« 生ジャンクフジヤマ | トップページ | そしてEPSONのプリンターにしたんだが »

Canonのプリンターが壊れた

 先日、いつものように自宅のCanonのプリンター、ip4600の電源を入れたら黄色いランプと緑の電源ランプが交互に点滅。 嫌な予感がして確認したらB200というエラーだそうで、すぐに電源プラグをコンセントから抜いて修理に出してくれ、とのメッセージ。
 ネットで検索すると、運のいい人はプリンタヘッドを取り外してぬるま湯で洗い、完全換装させて切り抜けられたというレポートが複数。 この手の運がいい方の私も、たぶんこれで解決!と気楽にやってみたら...

Ip4600 二日ほど乾燥させても全くだめ。 う〜ん、焦ったか、と再度丁寧に洗い流し、四日ほど日当りの良いベランダで日陰干し。 ...でもだめでした。
 ネットでは修理代は一万円強らしい。 そろそろ中身が排インクで汚れてきて、時々紙にそれがついたりしたし、WiFi対応でもないし、と少し考えて買い替えることにしました。

 このCanonのip4600、癇癪を起こしてぶちこわした前任マシンと違って、月に数回程度普通に使って五年の寿命でした。 さて、これが長いのか短いのか。
 この頃のCanonのプリンターは機能もデザインも気に入ってたので、少しでも長持ちさせようとずっと純正インクを使ってきたのにもかかわらず...、なのか、そうしてきたからこそここまで持ったのか... 今ひとつ釈然としません。
 とはいえ、当然のように同じCanonから後継プリンターを選ぶことにしたのですが...

|

« 生ジャンクフジヤマ | トップページ | そしてEPSONのプリンターにしたんだが »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 そうですね、修理という手段をもっと検討しても良かったかな、と少々後悔しています。
 別途新規発言にあるように、新しいEPSONの印刷品質にがっかりしたもので。 
 ということで本体はまだ捨てていません。

投稿: あやおば | 2014年9月 3日 (水) 11時18分

私もcanonプリンターのユーザーです。
現在使用の【iX5000】は前職場で「サービスマンコール」を発信して沈没した物をサルベージして来た物です。

職場だった所のモノは新たに購入し、買い替えした時に「廃棄」と考えたのですが、前任者が純正インクを各色10個程度買い貯めていたので『もったいないな~』と思い、新たに購入したヘッドに交換して使用しています。

バリバリ順調に稼働していますね。
ヘッドが6,000円程度でしたが、今や新品プリンタが2〜3万で買える時代ですので「治るか治らないか」時点じゃ「新品」を選んでしまいますよね。

「発売が2006年」との機種なので現在8年目ってトコですか。
ソチラの【ip4600】の寿命判断の参考になれば幸いです。

そうそう、蛇足ですが。
先日、用事が有って前職場に行ってきましたが「Windows98」のマシーンが未だ現役で働いてました。

このPCは「外部・社内ネットワーク」からは完全に遮断されているPCで『OSやPCの劣化はネットが原因なのか』と改めて実感いたしました。

プリンターも「ネットワーク」に組み込まれない方が長持ちするのかもしれませんね。

投稿: 蝦夷男爵 | 2014年9月 2日 (火) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生ジャンクフジヤマ | トップページ | そしてEPSONのプリンターにしたんだが »