« 原作蒼き鋼のアルペジオ | トップページ | 空気読めない阪神タイガース »

2014秋のApple新製品

 あの朝ネットを見て、現行4インチモデルが無くなったiPhone6もPlusも要らん、お、Apple Watch面白そう、久しぶりにワクワクしました。 ところが先ほど見たマイナビニュース会員へのアンケートではWatchが欲しい人13%に対し、欲しくないと答えた人は87%と大差で不人気なんだそうで、私のあまのじゃくぶりが数字で裏付けられたようです。

 まず、日本人はいつからアメリカ人並みに手のひらが大きくなったんでしょうか。 古典的なブルースのリフをローポジションで押さえられない私にとって、今所有している5Sの画面サイズになった時でギリギリでしたから、それ以上の大きさは「携帯」とはいえません。
 「これならタブレットが要らなくなるかも」とPlusを絶賛しているライターの方もいらっしゃいますが、いや、それほとタブレットが必要ならタブレット愛用しておけよ、と言いたい。
 というか、なんでみんなそれほどスマホの奴隷になりたいのか、あれほどの大きさを常に手で持ち歩くのは折角の万能のヒトの手を一本無駄にさしだすことだし、それを嫌ったら鞄なり袋が必要となります。 なんかばかばかしい。 ああいうガジェットは人を身軽にするためにあるわけで、そのうちB5やA4ノートを持ち歩くこととあまり変わらなくなるのじゃないでしょうか。 果ては27インチiPhone?。

 そんな中、Watchは単なるiPhoneのリモコンだろう、的な予想を超える多機能プラス拡張の可能性を秘めていることがわかり、これなら重くてかさばる(未だにファーストマシンとして愛用しているノキアの携帯比)iPhoneを(百歩譲って)鞄に入れておいても、少なくとも着信に気づかない恐れは無くなるというものです。
 まぁ、確かに365日同じ時計をするのは嫌だし、仮に三タイプ揃えたところで大した違いもなく、その点は「これさえあれば」という気にならないのは事実です。

 ふと見渡して、あらゆるところでスマホを眺めている、操作している人を見飽きた私にとって、このWatchはもう少し人間を自然な姿に戻してくれると感じたんですけどねぇ... そうか、世間は要らないのか。
 ま、ぶよぶよしたものを潰したり、化け物をよってたかって虐待するゲームとかはできないですけどね。 そんなもん無くても困らないもので。

|

« 原作蒼き鋼のアルペジオ | トップページ | 空気読めない阪神タイガース »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原作蒼き鋼のアルペジオ | トップページ | 空気読めない阪神タイガース »