« 夜中に酔ってアートしてみた | トップページ | iPhone用にBluetoothヘッドセットを買った »

そして結局COME ALONG

Cd_jackets
 アニメ「スペースダンディ」のサウンドトラックに始まって、ジャンクフジヤマに行き着いた今年の夏の私的音楽、結局最終的には山下達郎のCOME ALONGに流れ着きました。
 
 風呂場でジャンクフジヤマを聞いているうちに、さてそういえば達郎の音はどうだったっけ、と気になって、事務所に置きっぱなしだったCD、それもレンタル流れの強者を引きずり出してきました。
 
 いや、やっぱり良いです。 というのは当たり前としても、改めて気づくのがバックの音。 CDには1986年の表示。 つまり約三十年前になります。 にもかかわらず、バックの楽器のそれぞれの音の際立ちがハンパありません。 大げさにいうと、驚くべきレコーディング技術。
 これに対して、「今」であるジャンクフジヤマの方は、というと録音がクラシック的というか、バッキングとして一塊のまるでカラオケのような癖の無さ、言い換えると物足りなさを感じます。
 加えて、演奏自体も、地味というか個性に欠けています。
 まぁ、やっぱり達郎は達郎ということで...
 
 しっかし、この三枚のジャケットを並べるとまるでこの間に三十年の時が流れているとは信じがたいですね。 そろそろ懐古のピークが'70から'80に移ってきたともいえるのかもしれません。

|

« 夜中に酔ってアートしてみた | トップページ | iPhone用にBluetoothヘッドセットを買った »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜中に酔ってアートしてみた | トップページ | iPhone用にBluetoothヘッドセットを買った »