« 2014年も健康 | トップページ | 嗚呼じゃがりこの蓋 »

腹筋はGにご注意

 いつだったか、EXILEの誰かが「三千五百回腹筋すれば誰でも腹筋を割ることができます。」というのを読んで、へ?三千五百回?一日?一週間?一ヶ月?ああ、一年ならできそう、とかその時は軽く捉えつつ、取りあえず腹筋してみたら、あれれ?意外と弱ってる。
 
 週に二回は水泳に行ってるし、ダイエットはコントロールしているし、とちょっと自信はあったのに、どうやら腹筋自体は弱まっていたようです。 これはいかん。 と、ある日から始めたのが一日三十回の腹筋運動。 三千五百回を満たすには四ヶ月要しますけど。
 
 すると三日程で明らかに腹筋周りの沈降・隆起に変化が見え、おお、これはやりがいあるがな、と励みになりました。 根はぐうたらなのに、A型の血が作用するのか、以後せっせと十日程毎晩続けていたら...
 あれ? お尻の穴がちょいとGっぽく痛い。
 
 たまたまそのとき、ずっと座りっぱなしでwebアプリの制作をしていたので、そのせいかと思っていましたが、もともとそのくらいでこんなことになったことはなく、どうにも解せぬ。
 しかし数日様子を見るも改善する様子もなく、ある日はたと気がついて、毎夜の腹筋運動を止めてみました。 するとあっさりGの痛みは消失。
 
 ネットで調べると、腹筋運動の際にはそれなりにお尻の穴に力を入れておかないとこういうことになる、と書いてありましたが、なかなかうまく行かないものです。
 その後腹筋はどうなったかというと、沈降・隆起化は停止。 別途酒量を減らすことでバランスを取ってますが、ああ、ここで再度腹筋を鍛えれば絶対に割れるのになぁ、と先日知り合いと呑んでてこぼしたら「別に割る必要ないじゃないですか」と言われて、急に力が抜けました。
 まぁ、確かにそうだ。

|

« 2014年も健康 | トップページ | 嗚呼じゃがりこの蓋 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014年も健康 | トップページ | 嗚呼じゃがりこの蓋 »