« 遺言書の検認(2) | トップページ | ああATOK »

iPod nanoが壊れてShuffleに

Shuffle

 昨日、突然Shuffleが壊れました。 電車の中で画面表示を消す為に電源ボタンを押したとき、いつものクリック感が無いな、と感じたのが最後でした。
 音楽を聴いたりボリューム調整などはその後もできたものの、何せ電源ボタンの機能が失われた訳で、事実上アウトです。 購入したのが2010年ですから、ちょっと寿命が短い気がします。
 とはいえ、これはこれで無くては困る。
 
 このnano、かつてはUSBマスストレージとして学校での授業用データの移動に欠かせないもので、音楽再生は往復の通勤時のおまけに過ぎませんでした。 しかしiPhoneを導入して、これをWi-Fiストレージにするアプリを導入してからはもっぱらこのおまけ仕事のみに使用しています。
 
 とはいえ無いと困る、とアップルストアの整備品を探す。 ここは結構古い製品が残っていることがあるからです。 ところが残念ながら私の愛用していた正方形のnanoは見あたりません。
 現在通勤時にはノキア携帯とiPhoneの二台持ちに加えてのnanoですから、nano以上にかさばるものを加えたくありません。

 そこでふと思いついた新候補がShuffle。
 そのあまりにも限られた機能故、初代から絶対に買うことは無いと一度も興味を持ったことが無かった商品です。 ただし、大きさは探しているnanoよりさらに二周り程小さくて、机の上のゴミに埋もれてしまいそうな程。
 
 そもそもnanoで何を聞いていたかというと、NHKのEテレでやっていたトラッドジャパンという番組の音声をシャッフルで聞いていました。 ならShuffleでも良くない? 何より価格が、アップルストアでShuffle 4,860円、nano 14,904円(共に税込)。
 「Shuffleでええやん!」

 早速いつものJoshinでダークシルバーを購入。 即日ゲットの上、ポイントがつくのがリアル店舗の良いところ。
 ところが容量2GBって、想像以上に入らない。 トラッドジャパンの一期と二期だけ入れたいのに、それらすら入り切らない。 考えてみれば20分弱の番組が80本ですから25時間程。 へ〜、2GBに収まらないんだ。 当たり前か。 一曲5分としたら、それでも300曲分もある訳で、番組単位は容量食いますね。
 
 Mac側のiTunesの方も、Shuffleに対してはプレイリストメインの、より簡単な転送メニューを用意していて、これまでのiPod風を想像していた私は気が楽になりました。 容量が少ないんだったら、こまめに聞きたいリストを入れ替えれば良いだけだと。
 
 さてディスプレイの無いShuffle、現在流れているプログラムが何かを知るのはVoice Over機能しかありません。 ところが、音楽タイトルではない私の場合、「TEIEN」(庭園)が「ティーイーアイイーエヌ」となってしまいって、何が何だかわかりません。 まぁ良いけどさ。
 ※この件、Voice Overの言語を英語にしたら改善されました。
 しかし「miso」を「ミゾ]、「hashi」を「アシ」と言ってるね。 フランス人?>Voice Over
 
 ああ偉大だったよ、君は>壊れたnano

|

« 遺言書の検認(2) | トップページ | ああATOK »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遺言書の検認(2) | トップページ | ああATOK »