« インクジェットプリンターは光学メディアの顔を見るか | トップページ | あざとい大阪市議会 »

ソニーカードの醜態

Sony_card
 昨日ポストに、ソニー銀行から「新ソニーカードのご案内」という封書が届いていました。
 あれ?サービス終了するんじゃないの、と思いつつ開封しながら、ああそうか、終了の案内に、「今後他カード会社と提携して新しいサービスを始める予定が」、という下りもあったので、それを送ってきたのか、と合点が行きましたが、カードが入っているのになぜ普通郵便で?と疑問に思うと、封筒全体どこをさわってもふにゃふにゃ。
 
 中身を読むと、やはり三井住友銀行と提携の上、新ソニーカードを発行するという案内でした。 しかし発行には新たに申し込みが必要、と申込書を送ってきただけのことでした。 要するにただのDMに等しい。
 へ? ちゃんと長年にわたって信用(クレジット)を積み重ねてきたのに、それを勝手に亡き者にしたのはあんたなんだけど?と少々イラッときました。
 
 もしかすると、名前だけは同じだけど、恐らく不良債権だとかなんだとか、各金融機関とカード会社側に都合の悪いことを丸ごと精算した上での再スタートで、よって旧の与信データは全く利用できないのかも知れません。

 長年の信用を一方的に破棄されたこちらとしては、既に他カードに実使用の軸足を移しきっていますので、今更再申し込みまでして取得するメリットは何も感じません。 ソニー製品の売買に関しては特典があるようですから、熱狂的なソニーファンくらいしか再取得しないんじゃないでしょうかね? いや、彼らにしても(熱狂的だったゆえに)裏切られた感は残っているはずだけど。

 にしても、金融サービスの内輪のなぁなぁ、そして顧客無視って姿勢が透けて見えて、あまり気持ちの良い便りではありませんでした。

|

« インクジェットプリンターは光学メディアの顔を見るか | トップページ | あざとい大阪市議会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インクジェットプリンターは光学メディアの顔を見るか | トップページ | あざとい大阪市議会 »