« ちょいと外れたところが面白い...のだろう。多分。 | トップページ | W202、久々の修理(ATF漏れとアイドリング不調)その1 »

そういえばレンジを買い替えたんだった

Newoven
 いつかここに書こうと思いつつ、気がつくと一年間放置していたネタがこれです。
 昨年2月ですから、本当に一年前、時々音はすれども全く食品が暖まらなくなる症状が出ていた電子レンジが、ついに音すらしなくなったというお話です。
 
 この電子レンジ、我が家にやってきたのが1986年。 つまり三十年近く無病息災で働き続けてきたことになります。 こういう丈夫さでは松下は信頼に値すると正直認めざるを得ません。(リモコンのUI設計は最低だけど)
 
 今や電子レンジは料理に欠かせませんから、慌ててネットで探し、今はやりのスチームがついていて(というか、26Lクラスの大きさになるとほとんど全てがスチーム付)、名前もスチームオーブンレンジとなっているのを購入。 これは実は型遅れのいわば在庫処分で、同等の後継モデルになるとネットでも1.5万円くらい、リアル店舗で2万円くらい高くなっていました。 メーカーは先のモデルの丈夫さに敬意を表して再びパナソニック。
 なぜか昔から家電製品を買うのに在庫処分に出くわすのが多いなぁ、と思いつつ、納品を待ちました。
 
 何より、既に学校にある小型のレンジで知っていたとはいえ、今どきのはクルクル回らないんですね。 「シャープ、シャープ、ハイクッカー〜♪」というCMソングとともにそれまで庫内で静止していた食品をターンテーブルで回し、水分子をむらなく振動させる、っていう「新技術」を知っている世代としては、先祖還りが不思議です。
 で、早速おかずを暖めてみると、沸騰の泡はちゃんと皿の周りを綺麗に回るっています。 つまりは電子銃が複数庫内にあって、それを円周方向に連続的に出力変化させることで、依然と同等にむらなく暖めているようです。 まぁ、可動部分が無いだけ構造は簡単になりますし、電子銃も安くなったんでしょう。
 
 この原理、どこかで見たな、と考えてみたら、電気オルガンのスピーカーとして有名なレスリーの回転システムを、ローランドが複数のスピーカーを円周上に配置し、それを電子的に音量変化させることで同じ結果を得ようとしていたイノベーションでした。 って、誰も分からんだろうな、こんな話。

 スチームの使い勝手で特に感心したのが、豚まんや乾燥し始めたご飯がふつうにもっちり暖められること。 スチーム解凍は、目指すところは分かるんだけど、シーフードなど今ひとつの仕上りです。
 最近のこういう調理家電にはマニュアルと共にクッキングブックがついていることが多く、その中でも、全てレンジで済ます鶏肉と野菜の煮物(火を使わないので、セットしたら風呂に入ってほったらかししてても大丈夫)、きのこのバター醤油味サラダがお気に入りです。

|

« ちょいと外れたところが面白い...のだろう。多分。 | トップページ | W202、久々の修理(ATF漏れとアイドリング不調)その1 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょいと外れたところが面白い...のだろう。多分。 | トップページ | W202、久々の修理(ATF漏れとアイドリング不調)その1 »