« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

夜中に酔ってアートしてみた

 心配事が無いわけじゃないけど、一方で最近、やり残していたことが少しづつ片付いてきているのでちょっと気分が楽です。

 てなわけで、夜中の3時に酔ったついででアートしたのが↓。
 もともとは息子が厳冬期に行ったモスクワで買ってきた娘への土産で、なんてことは無い、マグネットのモザイクパネルみたいなもの。 土台は冷蔵庫。
 上が娘が取説通り並べたもの。 下が今回の犯行。
Magnet01
Magnet02

| | コメント (0)

Tooのセミナーが蒼鋼だった

 某掲示板で知ったTooのセミナーが蒼き鋼のアルペジオネタだったので、他にも講演とかの誘いがあった中、こちらに参加してきました。 そしたら参加者限定のリングファイルノートを頂いて、正直嬉しい...
Too

 プレゼンターは松浦、鈴木両氏。 内容的には今年の二月に出たCGWORLDの流れながら、絵コンテ/アニマティクス/セルルック/最終撮影画像の四つを同時に四画面分割で説明してくれたのには、思わず会場全体完全沈黙でガン見してました。
 3DCGアニメとはいえ、ベースは手書きの絵コンテなんだと改めて感心すると同時に、むしろこういう手順を踏むことにより、サンジゲンが現在のアニメが3DCGに自然に移行できる基礎を切り開いているのが伝わってきます。
 暗い業界話は少しも出ませんでしたが、月600時間働いて自殺したアニメーターの話を思い出すに、こういう手法が確立されて、制作者たちの待遇改善に繋がれば幸いです。(決して制作委員会というまやかしの名前に隠れた代理店やマスコミ側のみが潤うことがないことを)

 3DCGアニメだからといって、モデリングさえ終ればあとはレンダリングのみというわけではない、というのはさすがに知れ渡ってきたものの、例えば二話ラストでタカオが群像を想うシーン、五話で蒔絵がハルナの背中を流すシーンのアニメーターの細かいモデル修正を説明されると、感動に近いものすら感じます。 「ここで美少女が可愛くなければシリーズが終わってしまう!」のこだわりはさすがプロです。 恐らく神回と定評の高い十話のタカオの微笑みドアップシーンもこんなこだわりが詰まってるんだろうな、と一人納得。
 
 意外だったのは、制作マシンが業界最速というほど尖っていなかったことで、これは三コマ打ちセル画アニメゆえにレンダリングにそれほど負荷がかからないからだそうで、確かに会場で説明用にレンダリングしていたのを見てもほぼリアルタイムでした。  また、キャラクターのモデリングは、我々が知っているプロ向けのイメージよりずっとポリゴンが少なく、サーフェイスもおかしな部分があったりと、セル画向け独特のモデリングノウハウがあることは勉強になりました。
 逆に、フルフレームで動かすことが条件だったメカは大変で、特に霧の戦艦大集合だった第一話と最終話は修羅場だった、という裏話も頷けました。 さらに初耳だったのはそれぞれのMMの周囲に浮かぶデータ環はイオナ用のものを一つ作って、あとは色を変えて使い回していたことで、それゆえデータ環五本(MM五体)が狭い空間にひしめいていた11,12話は苦労されたんだとか。

 最後に、業界関係者らしいまとめを書くとするなら、今やアニメもプログラミングの世界なんだということです。 セミナーの主体であるTooが扱っている3ds maxを主体に蒼鋼は作られたわけですが、その制作画面のほんの一端を見ただけでも3Dソフトの高度&難解化が進んでおり、その世界で食べて行くには相当の努力が必要であること。 で、ふとこれで気がついたのがインターネット世界で、webと一言で括ってもプログラミングセンスが無いと今や仕事にならない状況でした。
 まぁ、一生勉強ってことですな、と最後はありきたりの言葉で締めくくり... あざと〜い!

| | コメント (0)

フォームメールの改良(2)

 さて、javascript内のfunctionの方では、基本的に、

    if(document.form.name.value == ""){
      alert("氏名が入力されていません。");
      return false;
    }
    
