« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

想えばアニソンに力づけられたのだった

 私にとっての今年の最大の出来事は春に母親が死んだことです。
 とは言っても末期がんを宣告されていましたから、淡々と、言うならば非常に計算された臨終でもありました。
 
 幸いなことに直系の親戚筋は近所に住んでいるので、適当に入れ替わり様子を見に行ったり、いわゆる終活である、本人が生きている時からの葬儀の手配や宗教ごとの申し送りなどを済ませました。 また、人生の殆どを働いていた人だったので、葬儀の費用も全て自分の口座から出すように、とも言われ、病院や葬式の費用で後々もめることもありませんでした。

 とはいえ、年が明けていよいよ脚が立たなくなってからは一ヶ月程入院生活となり、それからは面接時間には誰かがいるように、より細かいシフトを組んで病院通いとなりました。 病院通いは決して楽しいイベントではなく、勢い向かう車の中では明るめの曲をかけるようになります。
 そこで意外な効用(?)を発見したのがアニソン。

 YESのRoundaboutをエンディングに据える哲学的な例や、抽象的な絶叫演歌系も多くある中、やっぱり元気系がアニソンの最も王道ではないかと私が勝手に思っておりまして、たまたまその前にはまった蒼き鋼のアルペジオのアルバムはなかなか能天気に元気をくれました。
 しかし、同時にこういう元気系はリズムがいわゆる四つ打ちで、同年代の音楽好きの友人に勧めるにはちょっと難しい感もあります。 いえ、別に他人にお勧めする必要も無いのですが、折角の話のネタですから、一曲くらいは、と思っていると、ありました。

Mmm 大晦日、珍しくiPhoneでお気に入りをシャッフルしながら、溜まった自分と息子と娘のシャツ総数二十枚くらいをスチーマーがけをしているときに流れてきたのが、デートTIME
 サムライフラメンコのエンディングに使われていて、アーティストはミネラル★ミラクル★ミューズとはなっているものの、いわゆるCV、劇中声優のコラボユニットです。
 曲はラテン風、リズムもアレンジも非常に凝っていて、飽きがきません。 間奏前のCメロというんでしょうか、一度しか出てこないリズム裏打ちのメロディラインが最も魅力的です。

 シャッフルでこの曲が流れてきて、あぁ、この曲に一番元気をもらったなぁ、としみじみ思い出した大晦日のスチーム作業でした。


 皆さん今年もお世話になりました。 最近は分家のフライトシミュレーターのブログの方がここの倍くらいのアクセスを稼ぐようになり、作者としては少々複雑なのですが、来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

i-modeのメルアドがついにハクられた

 数日前、えらくガラケーのi-modeメール着信音がうるさいな、と思ったら、訳の分からない、いわゆるスパムメールが複数送信されていました。
 このメルアド、i-mode契約をした時からですから、ざっと15年程使い続けてきたにもかかわらず、この手の被害には一切似合わなかった優れものだったことに今改めて気づきました。 i-modeブーム時代、多くの知り合いがスパムメールに悩まされ、特に学生などはコロコロとアドレスを変えていたなぁ、と今更思い出します。

 ま、恐らく誰かのPCがウイルス感染でもしてメーラーのリストが抜かれたんだろう、と諦めてガラケーのメーラーで迷惑メール設定をすることにしました。 ところが、6年間愛用しているノキアのNM705iのメーラー、アドレスによるフィルタリングに対応していない!!!! うっそ〜。
 しばらく難渋していたら、docomoのサーバー側で受信前にタイトルと送信元だけを表示させて、全文をダウンロードするかどうかを選択するサービスをやっと発見し、とりあえず今のところそれで凌いでいます。
 
 iモード.netなら何とかなったかもしれないけど、とっくの昔に解約し、しかもどのみち来年2月末に廃止されますので、う〜ん、そろそろこの愛機NM705iの処遇を考える時が来ているのかもしれません。
 既にi-mode以外のメールはPCアドレスも含めて全てiPhoneで確認し、短文なら返事もiPhoneで完結していますので、いつかは何とかしなくちゃいけないんですけどね。
 
 とりあえずはこういう方法があるんだな、という情報の端切れは掴んでいるんですが、どうにもややこしい。 ということで、来年早々ともウワサされているApple Watchの登場をきっかけに腰を上げるか、と決意を固めつつある次第...

