« YosemiteとGarageBandの妙 | トップページ | コードギアス 反逆のルルーシュの魅力再び »

大陸の失礼

 まさしく礼を失する、失礼についてのお話。
 昨日、二年何ヶ月ぶりに日本と中国の最高指導者が面会をしました。 背景は深すぎて省略するとして、嫌な気分になったのが習近平の無表情。

 メディアによると、対国内向けの演技ということですが、単純に人として失礼だな、と。 まぁ、人じゃなくてテラフォーマーだから、と思えば納得も行きますが、似たような不快感は、一年程前に同じく安倍が朴槿恵と会ったときにも覚えました。 確か安倍が韓国語で挨拶したのに、パクはむしろムッとした表情で無視。

 安倍は彼らが抱えている国内事情を側近から説明されて納得しているでしょうけど、いい気分な訳がない。 いや、たとえ誰であっても、思い切り(無理しながらも)笑みを浮かべて友好の意志を示しているのに、相手が不機嫌だったら、こちらも気分が悪くなるのは同じ。
 上も下もなく、先も後もない。 それが挨拶の本来の姿だと数千年前に我々に教えてくれたのは彼らの祖先だったような記憶があるんですが、間違いかな? 今回の会談も「日本の求めに応じて」という公式発表になってましたから、彼らにとっての『上』は『下』の人間が発した挨拶には返事もしないんですかね。 さすが大陸や半島の指導者になるような偉大な方は幼い頃からの躾からして違うようです。

 というか、彼ら国内の反日・嫌日感情だって、戦後彼らがこれでもかこれでもかと続けてきた教育の賜物でしょう。 彼らが貧しかった頃に、国内政治への不満を反らすために仮想敵国を日本に設定した結果がこれであって、それと現状が矛盾したからといって、人として、しかも国家のトップに立つものとしてあの態度は恥以外何者でもないんですけどね。
 あんな仏頂面で喜ぶような民度の低い国民がいること自体、これまで指導者がいかに大衆への愚民政策を強要してきたかの証でもあります。
 
 『習近平、すっげ〜!』『偉大!』『小日本鬼子安倍!』とか今頃中国の酒場は大盛り上がりなんでしょうか。 単純で良いなぁ... いつまで「みんな日本が悪いんやぁ♪」音頭を踊らせるつもりでしょうかね。

|

« YosemiteとGarageBandの妙 | トップページ | コードギアス 反逆のルルーシュの魅力再び »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ

先生のお怒りもわかりますが
あまりにも表面しか見てないようで
先生らしくないと思いますがどうでしょう

いちおう一国の責任者
人の機を見ずに上には立てなく
礼儀に関しても嗜んでると思います

太子党の習近平氏も、朴槿恵氏も
生まれはよいようですが、Wikipediaなど
読むとそれなりに苦労してるようです

もちろん国によって常識の違いはあるでしょうが
前にこちらにも書いたとおりプロトコルは
ありますし、敢えて外さないといけない
国情もあるのでしょう


今回、APECホストである習近平氏の仏頂面は、
まだ握手しただけ譲歩してるようです

この↓動画42分30秒くらいから取り上げてます
http://dai.ly/x29zfmz

図らずも首脳の顔に、その国の事情が表れるとは
象徴的だなと思いました(朴氏含む)

投稿: t2 | 2014年11月12日 (水) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« YosemiteとGarageBandの妙 | トップページ | コードギアス 反逆のルルーシュの魅力再び »