 みたいなのをelse ifでつないで行くのですが("form","name"は任意)、ラジオボタンのvalueも同じように、
 
    if(document.form.seibetsu.value == "男")
    
 とすると、なぜかエラーとなってしまいました。
 しばらく右往左往するも、どうもラジオボタンのvalueはテキストフィールドのようにはjavascript側に伝わらないようです。 この辺り、はっきりとそう書いてある記事には出会えず、対処法のみがいくつか見つかったのみです。(あまりに初歩の段階故かもしれません)
 ということで、まずは変数を一個作って下記のようにしてみました。

    var vSeibetsu = document.getElementsByName("seibetsu");
    }else if(vSeibetsu[0].checked){
    
 すると、仮にボタンの最初のvalueが"男"であれば、上記エラーになったif文に期待した結果を得ることができました。 ただし、この場合"男"という値が判断されたのではなく、単に最初のボタンが選択されていることが判断されています。

 ここに至るまでの検索の結果、getElementsByNameのElementsが複数形になっていることがポイントらしく、要はこれで得られるvalueは配列になるということです。
 だから最初は、

    if(document.form.vSeibetsu[0].value == "男")

 として一見うまく行ったように見えたんだけど、これと対になる、
 
    if(document.form.vSeibetsu[1].value == "女")
    
 を、機能させようとしても、上の"男"判断も常にtrueになりっぱなしなので結局機能せず、つまりは同じ名前(seibetsu)のボタンである限り、そのvalueは常に配列[0][1]...に同時に代入されることも分かりました。 これでは条件分岐の鍵に使えません。
 ということで、上のcheckedを付けて「どの配列の値が選択されているか」を判断するようにしたわけです。
 このchecked、通常はデフォルトで選択されるボタンを指定するためにchecked="checked"とよく使用するのですが、こうして選択状態を調べるためにも利用できるとは知りませんでした。
 
 まぁ、かのようにお恥ずかしい状態ですが、とにかくこれでフォームメール関係の手直しは終了。 あとは途中、あえて無視した複数の文字コードの混在対策と、新たなデータとの照合部分を書き加えて...
 あああ、6月が終わってしまう...

| | コメント (0)

フォームメールの改良(1)

 唐突にjavascriptネタです。 別に特に新しい技でもなんでもありませんが、自分の備忘のために二回連続で残しておきます。 いや、ほんと、こうでもしておかないと本当に忘れちゃうのだよ...
 
 私の関係しているオリジナルサイトでのフォームメールは、かれこれ十年くらい使い回しているperlで書かれたcgiを使い回しています。 cgiである理由というのは唯一、たまにphpが使えないだとか、指定される仕様がややこしかったりした場合のための保険だった時代があったからです。
 とはいえ、「無事動いているものは下手に触るな」という保守的な理由で、それがずっと生きているという、まぁ、よぼよぼっとしたサイトによくある話です。
 
 さて、htmlからsubmitされたデータはcgiである別ファイルに渡ります。 今どきですので、入力データが抜けていたり、あるいは全角半角指定が間違っていたりするとチェックする行も書いてあります。 ということは、そこでエラーが見つかった場合、訂正のためには一つ前の(フォームが書かれている)htmlファイルに戻ることになります。 となると、多くのwebアプ制作者の頭を悩ませる、一度入力したデータが戻ったフォームから消えている、という悲劇が待ち受けているわけです。
 私の場合はWin7のChromeではっきりしているのですが、他人の環境でチェックすると問題ないのもあったりして、実に悩ましい。 データ書き戻しのコードを書けよ、という声は頭の中に響けども、そこまでしている時間が今回はない、との言い訳で、結局手直しに終ります。

 今回は送信直前の内容確認と送信をcgiに任せ、それ以前のフィールドチェックは別のjavascriptに移すことにしました。 つまり、品の悪い書き方をすると、cgiに渡す直前でjavascriptが寸止めに介入させます。 そうすると、フィールドデータに問題がある限りはhtmlに留まるわけで、どんなブラウザであってもデータが消えることはあり得ません。
 
