« NTTフレッツプレミアムのCTU設定URL | トップページ | トランクルームを探していたら »

自民公明と共産が呉越同舟

 大阪府吹田市の市長選で自民公明公認、そしてなんと共産党が(陰で)推薦した候補が当選しました。 こんなん、ありか〜?
 
 子供二人を預けていた共産色の強い保育園から、電話で今回の支持関係を聴かされた時は、冗談抜きで唖然としました。 だって、府議選では支持団体が確か「戦争できる国に向かう安倍政権に反対〜」とシュプレヒコールしてましたから。
 
 電話をかけてきた党員自体も戸惑いを隠せない様子ながら、要するにそうしてでも維新の会系の現職の再選を阻止したいとのこと。 加えて前市長もリベンジをかけて立候補しましたから、共産党単独で候補を擁立すると、現職への批判票が分散する可能性があるのは確かでした。
 
 実際その呉越同舟候補と前職だった次点候補との差は千票を切る互角の戦い。 三位に甘んじたとはいえ、落としたかった現職との差も六千票程度でしたから、ここに理想主義で共産党が単独候補を立てていたら、単純計算で前職が、前職が現職への批判票を集めていたならこちらも共産単独に流れる可能性があるので、維新の会への根強い支持層がある現職が再選されていた可能性も確かにありました。
 これを見ると、現職再選阻止目的で、あえて呉越同舟を選んだ自民公明と共産のタッグは狙い通りになりました。

 もともと吹田市は会派として共産党がトップでしたから、その点では与党的存在でもあり、実は我々市民が考えるよりも自民公明と色が近い部分があるのかもしれません。
 とはいえ、皮膚感覚的に自民公明と共産との協力ってのはどうにも馴染みにくく、大阪市議会、大阪府議会の子供染みた維新の会いじめ運営もあわせ、よほど維新の会が憎いんですねぇ、現勢力は。

|

« NTTフレッツプレミアムのCTU設定URL | トップページ | トランクルームを探していたら »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NTTフレッツプレミアムのCTU設定URL | トップページ | トランクルームを探していたら »