 しかし、よくも15年間汚染されずに済んだもんだ>my i-mode メルアド

| | コメント (0)

ハイレゾオーディオが遠い

 こないだも新聞で小特集をやってたハイレゾオーディオ。 この手の分野は守備範囲なのにもかかわらず、全く触手が動きません。
 原因は、耳の性能が悪くなったこと。 簡単に言えば、耳が遠くなったからです。 さらに正確に言うなら、加齢による耳鳴りのせいで高音成分がマスクされ、結果、耳の判別能力が低くなってしまったのです。
 てなことは五年前に既にここで報告しております。
 
 あれから医学が進んだのか、耳にステロイドを注入したり、経口薬とかの治療(多分治りはしないだろうから、症状低減策?)もあるようですが、まぁ、今のところ時々「こいつ耳遠いのか?」という反応がなんとなく透けて見える程度なので、まだそこまでは追い込まれてはいません。
 あ、でもさっき電気屋のレジで二千○○円の「に」が聞き取れずに千○○円出してたなぁ...
 
 てなことでハイレゾオーディオは完全に宝の持ち腐れですから、故に触手を伸ばさない、というわけです。
 余計なことを言うなら、恐らく私と同年齢か下手するとそれ以上の方が、たまにハイレゾオーディオを語っているのを見かけますが、あれ、本当に聞こえてるんでしょうかね。 制限速度以上もう出せない資産家の老人がレクサスLS買うような、いわゆるスペック至上主義ってな感じでしょうか。
 
 それはともかく、音源圧縮で多量に失われるのは反響音ですから、ライブ音源に人気が集まっているというのは非常に納得できます。 大昔、レコードプレーヤーにちょっと高価なカートリッジを取り付けた時、そして次はCDになったときに、同様の感動を感じたのを記憶していますから、それよりさらに広がりのある世界を感じることができるようになったことは素晴らしいことだと思います。

| | コメント (0)

ちょいとチャペルに行ってきた

 先日、学生の卒業制作絡みで神戸のチャペルのある結婚式場に行ってきました。
 自分の周りで結婚する人はさすがにもう無く、子供たちはまだ早く、卒業生たちの結婚も今年は一段落ということで、チャペルを訪れるのは久しぶり。
 学生に対しては無料ではないものの、色々とご配慮を頂き助かりました。
 とうことで淡々と写真を。
 最後の一枚は未だに現役のW202。 荷物が多かったので久々に三宮まで出動させました。
 カメラはiPhoneで、う〜ん、確かに色は綺麗だけど、やっぱりこれだけの広角は好きになれません。
Geihinkan01
Geihinkan02
Geihinkan03

| | コメント (0)

UIとしてフラットデザインを考えると

 もう少しこのネタを引きずります。
 ファッションや車などのデザインは時とともに変遷し、多くの場合、その好き嫌いは選択可能となっています。 一方でパソコンに限らず、銀行ATMや駅の路線図も含めた、いわゆるユニバーサルデザインが求められるUI(ユーザーインターフフェース)は単なる流行りで推移されると困る分野でもあります。

System1_2 もともとリッチデザインはメタファー(比喩)を求め続けた結果で、一目見てそれが普段日常で使っているリアルなものと関連づけて理解できることを目指してきました。 白と黒の二値しか画面表現できなかった頃、Macの古い古いシステムでは各パーツが何なのか、どうすれば良いのかがすぐにわかるように、ドットを駆使して少しでもリアルな表現に近づくように工夫されていました。
 そのうち画面表示がグレーを経てカラーに、色数も256色を経てフルカラーに、そして高細密液晶にと進歩するうちに、確かに過分にリアルになりすぎた嫌いはありました。 しかし一つの完成点に達していたのは事実で、ここからUIという使命を果たしつつ変化させるというのは実は相当難しい課題です。
 