 このためのキーワードは 「onsubmit="return function名()"」。
 これをFORM文中に入れておくことで、submitボタンがクリックされてaction先に飛ぶ前に function名を宣言したjavascriptにコントロールが移り、フィールドチェックを行う流れです。
 キモは"return"。 これがあるが故にjavascripから"return false"が返ってくると以後action先には飛ばずにその場で留まります。 逆に入力内容に問題が無く、"return true"が返って来れば目出たくaction先に遷移するわけです。

 なんてのがネットからの受け売りな訳ですが、このjavascript、万が一文法エラーがあったらブラウザから完全スルーされてしまい、デバッグが難しくなります。 コンソールにメッセージを出すって言うのもありますが、とりあえず今回は一歩一歩のろのろと試行錯誤の繰り返し。 いつものごとく結果オーライです。
 
 さて、ネット上を探してもはっきりとは出てこなかったフォームからのボタンバリューとjavascriptとの相性の話と解決法はその2へ続く...

| | コメント (0)

東京都議会ヤジ

 なんというか...
 口汚い言葉を選べば粗野になるし、かといって冷静な言葉を選ぶのも癪に障る、どう表現しても気持ちの悪い問題です。
 というか、終ってないですよね。 あと数人の議員は鈴木議員を生け贄に差し出して終わりですか? 鈴木議員もいち早く自民党会派離脱を打ち出しましたが、恐らくは今回の生け贄代表を高く買われて数年後には元の鞘でしょう。 それだけ救われた他自民党議員の力が大きかったということでしょうか。
 
 しかし、ヤジは議会の華なんて誰が言ったんでしょうかね? 薄汚いオヤジ達が飛ばす、品のないヤジのどこが華なのでしょう。 この人たちは他人の話を聞くってのを学ばなかったのか、と子供の頃から不思議でなりませんでした。 どの議会でも若手はまずヤジを飛ばすことから修行が始まるとも聞いたことがありますが、そんな馬鹿な儀式になんで税金を払わなくてはならないのか。

 朝日新聞のコラムだったかに、「多くは外の世界で働いた経験もない世襲一族が占める特殊な集団」と議会のことを表していた下りがありました。 以前、日本は落選議員に対するセーフティネットが不十分で、それ故に新しい人材が正解に入って来ないし、他に能のない世襲議員が議席にしがみつかざるを得ない背景となっている、という発言を書きました
 人事の滞った団体は腐ってゆくことは必至で、それが平成の世になっても女は結婚して子供産め、それができない女は女じゃない、という感覚を当たり前として温存させてしまったのは良い例でしょう。
 
 さて、自民党。 ところを地方(といっても小国くらいの規模はある)議会に移してもトカゲの尻尾切りで頰被り決めるつもりなんでしょうかね。
 テレビ中継にあれだけ明瞭に入っている他のヤジを、現場にいたものが「聞こえなかった」とはよく言ったもんです。 今どき、そこらのアホガキでもそんな嘘はつきません。 本当に聞こえないほど痴呆が進んでいるんならさっさと引退してください。

| | コメント (0)

単にシェーバーを買っただけだ

Schick
 大昔、二枚刃のシェーバーが発売され、そのスムーズさに感動したのですが、やがて三枚刃とか四枚刃ができるんだろうなぁ、と予想していたら、ついに五枚刃です。 使ってみたら、期待を裏切らない超スムーズな剃り味でした。 そり傷でアゴに絆創膏なんて完全に過去の遺物になってしまいました。
 いえ、単にそれまでのシェーバーの切れが悪くなって、さらに本体も汚くなってきたので買い替えたらこんなおまけがついてきた、それだけです。

 決して、ネットでCM映像を見て、即ダイエーに買いに行ったけど、まだ置いてなくて、数日後に出直したとかではありません。
 決して、本当はミカサが欲しかったけど、さすがに家族全員が使う風呂場にそれはなかろう、と泣く泣くリヴァイにしたとかではありません。
 決して、二等身の巨人マスコットが欲しかったけど、それは替え刃にしかついてなくて諦めたとかではありません。
 
 ところで知ってましたか? リヴァイの綴りってLeviなんだそうです。 そうです、所有格が付けばLevi's、リーバイスです。

| | コメント (1)

