽教師をしていた姉に、ダメ元で誰か運送代だけで引き取ってくれる知り合いはいないかと打診。 するとあっさりと、一人欲しい人が同じ市内にいるとのこと。 あら、ラッキー。
 ということは今度は運送会社を見つけねばなりません。

 以前、大きな家具もヤマトでも送ることができる、と読んだことがあるので、サイトに行ってみたら、ピアノ・楽器の輸送というページがありました。 そのまま見積もりをメールフォームで依頼。
 実際に運んでくれるのはヤマトと契約している外注の専門業者で、結果、1.8万円程。 配達先は同じ市内だけど、引っ越し系の運送代って積み降ろしがメインコストで、距離はあんまり関係ないとは知っていつつも、安くはありません。
 
 でも今回は先方が払ってくれるので、迷わず依頼。 ちなみに元払いしか対応していないので、一旦は立て替え払いとなります。
 
 前日に、転倒防止チェーンを外したり、周辺の小物を取り除いて当日。 いかにも慣れた作業員二人がやってきて、あっという間に搬出。 作業前に電源を入れて全鍵盤の音が鳴るかどうかをチェックする辺りが専門業者っぽい。
 木製のアップライトだったけど、それでも背が低いので、通常のアップライトに比べて作業は楽だったと見えます。(だからといって安くはならない)
 
 その後、先方から受領の連絡が入り、ちゃんと指定の場所に据え付けてくれた、ということでしたから、とにかく一件落着。
 
 さて、今回は運送代1.8万円を納得してくれた引き取り手が現れたから良かったものの、そうでなかったらどうなっていたのか。 幸い、最初に購入した店はまだ健在なので、事情を話せば何とかなったかもしれないけど、運送代に加えて処理代とか加算されそうな気もします。 さらに、遠くに引っ越したとか、買った店が廃業してしまっていたらどうなるんでしょうね。
 そうして不法投棄や足下を見た不当に高額な金額をふっかける業者を生みかねない電子ピアノ/電子オルガン事情でした。

|

« 戦線縮小 | トップページ | コピー機やPC周辺機器の無償廃棄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>>アメリカにはいろんな音楽をやってる人がいるんだろうなぁ、と
>>国の広さみたいなものを感じたアルバムでした。

 言われてみれば、アメリカに限らず、確かにこの頃からいろんな音楽やら楽器が一気に自分の目の前に広がって、興奮したのを思い出しました。
 と、同時に、日本の今で言うj-popの殆どが海外の曲のパクリだったとわかって、急速に邦楽への興味を失った頃でもありました。

投稿: あやおば | 2015年4月28日 (火) 04時25分

トーキングブック、新しさを感じましたね。

9曲目だったか、雑誌に、
曲中でスティービー・ワンダーがジェフ・ベックに声をかけるところがある、
って書いてあるのを見て聞き直したりしました。

ロックって言われてましたけど、キャロル・キングの
「つづれおり」(「つづらおり」って打ってしまいそうです)も、
どんなジャンルなんだろう、って思いました。

どっちかと言えばシンプルで地元のスタジオで録音しました、みたいな音だった(今度実家に行ったらデータ確かめよう)と思いますけど、
アメリカにはいろんな音楽をやってる人がいるんだろうなぁ、と
国の広さみたいなものを感じたアルバムでした。

投稿: Am7 | 2015年4月23日 (木) 22時07分

 先日もFMで誰かが言ってましたが、Talking Bookって凄いアルバムでしたね。

 何より一曲目のSunshineのイントロでノックアウトでした。 あのステレオトレモロでRodesを知り、迷信でクラビネットという楽器を知りました。
 と言っても、今みたいにすぐ検索できる時代じゃなかったから、FMやら雑誌を頼りに、詳細がわかるまでにかなり時間が経ちましたけどね。

 確かにジャンルがソウルだと言わればそうなんでしょうが、今改めて考えると、あの辺りから新しい楽器や録音技術がバッと花咲いて、新しい音楽の時代が始まったように思えます。

投稿: あやおば | 2015年4月21日 (火) 07時24分

引っ越しお疲れ様です。
クラビノーバ残念でしたけど、
いい人に引き取ってもらえて良かったですね。

鍵盤で思い出しましたが
先日、実家を整理していたらスティービー・ワンダーの
Talking Book(LP)が出てきました。

これ最初に聞いたとき、
どんなジャンルの音楽なんだろう?って思ったんですが、
モータウンだったので意外に思った記憶が有ります。
あんまり知らなかったってことなんですけど・・。

投稿: Am7 | 2015年4月20日 (月) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦線縮小 | トップページ | コピー機やPC周辺機器の無償廃棄 »