« 梅田貨物駅の終焉のその後3 | トップページ | 母が逝く »

プチキリ番だった

Kiriban いつも大台が近づくと、心密かにキリ番を期待しているのですが、まず踏めた試しがありません。
 で、ちょいと中途半端なのなら先日遭遇したので、我ながら珍しく、少しはしゃいでおきます。

 で...、実は電子レンジが壊れて憂鬱です。
 炊事時間がなくて帰りにスーパーで買った弁当。 冷えた弁当って不味いですねぇ。 というか、お腹壊しそう。
 
 といっても、このレンジ、1986年製ですから三十年近く全くの無病息災で働き続けてきたわけで、文句を言えた義理ではありません。 むしろ感服。 こういう商品に出会えると、あぁmade in Japanって凄いや、と改めて感じます。
 これは松下製でブランドは当然「ナショナル」。 でも同じmade in Japanでもソニー製だったら(ソニー製の電子レンジってのも凄いが)五回くらいは壊れてるでしょうけど。

 ううう、金が要るやんけぇぇぇ...

|

« 梅田貨物駅の終焉のその後3 | トップページ | 母が逝く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅田貨物駅の終焉のその後3 | トップページ | 母が逝く »