ジャンクフジヤマでええやん

Junk01
 夏です。 私らの世代は、夏と言えば山下達郎。
 なんですが、大げさに言うと二十五年程ずっと達郎の新曲を買っていません。 だって演歌歌手になっちゃったから。 もちろん、絶対的には演歌じゃないに決まってますが、相対的に達郎が我々の目を見開かせてくれた時代の、煤けた演歌の立ち位置になってしまったとしか思えなくて、「僕の中の少年」を最後に(実際にはそのあとに出た「JOY」も買いましたが、フィーチャリングされている曲はそれ以前のものがほとんど)アルバムを買うのをやめました。
 
 なんなんでしょうね、これは。
 竹内まりやと結ばれて、同時に吉田美奈子と決別したことが原因とずっと思ってましたが、改めてwikipediaで調べてみると、結婚二年前から同棲をしており、そこから「POCKET MUSIC」まで輝きは全く失われていませんでした。
 もしかすると、この「POCKET MUSIC」から始まった打ち込みが私にとっての達郎をダメにしたのかもしれません。 つまりは、それまで様々なクリエイターがワイワイと集まって切磋琢磨したレコーディングが、達郎一人で完結するようになり、それは一見完璧な創作に見えるんだけど、実際には混じりっけの無い自己満足の物足りなさになったのかもしれません。

 それでも以後、達郎の新曲に、次こそは、次こそは、と期待しているのですが、相変わらず谷村新司程度でも間に合いそうなぬるい曲ばかり。 と思ってたら、こないだ、スペースダンディというB級アニメの中で、山下達郎そっくりの「星屑のパイプライン」というのが流れていました。
 一瞬、達郎?と思ったけど、これがジャンクフジヤマという、いかにも安っぽい名前のアーティストであることが判明。
 これを今でも生粋の達郎ファンである友人に話すと、達郎ファンの間でもジャンクフジヤマは有名なんだそうで、あらら、知らぬは私ばかりの様です。

Junk03 ということで、iTunes Storeで「星屑のパイプライン」を買ったのに続いて、わざわざCDでジャンクフジヤマのベスト盤「風街ドライヴ」(このタイトルすらはっぴいえんどなんだけど)をamazonで購入。
 え?なんでわざわざネット配信に比べて800円程高いCDかって? だってジャケットが、わたせせいぞうなんだもん。 ちなみにスペースダンディのサントラジャケットは鈴木英人風。(本物かどうか不明) グラフィックデザインの勝利です。
 ジャンクフジヤマの曲ってどうよ、と問われたら、曲は'90までの達郎。 しかし声は最近の達郎、という、ありゃ、まずいことに今私が達郎に求めていた夢そのままを具現化してくれています。
 
 いえ、達郎ソングの魅力であった、印象的なイントロを含むアレンジの素晴らしさは、まだまだジャンクフジヤマは及びません。 でもそれは夏の日差しが補ってくれるんじゃないでしょうか。 だって、いつまでもCOME ALONGでもないでしょ。
 
 My name is Maria Takeuchi, I'm seventeen years old... Crazy about one guy, Tatsuro Yamashita!

| | コメント (0)

うどんを喰いにひとっ飛び

Sanuki01
 「塀までひとっ飛び」というのがサディスティック・ミカバンドの曲にありました。 とかいう音楽ネタをつまみに飲んでいたら、帰り際に、明日は暇ですかと、その中の一人からご質問。
 その場に連れて行ってくれた友人と二人、はい、一応、と答えたら、次の日、その方が共同所有されている自家用飛行機でさぬき(高松)空港に連れて行っていただきました。 ラッキー♪

 飛行そのものについての話はいずれあっちのblogに書くとして、こちらにはもっと一般的はお話を。
 特に高松に行きたい!と前日から計画があったわけではなく、お昼ご飯にうどんでも食べに行きますか、と突然決まりました。 バブルの頃の、本場の札幌ラーメンを喰いに行こうか、と突然札幌に飛んだとかの話では無いにせよ、贅沢なお話です。
 
