« 母が逝く | トップページ | まんがで学ぶ哲学入門というまんが »

2014冬、生き残ったアニメ

 と、陰鬱に浸っても仕方無いので、大詰めを迎えた今年の冬アニメ、未だに見ているのをリストアップしておきます。

バディ・コンプレックス
 ポスト・ガンダムを狙うサンライズ系の企画、前回の革命機ヴァルヴレイヴがスケールの割に今ひとつだったので、これもあまり期待していませんでした。 ところが第一話から、言わばSFの王道であるタイムスリップを導入。
 絵としては初回のヒナが無条件に可愛くて、しかして時間差により、その後の展開としては完全なツンデレ。 というか、知らない相手にいきなり自分の名前を呼ばれても「ツン」にしかなれないですよね。 ということでツンデレの究極はタイムスリップにあり、という変な黄金式を見つけてしまいました。
 お約束の無人島ネタは、アスラン-カガリ、シン-ステラから普遍ともいえる伝統芸と呼んでも良いかもしれません。 最終回は、おっさんが言うのもなんですが、何となく切ない予感がします。


銀の匙 二期
 文句無いです。 1st.シーズンと同じく、週末の夕方枠でも全く問題ない、というか子供たちにもっと見せたい作品。
 初期の御影と駒場のヒソヒソ話のオチが気にならなくもないですが、どうやら御影の実家では跡継ぎ問題もあるようで、このまま「いやぁ、農業、楽しいっす」では終わらない予感。 八軒と父親との葛藤にはあまり興味無し。


とある飛空士への恋歌
 これ、大化けでした。
 半分くらいまでぬる〜い学園ものを見せられ、いやいや、お前ら飛行機なめるなよ、射出シートも無い練習機は空飛ぶ棺桶だぞ、とリスト落ち決定直前。
 ところがある日、学生なのに実戦に駆り出され、ぬる〜い学園もので笑っていた半分以上が戦死。 え?何?この突然のハードボイルド。 さらに主人公とヒロインの恋がよもやの表裏一体の悲劇。 これにはひねくれ者の私も「うそっ」と思わず驚かされました。 救いは次回予告のイグナシオの馬鹿にされっぷりのみ。
 そうそう、キャラデザがラグランジェと同じ人なんですね。 特にムギナミはそっくりのが出てて、和めます。(でも低予算なのか、画面が貧乏っぽい)
 
 
ノラガミ
いなり、こんこん、恋いろは
ウィザードバリスターズ
 いきなり三つまとめかい!!!!、ごめんなさい。 共通点は絵が魅力。
 ノラガミは一見地味ですが、丁寧な絵。 女性は巨乳排除の奇麗なデッサン。
 いなこんは最初、主人公があまりに面倒くさい性格で(訳あって)義務感で録画していたら、宇迦が可愛くなってしまいました。
 ウィザードは、新しい感覚の絵が気になっています。 本来、魔法物って、剣ものに次いで興味が無いんですけどね。

ニセコイ
 なんか見てます。 恋愛ドタバタアニメの王道。 でも巨乳じゃないし、極端なハーレムでもない。
 時々現れる、表情の一部だけを拡大した構図、「物語シリーズ」に共通する望遠レンズパースの学内風景などが気になります。 子供の頃の約束も何か大きなどんでん返しがありそうな予感。
 
鬼灯の冷徹
スペース★ダンディ
 この二つ、ずっと以前から、もう止めよう、もう止めよう、と思いながらまだ録画しています。
 鬼灯は、完全な雑談アニメ。 でも銀魂ほど次から次へ破天荒な展開がある訳じゃないので、話は飽きてきます。 でも絵は銀魂より狂気で惹かれます。
 スペースダンディも、もう止めようと決心した次回が、ちょっと生意気な女子供とのロードムービーものでした。 この女の子の眼の書き方が新しくて、もしかしたらこの子が言ったとおり、急速に成長して再度現れるかも、と期待しての継続です。 あほやの〜>自分

サムライフラメンコ
 録画した殆どを削除しました。 でも全否定ではありません。
 多分戦隊物に興味があった or ある人にとっては、非常にニクい作品であると想像できるからです。 でも初代仮面ライダー見て「しょ〜もな」と感じた私には無理な作品でした。 
 とはいえフラメンコ・ガールズの復活は嬉しい限り。 MOEの超長い手足が好き。
 後藤の彼女の存在が気にならんでも無いが...

 
 てなこって。

|

« 母が逝く | トップページ | まんがで学ぶ哲学入門というまんが »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母が逝く | トップページ | まんがで学ぶ哲学入門というまんが »