« ポスティングの難 | トップページ | Adobe CS4+OS 10.8のご乱心 »

今更ながらバーコードリーダーが便利

 ああ、今月いっぱいの締め切りに追われております。 にもかかわらず、逃避のblog書き...
 というか、追われている締め切りも文字書きなのに、逃避も文字書き。 どんだけ文字書くの好きやねん。
 
Code01 さて、題名の件、iPhoneにインストールしたiCONIT(無料)というバーコード/QRコードリーダーが有り難い、というお話です。 ただし、iPhone 5sを導入するまで携帯がずっとバーコード非対応でしたから、フィーチャーフォンを愛用してきた人にとってはもしかすると、は?今頃何言ってるんですか、と呆れられるかもしれない。 
 
 媒体上でURL代わりに表示されているコードは想定内でしたが、「とりあえず目に入るコードは全部撮ってみる」という下りを雑誌のコラムで読んで、ふと学校にあるムック本のJANコードを読んでみました。 するとGoogleかamazonのショップに飛べるようになっていました。 私はamazonのアカウントを登録しているのでそちらを選ぶと、一瞬でムック本の商品ページに飛んで、即刻ポチットな可能です。 amazonの何が有り難いかというと、中古本も同時に選べることで、資料的な本を集めるときには経済的に非常に助かります。 逆に急ぎのときはamazon扱いの新品も選べますしね。
 ただ、これを本屋でやってしまうと、以前世間を騒がせた情報万引きと間違われる可能性があるし、何より本屋さんに失礼ですよね。 だからわたしは職場や知り合いの家で面白い本を見かけたときに重宝しています。
 今思い出したけど、ヨドバシだったかが、プライスタグに商品コードを入れておき、これと同じ原理であえて価格ドットコムで客に最安値を知ってもらうという太っ腹な商法に出ているところもあるようです。
Code02
 
 その後しばらくして気づいたのが、郵便物の再配達指示。
 ご存知のように、これにはQRコードがついています。 でも日本郵便だから大したことないだろう(失礼)とタカをくくっていたら、なんと非常に簡単な操作で再配達の日時が指定できることが判明。(これはフィーチャーフォンの時代からあったんだろうなぁ。)
 それまでは音声ガイダンスに従ってプッシュホンで追跡番号を入力してましたから、印象的には1/10程度の手間に短縮された印象です。
Code03

|

« ポスティングの難 | トップページ | Adobe CS4+OS 10.8のご乱心 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポスティングの難 | トップページ | Adobe CS4+OS 10.8のご乱心 »