« 2013年春MacBook Pro 13のお粗末 | トップページ | 抹殺が当然とする抗議にどう対処すべきか »

VLCをバージョンアップしたらコミュニティFM留守録が

 できなくなったのです。 というのは先日、本来の発言へのコメントとしました。
 
 その時は以前のバージョンに戻せば良いこと、と軽く考えていたら、本来の予約日に留守録できていません。 そこから意外と苦労しましたので、コメントではなくこうして新たに発言として起こしました。
 
 原因は、Audio_Hijack_ProがVLCに送るAppleScriptのタイミングがずれてしまったことにあります。
 スクリプトだけを単独で走らせると問題ありません。 ところがAudio_Hijack_Proのスケジュール録音からだと、VLCが立ち上がるまでは問題ないものの、その先のOpenURLとplayが機能していません。 これはVLCが立ち上がるまでの時間をAudio_Hijack_Proが待てずにスクリプトを発し、VLCはそれを受け取れないという状態になっていると考えられます。
 
 あれこれ試行錯誤した結果、Audio_Hijack_Proの"Schedule"タブに複数のスケジュールを登録できることに注目。 そこで、まず一行目にVLCを立ち上げるだけの命令を入れ、二行目に本来のOpenURLとplay命令を入れると、従来通り録音できるように戻りました。 
 ただし、なぜ今回のトラブル前は一行のスケジュールで対応できていたのかは不明です。

 
 改めて手順を整理すると下記のようになります。 冒頭に貼った元発言元々発言も参考にしてください。
 
※Macのシステム環境設定>省エネルギー設定>スケジュールからのスリープ解除は、Audio_Hijack_Proが自分でMacを起こすことがわかったので、不要でした。
(すいません、この項目間違いで、やっぱりOS側から事前に起こさなくてはなりませんでした。ほんと、今回のアップグレード騒ぎ、何回番組を落としたか...|2014/2/27追記)

1.録音指定時間2分前にAudio_Hijack_ProがVLCを立ち上げ。
 "Action"は"Mute"のみ。(にもかかわらず15秒ほど音が出る)
2.録音指定時間前1分前に[1]のスケジュール終了。
3.録音指定時間に本来のスケジュール開始。
 "Input"も以前のまま。
Record01
Record02

|

« 2013年春MacBook Pro 13のお粗末 | トップページ | 抹殺が当然とする抗議にどう対処すべきか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013年春MacBook Pro 13のお粗末 | トップページ | 抹殺が当然とする抗議にどう対処すべきか »