 八尾空港から高松空港まで、実際に飛んでいたのは40分。 短すぎて到達感というか達成感が無く、まるで姫路辺りに来たかのようです。 調べてみると、大阪駅起点で陸路最短は高速バスで2時間半。 鉄道だと3時間半程。 それが40分で、しかもチェックインや搭乗待ち、荷物待ちもありません。
 
Sanuki02
 ただ、観光目的じゃないので空港ビルでお決まりの讃岐うどんを食べ(麺は讃岐、だしは関西風で美味しかったです)、さらにしゃちほこ模様の抹茶カフェラテを頂いて帰ってきました。 で、このカフェで初めて気づいたのが、これが私の四国初デビューだったことです。
 北海道から沖縄まで制覇しているにもかかわらず、四国はこれまで一歩も脚を踏み入れたことがありませんでした。 四国はディーゼルによる無煙化が早く、鉄道ファンにとって魅力的な場所ではなかったのです。 いえ、もっと後になって、家族と淡路島経由で四国行きの計画を実行したことがあるのですが、この時はまさかの台風に阻まれ、丸一日淡路島から出ることができずに挫折しました。
 
 地図で確認したら、対岸の宇野(玉野)には三年前にいしいひさいち展覧会を観に来てるんですよね。 それを思い出すと、高松はさらにその先で、遠い〜という印象だったのが、あまりに韋駄天な初お輿入れだったために、え?ここ四国なん?ってのが贅沢な感想です。
Sanuki03

| | コメント (0)

おっさんも口角ケア

 アセチノスマートには金属製のボールが三つついたフェイス用アタッチメントが別途ついておりまして、説明書によると、顔のたるみを取るために低速側で使うのだそうです。 そう、一時期女性洋雑誌の付録を賑やかせたあのローラーの電気バージョンというわけです。
 ま、五十半ばのおっさんには不要だな、としばらく全く無視しておりました。
 
 一方で、最近中高年男性を見るに気になるのが口が「へ」の字になっている人が多いこと多いこと。 そうです、ほうれい線&口角下がりです。
 「へ」の字は本能的に不機嫌や否定を表し、当然人も近寄りたくなくなります。 というのは男性だろうが中年だろうがよろしくないだろう、ということで、上記Yの字ローラーをやったことはあるんだけど、結構面倒くさい、結構痛い、ってことですぐにやめてしまいました。
 
 が、このアセチノスマートのフェイスアタッチメント。 一度やってみたら、自分でも分かる程、一皮薄くなりました。 もちろん痛くもない。 おお!、これは!
 ということで、最近は翌日授業、という夜に溜まったアニメ消化をしながら顔ウリウリウリ。 低速利用なので、浴室でなくても、またクリームやローション無くても大丈夫です。
 といっても、これも無理は禁物。 ほうれい線、輪郭など、一部分一分程度で収めています。
 
 非常勤講師は人気商売。 こういうのも大事なことなんですよ、はい。
 いえ人気商売でなくても、最近若い奴が俺を避けてるみたいなんだ、なんて思っている方々。 口角下がって怖〜い顔してるのかもしれませんよ、あなた。

| | コメント (0)

アセチノスマートで背中を削ぐ

 夏も近づくダイエットの季節、トントン♪
 毎年のことながら、この季節になると四年前に書いたアブトロニックX2の記事に検索が集まります。 しかし既に私はアブトロ2を2年前にやめております
 その後、シェイプアップを諦めたわけではなく、アセチノスマートという充電式のマッサージャーを発見したのが昨年秋。 それからほぼ毎日、入浴時に使用しておりまして、その結果、背中「も」痩せました。
 
 というか、いつのまにかジーンズが少し、イメージ的に半インチ程履きやすくなったのに気がつき、洗濯する度に苦労してウエストを延ばしていたリーバイスの28インチが普通に入るようになりました。
 昨年の秋口からまた酒量が元に戻り、体重的にはそれほど減ってないのになんで?とよく調べたら、ウエストの背中周りの脂肪が落ちていたのです。
 考えてみると、腹回りって自分の目で見る機会が多く、のけ反るよりは前屈みになることが圧倒的に多い中で、たるみ具合にも非常に敏感になります。 が、背中は自分の目で見ることはまず無理で、どれくらい皮下脂肪が溜まっているか、ほぼ意識することは無いはずです。
 が、たまにテレビで人の胴体のCT画像を見ると意外と背骨周りに対をなすように脂肪が溜まっているのを目にすることはありませんか? そう、それが半身浴中にアセチノスマートをブルブルさせていると比較的あっさりと落ちます。

