« 女性が一人でNYを歩いたら | トップページ | 大陸の失礼 »

YosemiteとGarageBandの妙

 毎年、授業の合間にGarageBandを二時間程触るカリキュラムを入れています。 グラフィック分野とはいえ、ちょっとしたBGMが欲しいときに、このアプリは非常に有り難い存在です。 で、まず例外なく生徒たちもハマる楽しい時間となります。 大げさなこと言うと、音楽ってやはり人間の奥深いところに繋がっている気がします。

 ところが、クラスの中でOSをMavericks(10.9)からYosemite(OS 10.10)にした一名から「GarageBandがありません」との異議が。 AppStoreから再ダウンロードしてみ、と指示すると、「有料で買え、という表示が出ます」とのこと。 しかし、たまたま他にMavericks上でGarageBandが消失している学生がいて、こちらは無料で再ダウンロードできました。 あれれ?

 そして昨日、さらに別学年の学生もYosemiteにしたらGarageBandとiMovieが消えて、再購入を促されたという事例が発生。 どうやら、確実な事例のようです。
 それぞれ非常に高価というわけではないものの、アップグレード時にそういうメッセージは出なかったと記憶しています。 なんか釈然としませんね。


 なお、混乱無きように末尾に書き加えますが、この問題は先日Yosemite化した私の仕事用iMac 27のGarageBandでは起きませんでした。 考えるに、このiMacは10.8から9を飛ばしてのYosemite化で、インストーラーが削除対象としていたGarageBandとバージョンが違うので生き残ったのかもしれません。 ただし、長きに渡って愛用してきたiMovie HD(ver.6)はバツマークがついて起動不可となってしまいました。

 てなことで、Yosemite化する際には、旧iLifeと呼ばれていたアプリケーションの生存率にご注意を、って今さら言っても遅いかな...

|

« 女性が一人でNYを歩いたら | トップページ | 大陸の失礼 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 忙しい中、ありがとうございます。
 学校でYosemite下で動いているのを確認したら、やっぱり6.0.5でした。
 一方で消えてしまったGarageBandのバージョンは...、消えてしまっているのでわかりません。 我ながら間抜けな検証で情けない。

投稿: あやおば | 2014年11月17日 (月) 00時47分

ちょっと仕事が立て込んでいて返事が遅れて申し訳ないです。

GarageBandのバージョンは同じく6.0.5です。

投稿: いんて | 2014年11月12日 (水) 17時16分

 おんや、なんだかコトはより複雑みたいですね。
 ちなみに10.10上で引き続き動いているGarageBandのバージョンは何ですか? うちは6.0.5です。

投稿: あやおば | 2014年11月 9日 (日) 15時25分

何が原因で消えるのかよく判りませんね・・・

うちのiMacは順当にOSバージョンアップをしていますが、GarageBandは消えてませんし、ちゃんと普通に立ち上がります。
ちなみに、iMovieはバージョン10.0.6でちゃんと動いてますよ。

使い勝手が変わるので前のバージョン(iMovie 9.0.9)をDLする人は今でも多いようです。
で、9.0.9がYosemiteで動くのかって言うと動くって人もいるし、動かないって人も居るのでよく判りません・・・(;´Д`)

投稿: いんて | 2014年11月 8日 (土) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性が一人でNYを歩いたら | トップページ | 大陸の失礼 »