 まぁ、アプリケーションアイコンはかつてほど見た目イコール機能を表すものではなくなっていますから、一見して理解不能でも常用のものであれば「これがメールだ」「これがwebブラウザだ」と覚えれば済む話で、その数も大したものではないでしょう。 しかし、たまにしか触らないオプションや機能設定においてはそれでは困りますし、ましてや初めて見るアプリ、webページや銀行ATM、券売機、製造や管理システムでは、UIの表現力不足が最悪の場合、事故をも招く可能性があります。

 実際、一部のフラットデザインを採用したwebページでは、そこが単なる表示なのか、クリックなど操作可能なのかが直感的に判断しづらい、という問題が起きています。
 私はフラットデザインそのものに反対するつもりはありません。 ただ、業界は流行りに敏感ですし、制作側も無視できません。 しかしもし安易に流れると、一応我々デジタルリテラシーに慣れているものでさえ戸惑う、いわんや今でも銀行ATMで途方に暮れているようなレベルの人には絶望的な世界になってしまうことを危惧しています。

 googleがマテリアルデザインという新たな模索を始めたのも、そんな流れかもしれません。 でもこれはAndroid上の話であって、webサービス、特に私が良く利用しているmapのUIは非常にわかりにくく、一つの機能を求めて何度も同じところをさまよう最悪な体験を強いられています。
 
 なんでこんなことを長々と書いているのかという理由は、とどのつまりアップルがなんでUIで批判されるようなことをするようになったのか、に尽きます。 既に伝説となった「Macintosh Human Interface Guidelines」が何十年も前に出版され、現在のUIの基礎を敷いた会社なんですよね。 たまにこれを読んでいない、あるいは無視したプログラマーが作ったUIは本当に珍しいし、当然世界では生き残れないほどの共通語になってる程です。(まぁ、実はそんな希有なプログラムを所有しているんだけど)

 かつてのように、金は無いけどそれでも欲しい!と思わせるような商品を生み出せてないような気がするアップル。 こういうところのゆらぎも含めて余計にそう感じさせるのかもしれません。


写真引用:世界のOSたち - GUIを世界に広めた「Mac OS」より


| | コメント (0)

MacOSのフラットデザインは変

 マスメディアを中心に、一般的には今回Yosemiteで採用されたフラットデザインインターフェースが素晴らしい、という中、いや?おかしいだろ、これ、と異論も残しておきます。 ただ主観で美しい/美しくないという論議も悪くないとは思いつつ、もう少し視点を広げて文句を考えてみると...

 そもそもフラットデザインについて、なるほどなぁと勉強になったのがこちらの文章。 これも含めた資料を読んでゆくと、私はiPhoneなどのiOS系にではなく、Yosemite(MacOS 10.10)についてに疑問を感じていると自分なりに整理ができました。

 まず、現バージョンではフラットとこれまでの立体的なリッチデザインとが混在しているので、統一感に欠けることが気になります。 既にここで批判したフォルダー、Finder、Safariのアイコンには新デザインにもかかわらず、微妙に上からの光が当たる立体感を残しています。
Flat02

 Safariを例にとると磁針の影や盤面のグラデーションが残ります。 さらに周囲の度数表示は無駄というか、ノイズに近い存在にも感じます。 磁針の影はなぜかiOS版では省かれているというちぐはぐぶり。
Flat01