 背中と言っても、正確には骨盤の上辺りの背中な訳ですが、ここが落ちると結果としてジーンズ(女性ならスカート)のウエストが楽になる、ということで、これは肥満といえば「腹」と思い込みがちな中で、新鮮な発見でした。 姿勢も若干ながらよく見えると思います。
Acetiono21

 なお、題名では分かりやすくするために「削ぐ」なんて言葉を使っていますが、そう言う感じでグリグリとアセチノを当ててもあまり効果は無く、むしろ力を入れ過ぎるとトルクリミッターが効いて止まってしまうのがオチ。
 だから正確には「ブルブルさせる」というのが正しいコツではないかと思います。 軽くアセチノスマートを当てて、周囲の皮下脂肪がブルブルっと共振する場所を探し当てるのが正攻法かと、今のところ心得ております。
 要するにマッサージャーなんですよね、やっぱり。

 最初の頃、無縁と書いていた顔用のローラーについての意外な効果については、つづく...

| | コメント (0)

うわわわ、TOYOTA 2000GTが...

 富山県で老巨木が折れ、たまたま通りかかった車を直撃したそうです。
 幸いドライバーは軽傷ですんだそうで何よりです。 何よりなんですが...
 
 直撃された車はなんと、日本の生んだ名車中の名車、TOYOTA(YAMAHA) 2000GT。
 オーナーは、軽傷で済んだことにほっとしたあと、今頃はじわじわと泣くに泣けない喪失感に襲われているのではないかと想像します。
 金出して買えるもんじゃないですからねぇ... ここまで高貴ではないものの、25年前の車に乗る身として、他人ごとではございません。 この個体も、ここまで長生きして、なんでこんな天気のよいワインディングロードで??と茫然自失かもしれません。

 でも冷静に見ると、これだけ壊れているのにもかかわらず(横方向からエンジンルーム空手チョップのようです)、ドライバーが軽傷というのは、幸運もあるとはいえ、しっかりした車体設計だったのかも、と改めてエアバッグもヘッドレストも無い40年前のTOYOTAとYAMAHAの技術に思いを馳せてしまいました。
2000gt1
2000gt2

| | コメント (2)

料理用油温計

Thermo
 はいっ、これも先日、何年使ったか分からないのがついに壊れまして、新しいのに変えました。 ってか、油温計って壊れるんだ...
 
 実は数年前にうちのガスコンロを買い替えた時、自動温度コントロールがついているのにしたので、例えば180度が欲しい時もそのようにセットすれば事足りるようになりました。 なのですが、このコントロールが大雑把というかアバウトというかB型というか、全開か最弱でしかコントロールしないので温度の上下幅が大きい。
 そして写真に写っている壊れた油温計では油温計の表示の方がコンロのセッティングよりも高温を示していて、どちらが正しいのかよくわかりません。
 
 では、TANITA製新しいのはどうかというと、あれれ? 今度は油温計の表示は低音側に振られています。 さらに混迷は深まるばかり。
 油温計で180度を示させたいときには、コンロ側で200度にしないと油音が上がりません。 まぁ、20度違ったからどうよ、ってなもんですが、冷凍フライを揚げるときには大した違いはないものの、てんぷらだと結構影響あるんですよねぇ。 っと、最近天ぷらしとらんな。 ガッテン見て結構腕あげたにもかかわらず...

| | コメント (0)

あぁ、ディスプレー

 先日、NHKのクローズアップ現代で、台湾の鴻海(ほんはい)で有機ELの開発に取り組む元日本企業の開発者を扱っていました。(なんだか有機ELなのか、高精細ディスプレイなのかよくわからない内容でしたが、開発中の技術ですから詳細には報じられないのでしょう。)

