« 今更ながらバーコードリーダーが便利 | トップページ | 虫国のいちびり »

Adobe CS4+OS 10.8のご乱心

 ふうう、やっと月末締め切りの文字書きが終わりました。 十日間でざっと六万文字。 一日あたり六千文字、原稿用紙換算で15枚書いてたわけで、我ながらまだこれだけ書けるんだ、と単純に自己満足してます。 内容については残念ながら公表できませんけど。
 
 これをInDesign CS4に流し込み、それをプリントしようとしたら、レインボーカーソルが回り続けて強制終了になりました。 あれ?
 プリントできないとエラいことですがな、と一瞬動揺。 が、とりあえずpdfに書き出して、プレビューからプリントすることで緊急回避できることが分かって安心。 InDesign自体、それも自宅ではほとんど使わないので、まぁ良いか、と気にしないことにしました。
 
 ただ、念のため検索すると、Illustrator CS4+OS 10.7でプリント時に落ちるというのは多数見つかったものの、InDesignは今ひとつピンと来るものがありません。 ま、いいかと思い、別件でIllustrator CS4でプリント。 まぁ、こっちさえちゃんと働いていれば良いわ、と思ったわけですが...
 
 落ちた。
 
 あれれ? ついこないだまで全く問題なかったのに? しかもうちはOS 10.8。 が、上記URLの記載情報通りやってみたら、あっさり解決。 ありがたいことにInDesignも同時解決。 しかし、Acrobat8が原因でIllustratorとInDesignがこけるって、完全に尊属殺人じゃない?
 
 もう一つの謎。 このトラブル関連は2011年くらいに書かれているのに、私は一度もこのトラブルを経験していません。 では何が原因かと思い巡らすと、ことえりが壊れたときにOSを再インストールしたことしか思い当たりません。 そしてそのあと意識してAcrobatをインストールした覚えは無し。
 何より、自宅マシンMacBook Pro. Retinaは最初から10.8。 ただし購入時には10.5のPowerBook G4から環境をインポートしているので、おかげでこのトラブルに遭遇せずに済んだのかもしれません。
 ん? でも、その仮定だと、OSXをインストールするときにAcrobat8がインストールされるということですかね? あるいはOSXをインストール後にAdobeがAcrobat8を勝手にインストールするようになっているとか。 なぜなら、自宅MacBook Pro. Retinaは既にAcrobat9なわけで、ほんと、良い迷惑です。

|

« 今更ながらバーコードリーダーが便利 | トップページ | 虫国のいちびり »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今更ながらバーコードリーダーが便利 | トップページ | 虫国のいちびり »