 先ほどのリンク先の文章では、フラットデザインはレスポンシブデザイン時代の要請にも応える、つまり画面上の表示サイズや、アイコンデータそのもののデータ容量削減という意味も持ち合わせています。 確かに最近のwebページは、主に検索対策のためにワンページにてんこ盛りにする傾向があります。 ブロードバンド時代になって久しいとはいえ、ここに来てまた読み込みに時間がかかるページに出くわすことも多くなったので、こういうサイズ節約のノウハウも無駄とは言えません。
 加えて、現在デバイスや個人設定によって様々な大きさで標示されるアイコンは、大小多数の解像度で用意されていて、例えば旧リッチデザインのSafariのアイコンリソースは1.7MBもあります。
 当然これはビットマップですが、これをIllustratorで作り変え、今ひとつ浸透していないとはいえweb上でベクトル画像を扱えるsvgで保存すると、以下に示した作例でたったの7KB(700KBではありませんぜ)で済みます。 GoogleMap風の例だと3KB。 さすがベクターというか、今どき目を疑う程の超小容量です。(同じ図柄のアイコンは一つの同じリソースで、WIDTHとHEIGHTの数値のみで表示を変更しています)

 これを鑑みて、アップルが将来のweb環境を憂うというお題目でフラット化したのならさすが、とも言えたのですが、そういう動きはありません。 そう、MacOSは(ついでにiOSでも)システムレベルでもwebブラウザレベルでもsvgをサポートしているにも関わらず、なぜ今回のフラットデザイン化でそれを取り入れなかったのかが次の疑問となります。
 ただし、一応一般的に現在のウェブページオーサリンングのデファクトスタンダードと呼んで良いAdobe DreamWeaverでもCS6までで確認した限りではsvgをイメージファイルとして認識しません。 なんか変なの、と思いつつ、故にアップルがそれをリードする動きをしてもよかったし、それこそが非常にアップルらしいリーダーシップになったはずです。

 一説では極度のリッチデザインアイコンが好きだったS.ジョブズが死んだ途端のフラット化だったようですが、その路線変更そのものはともかく、この出来では彼は認めなかったでしょう。 ここまでソフトウエアの話でしたが、ハードウエアでもApple Watch以外に心躍るブランニューのモデルも無く、偶像崇拝をするつもりはさらさらないものの、やはり彼の影響はプラスマイナス大きかったようです。





| | コメント (0)

Yosemiteの美しくないアイコンを変更

 Yosemite(MacOS10.10)にしたiMac、やはりどうにもできの悪いフラットデザインに我慢がなりません。
 フラットデザイン云々に関しては話が長くなるので、それ以前にいらいらするファインダーやフォルダーアイコンを10.8時代に戻すことにしました。
Flat02
 
 最初、変更したいアイコンリソースを10.8のシステムからコピーして、Yoseiteに入れ替えて、と考えていましたが、念のためネットで調べると、すでによりスマートな方法を紹介されていました。
 この方、このぶっさいくなアイコンデザインを「眩しいフォルダーアイコン」と称されておられまして、なるほど、なんて素晴らしい表現、と感心。
 
 ここで紹介されているLiteIcon.appというアプリをダウンロードして、変更したいアイコンをドラッグ&ドロップするだけです、と言われながらも、少々混乱したので、一応ベタなキャプチャーを残しておきます。
Flat04
 
 何より重要なポイントは、変更したいアイコンを自分で準備しなくてはならないこと。 LiteIcon.app自身がアイコンリソースを持っているわけではありません。
 ということで、先のリンク先にあるように、10.8なり10.9の
 /System/Library/CoreServices/CoreTypes.bundle/Contents/Resources/
 を持っていることが条件となります。
 つまりは一台しかMacが無くて、それを既にYosemiteにしてしまった人は手遅れとなりますのでご注意ください。 まぁ、それにしてもこのアイコンの数ときたら...
Flat03
 
 この旧アイコンがあれば、それを図のようにLiteIcon.appを立ち上げると出てくるウインドウのアイコンにドラッグ&ドロップし、全て終ったら右下の”Apply Cahnges”をクリックし、指示通りログアウトすれば作業終了です。
 