 そこで、私が思い出したのはそれより少し前に、パナソニックとソニーが共同開発していた有機ELから事実上撤退したという報道
 このニュースを新聞で見た時、プラズマに続いて、なんて不甲斐ない!と一人憤慨したものの、製品化で一歩先んじている韓国メーカーですらEL液晶は市場で大した評価を得ておらず、時代は低コストな高精密化に傾いているという続きを読んで、う〜ん、と唸ってしまいました。

 確かに、iPhone4のRetina画面を初めて見た時、販売用のプリントシートが貼られているのかと勘違いした程、高精密化は高画質に貢献しています。 さらにバックライトの技術向上もあり、画素が自発光する有機ELの最後のアドバンテージすら危うくなっているのも知っています。 そして今や私の目の前のMacBookもRetinaで、BOOTCAMPでのWindowsアイコンですら、ハワイ島マウナケア山天文台とハッブル望遠鏡の違いのごとく美しく表示されています。(たまに解像度解釈の問題はあれど)
 かつてはトリニトロン、そしてプラズマ以外は認めず、液晶は妥協の産物としか捉えていなかった私も、目の前にこれでもかこれでもかと新しい液晶技術を突きつけられると、その進歩を認めざるを得ません。
Retina

 確かにこうなると、これがこのままのクオリティで大画面テレビに波及した時、別に有機ELもプラズマもお呼びじゃないのは事実で、T型フォードやβ-VHSのごとく、必ずしも優れた技術が世界を圧倒するとは限らない、という物語が頭をかすめました。 
 いや、それを言うなら、高細密ディスプレーですら、別に世界の万人が待ち望んでいるわけではなく、数ヶ月前、失意とともに会社を解散したのプラズマディスプレーのベンチャー企業のニュースも含め、なかなか市場と歯車が噛み合わない日本の技術の無念すら感じます。

| | コメント (2)

肉・肉・野菜・肉・野菜

 本日立ち寄ったホームセンターでの一コマ。
 テントやらテーブルなどのバーベキューセットを展示している場所で、コンロの上に牛と鶏のおもちゃ。 一瞬何のことやら分かりませんでした。
 豚はどうした...
Bbq

| | コメント (0)

虫国のいちびり

 毎夜NHKのニュースを見ていて、何が不快かといって虫国の侵略ニュース。 も、腹が立つけど、それを何が何でも荒唐無稽に正当化するスポークスマン。 
 これをWWII(第二次世界大戦)の大本営発表だと思うと、いかに一般虫国人が常々、耳の不自由な人桟敷に置かれているかが想像できます。 ま、これに生まれた時から偏った教育を施せば、そりゃピュアな嫌日痴呆国民が大量生産できることも納得できます。

 にしても、なんで虫国は北朝鮮のような、他国が憤りを通り越して失笑してしまうような公式発表を繰り返しているのかが理解できません。 が、先日誰かが「虫国は新しいルールを作りたいのだ」と説明していたの知って、あ、なるほど、と腑に落ちた次第です。

 つまり、かつてのルールだった米ソのうち、ソ連は失速した。 残ったアメリカは一人世界征服を果たした、かというとそうでもなく、それに疲れて疲弊した。 そして敗戦国故、経済振興著しいドイツや日本は政治的リーダーになり得ず、その後わらわらと沸き上がってきた新興国のうち、国土と人口を背景に成り上がってきたのが虫国。

 そうだ、次こそ我々虫の時代だ。 そもそも文化大革命という、まさかのちゃぶ台ひっくり返しさえなければ、もっと早くに世界に一つだけの花思想を完成させていたのだよ。 今こそ我々が世界のルールとなり、世界を治めるのだ、と少なくとも党是として確立させたのでしょう。
 まぁ、彼らの立場に立って(死んでも立ちたくないけど)考えてみれば、全て虫国の傘の下に入れば、軍事、経済、産業、エネルギー、果ては人々の生活まで素晴らしいものを保証しましょう。 核廃棄物の捨て場なんて何百年分もある。 なのに、周りの貧弱な国土しかもたない雑雑とした国々はなぜ我々に従わないのだ!!!! と癇癪起こしてときどき八つ当たりをする。
 当然その八つ当たりさえ正当化しなくてはならなくなるわけで、おそらくは指導部高官の子供で、かつ一流大学を出て、留学経験もあって、世界の広さと多様性を知らないはずのない広報官は口角泡飛ばし、怖い顔で記者をにらんでスピーチしなくてはならないのです。 最近彼らの様子が、北朝鮮の例のチマチョゴリアナウンサーに見えて仕方ありません。

