« そして結局COME ALONG | トップページ | ドライブレコーダーを取り付け »

iPhone用にBluetoothヘッドセットを買った

 訳あって(いやぁ、ほんとにワケあって、だ)、この夏は車でiPhoneの電話を使うことになり、あわててBluetoothヘッドセットを探しました。
 amazonでは2〜3千円台から多くの候補が出てきますが、レビューなどを読めば読む程なんだか分からなくなって、リセットもかねて久々にオンラインのアップルストアを覗き、そこで見つけたのがPlantronicsというブランドのMarque A170という製品。 価格は中堅的な6千円程。
A170
 
 実は6年前からノキアの携帯(ドコモのNM705i。実は今でもこれがファースト端末なんだけど)でソニーエリクソンのヘッドセットを使っていたのですが、いろいろあってこれが手元を離れてしまっていました。
 6年の月日が経ち、装着方法もJ字型フックから耳の穴で踏ん張るようなリング形状になり、軽量化も施され、何よりペアリングする相手はiPhoneとなりました。

 NM705iの音声認識機能はひどいもので、音声で電話をかける相手先を選ぶことはまず不可能、結局携帯の画面を見ながら発信ボタンを押すという、今ひとつ安全運転とは言えない方法が不可避でした。 一方でiPhoneのSiriは時代の進化もあって、発音自体はたどたどしいけど、こちらの声を誤認識することも無く、十分使い物になります。
 音声のエコーバックも、若干のタイムラグはあるものの業務連絡であれば全く違和感無く会話できます。 相手に詳しくインタビューはしていませんが、会話は成立しているのでメッセージは伝わっているのでしょう。
 重量が軽いこともあって装着感は軽く、しばらく使っているうちに、車を降りてコンビニに入って接続切れのメッセージで改めて存在を思い出す程です。

 Siriとの連携で言えば、Apple純正のケーブルリモコン付きヘッドホンのマイクよりもよく認識する印象ですが、あれはオープンが前提のMIATAで使っているから公平な比較とは言えないのかな...
 
 改めて説明書を見ると、待機時はiPhoneに入れた音楽を聴き、着信時があれば自動的にミュートされて通話に切り替わるという機能もあるようで、音質はともかく、時間を持て余すときには試してみる価値がありそうです。
 ただし、アメリカ設計とは謳っているものの、製造は中国で、取説も一部日本語が切れているなど、ちょっと不便。 充電切れを警告する機能があるとは分かるんだけど、それが具体的にどうなっているのかの説明が無いなど、この辺りはちょっと安っぽさも感じないでもありません。
 
 ま、こんなものを使いつつ、ハードボイルドな夏になりそうです...

|

« そして結局COME ALONG | トップページ | ドライブレコーダーを取り付け »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そして結局COME ALONG | トップページ | ドライブレコーダーを取り付け »