« アセチノスマートで背中を削ぐ | トップページ | うどんを喰いにひとっ飛び »

おっさんも口角ケア

 アセチノスマートには金属製のボールが三つついたフェイス用アタッチメントが別途ついておりまして、説明書によると、顔のたるみを取るために低速側で使うのだそうです。 そう、一時期女性洋雑誌の付録を賑やかせたあのローラーの電気バージョンというわけです。
 ま、五十半ばのおっさんには不要だな、としばらく全く無視しておりました。
 
 一方で、最近中高年男性を見るに気になるのが口が「へ」の字になっている人が多いこと多いこと。 そうです、ほうれい線&口角下がりです。
 「へ」の字は本能的に不機嫌や否定を表し、当然人も近寄りたくなくなります。 というのは男性だろうが中年だろうがよろしくないだろう、ということで、上記Yの字ローラーをやったことはあるんだけど、結構面倒くさい、結構痛い、ってことですぐにやめてしまいました。
 
 が、このアセチノスマートのフェイスアタッチメント。 一度やってみたら、自分でも分かる程、一皮薄くなりました。 もちろん痛くもない。 おお!、これは!
 ということで、最近は翌日授業、という夜に溜まったアニメ消化をしながら顔ウリウリウリ。 低速利用なので、浴室でなくても、またクリームやローション無くても大丈夫です。
 といっても、これも無理は禁物。 ほうれい線、輪郭など、一部分一分程度で収めています。
 
 非常勤講師は人気商売。 こういうのも大事なことなんですよ、はい。
 いえ人気商売でなくても、最近若い奴が俺を避けてるみたいなんだ、なんて思っている方々。 口角下がって怖〜い顔してるのかもしれませんよ、あなた。

|

« アセチノスマートで背中を削ぐ | トップページ | うどんを喰いにひとっ飛び »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アセチノスマートで背中を削ぐ | トップページ | うどんを喰いにひとっ飛び »