 もう一つシステム系以外で許せないアイコンとしてSafariがありまして、これは
 アプリケーション/Safari.app/contents/Resources/compass.icns
 をコピーしてLiteIcon.appにて変更します。
 これについての理由は、いかに今回のYosemiteのUIデザイン変更が中途半端であるかの証左みたいなもので、新しい方の盤面と磁針の陰影、とどめはムカデの足のような全周にわたる度数目盛り。 iOSとの整合性がとかメディアにはありますが、iOSのアイコンデザインとは微妙に違う上に、Mac上では様々な大きさで表示されることを考慮していないと言われてもしかたの無いやっつけデザインだと私は捉えています。
 
 てなことで、話はそもそものフラットデザインにも及ぶんだけど、とりあえずは今日はこのくらいで...
Flat01

| | コメント (1)

生駒山と名古屋に雨のミステリーサークル?

 朝からよく降るなぁ、とiPhoneでWeathernewsの雨雲レーダー画像を見たら...
 
 大阪府と奈良県の県境辺りで丸くて太い雨の輪があり、最初はサーバー側の画像処理エラーかと思っていたら、次の十分、次の十分と画面を更新しても解消するどころか、徐々に小さく、しかし雨が激しくなっています。
 周りの雨の移動を見ると結構流れが速いのに、ここだけまるで止まっているかのようでした。
 そしてよく見ると、似たような輪は名古屋市周辺でも見られます。 こちらのほうは生駒のように小さく濃厚にはならず、でもずっとその機会を狙っているかのように結構しつこく輪を保とうとしています。
 
 解せぬ...


| | コメント (0)

Yosemiteで欧文記号入力が変わった

Yosem_im1 たまたま授業でフランス語のアクサン(英語のアクセント記号)や、トレマ(oやeの上のテンテン)、セディーユ(cの下のヒゲみたいなの)を入力させていたら、一部の学生でセディーユは入力できるけど、トレマやセディーユの入力ができないと言うことが分かりました。(これらの各記号の名称についてはこちらを参考にさせて頂きました)
 
 しばらく個別対応していると、Yosemite(OS10.10)にアップグレードした生徒だけに発生していることが判明。 もともとこの欧文記号(綴り字記号)を入力する際にはIMの入力モードを英字モードにするんだけど、YosemiteではUSモード(星条旗アイコン)にしなければならないことが判明。
  
 USモードはデフォルトでは表示されないので、キーボード環境設定(言語とテキスト環境設定から変更?)で登録します。 ところがここの仕様も変わってて、左ウインドウ下の「+」ボタンを押すことで登録できることを探し出し、さらに「メニューバーにキーボードビューアと文字ビューアを表示」をONにして対応終了。
 
 恐らくIMがことえりからiOS用に変更になったことが原因でしょうが、面倒なことを...

Yosem_im2

| | コメント (0)

選挙はいつも憂鬱

 いよいよ始まりますね、二週間の選挙運動。
 衆議院がどうとか、アベノミクスがどうとか以前に、単にうるさいのです。 選挙カーが。

 特にうちの地域で二年前に議席を取り戻した自民党女性議員。
 この候補、落選時代の維新ブームのときに、なんちゃんて維新(いわゆる今の維新の党とは全く関係ない)を掲げて当選した地方選挙候補の横で、嫁の前に出て万歳したり、掲示ポスターの写真が十年以上同じだったりと、アンチ自民の私からすると何かと気に触る存在。

 もともと女性の声は通りが良いのに、支持者が手でも振ろうものなら、待ってましたとばかりに声の高さと大きさに1.5倍くらいブーストをかけて大型スピーカーを通してキャンキャンわめくわめく。

 法律で保証されている権利だけにどうしようもないし、駅前に住んでいる宿命と諦めてはいるけど、二週間は長いよなぁ...
 私みたいに夜型の人にとっては地獄の二週間。
 寝不足でタクシーなど交通機関の運転手が事故起こしても、文句の持って行き場が無い二週間。

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »