« 次なるiアプリの参考書 | トップページ | Canonのプリンターが壊れた »

生ジャンクフジヤマ

Firehorns 先日、ファイアーホーンズというユニットのライブを友人夫婦とビルボード大阪で見てきました。
 
 筋金入りの達郎ファンであるこの友人夫婦とジャンクフジヤマの話をしてて、ライブを聴いてみないと何とも言えんなぁ、という、なるほど夫婦してさんざん色々なライブを体験しまくっているだけのことはあります。
 ところがたまたまなのか、彼のライブはなかなか見つからず、やっと見つけたのがこのファイアーホーンズのゲストボーカルでした。 彼が歌った演目は二曲。 一曲はファイアーホーンズと共演した「can't you see」、そしてもう一曲は彼のオリジナルである「To The Sky」「あの空の向こうがわへ」。
 
 初生ジャンクフジヤマの率直な感想は、CD程声にパンチがなかったのが気になりました。 ただし、全体を通してVo系のミキシングのヌケが悪かったのが少々気の毒でした。 一方で友人曰く、PAはファイアーホーンズのオリジナルスタッフじゃないかということで、もしそうならさらに気の毒。 あと、ソロライブでワンステージ通してあのCDのようなシャウトができるのかな?と少し心配になる面もありました。

 そうそう、「To The Sky」「あの空の向こうがわへ」のオープニング、無伴奏で入るところを見事外してくれまして、これにはみんな大受け。 いやいや、達郎もライブでよくやってますから。(でも彼の場合、客が「え?どこがまずかったん?そのままでええのに」というレベルですけど) ま、ご愛嬌、ご愛嬌。 でも本人はいたく気分を害していた...かな? そんなこんなで、やっぱ改めてソロをじっくりと聞いてみたいです。
 
 あっと、メインのファイアーホーンズの感想。
 50代の音楽ファンから見ると、ジャンクフジヤマが現代の山下達郎なら、ファイアーホーンズはビジュアルキャラクターも含めて現代のスペクトラムって印象です。 PAの技術もあるのでしょうが、たった三本なのに音圧は十分です。 ただ、ちょっとファンクを意識しすぎて、もう少し幅を持った展開も聞いてみたいですね。
 ブラスの演奏テクは文句なく、これで昭和の世代向けにアースとか、ブラスメイン時代のシカゴとかチェイスとかやってくれたらなぁ。 感涙もんなんだけど。

 期待してます>若者

|

« 次なるiアプリの参考書 | トップページ | Canonのプリンターが壊れた »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次なるiアプリの参考書 | トップページ | Canonのプリンターが壊れた »