 さっすが虫けらの国、と笑ってはいけません。 これはかつての大東亜共栄圏。 そう置き換えると、あまりに過激に締め付けたり、逆に無視したりすると、ぶち切れてとんでもない軍事行動に出る可能性がある、と読んでいるのが、かつての八紘一宇思想の生き残り、自民党と安倍と石破。 まぁ、これについては話せば長くなるので、今はそれはさておき、今のオラオラ虫国をアジアの国々が認めるかどうかですね。
 
 虫国は連合国によって解放されただけなのにもかかわらず、戦勝国として国連の常任理事国とされていることに非常に違和感があります。 だって米軍の資料写真見ると、敗戦直後の中国軍なんて乞食同然なんだもん。 てなくらい、日本人は本音として虫国をバカにしているのは、恐らく否定できないでしょう。 そんなのが何十年経って力をいかに蓄えようとも、共産党一党支配と言論統制が続く中では、誰も尊敬・尊重しようとは思いません。 それが世界の教養というもの。
 そんな連虫を新しいリーダーとして仰げ、といわれてもなぁ...

 言い換えると、小学校の時、廊下でウンコちびったことが今でも同窓会で黒歴史として語り継がれている元ヘタレが、たまたま徹底的な上級生への取り込みが功を奏し、ある日突然地域の番を張る、ってドヤ顔されてもなぁ。 あいつウンコちびりだもんなぁ、と誰も言うことを聞かない、ってのが、低次元ながら昨今のアジア情勢でないかと。

| | コメント (0)

Adobe CS4+OS 10.8のご乱心

 ふうう、やっと月末締め切りの文字書きが終わりました。 十日間でざっと六万文字。 一日あたり六千文字、原稿用紙換算で15枚書いてたわけで、我ながらまだこれだけ書けるんだ、と単純に自己満足してます。 内容については残念ながら公表できませんけど。
 
 これをInDesign CS4に流し込み、それをプリントしようとしたら、レインボーカーソルが回り続けて強制終了になりました。 あれ?
 プリントできないとエラいことですがな、と一瞬動揺。 が、とりあえずpdfに書き出して、プレビューからプリントすることで緊急回避できることが分かって安心。 InDesign自体、それも自宅ではほとんど使わないので、まぁ良いか、と気にしないことにしました。
 
 ただ、念のため検索すると、Illustrator CS4+OS 10.7でプリント時に落ちるというのは多数見つかったものの、InDesignは今ひとつピンと来るものがありません。 ま、いいかと思い、別件でIllustrator CS4でプリント。 まぁ、こっちさえちゃんと働いていれば良いわ、と思ったわけですが...
 
 落ちた。
 
 あれれ? ついこないだまで全く問題なかったのに? しかもうちはOS 10.8。 が、上記URLの記載情報通りやってみたら、あっさり解決。 ありがたいことにInDesignも同時解決。 しかし、Acrobat8が原因でIllustratorとInDesignがこけるって、完全に尊属殺人じゃない?
 
 もう一つの謎。 このトラブル関連は2011年くらいに書かれているのに、私は一度もこのトラブルを経験していません。 では何が原因かと思い巡らすと、ことえりが壊れたときにOSを再インストールしたことしか思い当たりません。 そしてそのあと意識してAcrobatをインストールした覚えは無し。
 何より、自宅マシンMacBook Pro. Retinaは最初から10.8。 ただし購入時には10.5のPowerBook G4から環境をインポートしているので、おかげでこのトラブルに遭遇せずに済んだのかもしれません。
 ん? でも、その仮定だと、OSXをインストールするときにAcrobat8がインストールされるということですかね? あるいはOSXをインストール後にAdobeがAcrobat8を勝手にインストールするようになっているとか。 なぜなら、自宅MacBook Pro. Retinaは既にAcrobat9なわけで、ほんと、良い迷惑です。

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »