« Adobeさんでもこの程度かい | トップページ | 結局また五年乗ってしまった »

やっとLINEのスタンプ審査が通った

Stamp12
 大凡170日かかって、やっとLINEのスタンプの審査が通り販売開始されました。 いえ〜い、パフパフ〜と言いたいところですが、正直待ち疲れました。
 
 スタンプ作ってるよ〜ん、と能天気にここでお知らせしたのが昨年の9月15日。 この時点では、なんだかんだあっても二ヶ月くらいで販売できるんじゃない?と安易な想像をしていたのが文面からも伺えます。
 
 ところがどっこい、そんなめでたい話じゃないぞ、果たしてパスする日が来るのか?と血の気が引いてきたのが年も開けた一月
 二月から審査速度がアップします、と言われ、そうか、二月になれば通るのか、と勝手に期待したのも誤解であって、結局数日前、ざっと五ヶ月半かかってパスしました。 管理画面に現れた緑のアイコンをしばらく呆然と見つめていた程です。(それまでは赤と黄)
Stamp11
 
 この間、イライラしながらネットを探したら、6月申請で9ヶ月も放置されている人がいますから、これでも感謝すべきなんでしょうね。
 一方で十数日で通過した例もあって、どうやら日本以外の販売地域を希望すると審査が遅くなるという噂は事実なようです。 私の場合も全エリアを選択した結果でした。 でも後悔もできないわけがあります。
 できるだけ多くの市場で売りたい、というスケベ心があるのは否定しないけど、他にも一応まともな理由があって、キャプチャー画像を見てもらうと分かる通り、原則として必ず漢字一字を組み合わせてます。
 
 実はこれら漢字を英語で説明したページもだいぶ前から準備してあって、いわゆる日本の漢字に興味がある外国の人に少しでも発音と意味が通じればな、というささやかな国際交流の意図も秘めているのですよ、うん。
 「台所」とか「変態」とか大きく書かれたTシャツを嬉しそうに着ている外国人たちを見る度に、まぁ、形だとかが好きなんだから細かいこと気にするべきじゃないとは思いつつ、です。(同じく、日本人は日本人で前背面一杯に書かれた英語やフランス語を全く気にせずに身に纏っているから他人のこと言えた義理じゃないんですけどね)
 
 そして絵柄はドット絵。 といっても古いゲームのそれとはまた違って、単にパソコンの画面解像度が低かった時代の名残をそのまま持ってきただけで、ところがイラストの世界ではいまちょっとドット絵が流行っているそうなので、流れに乗れればいいな、とは素直に願っています。
 
 スタンプ長者は既に昔のこととは覚悟している中、売り上げの程はというと。販売開始して約30時間、自分のラインに登録してある十人程のともだちにプレゼントし、彼らが広めてくれた結果だけで10+のダウンロードがありました(自分の買った分とプレゼント分は除く)。 現実はこんなもんでしょう。
 ということで皆さんもよろしければどうぞ...

Stamp13

|

« Adobeさんでもこの程度かい | トップページ | 結局また五年乗ってしまった »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Adobeさんでもこの程度かい | トップページ | 結局また五年乗ってしまった »