« 今どきのBDをリッピングする方法(Windows必須) | トップページ | 謹賀新年 »

今どきのBDをリッピングする方法(Mac必須)

Freeavchd んで、今どきのBDは、拡張子m2tsというファイルフォーマットで記録されています。 ディスクに限らず、AVCHDと呼ばれるビデオカメラもこの方式だそうです。
 残念ながらMacのQuickTimeでは直接読めないので、ここでファイル変換が必要となります。 ただ単に変換するならいろいろあるのですが、マルチCPUに対応していないと非常に効率が悪く、最終的に行き着いたのがアップルのAppStoreで見つけた"Free AVCHD to Mov"という無料アプリ。

 最初はVLCの変換機能を試したのですが、変換後のファイルが前後がガクガクと入れ替わるエラーが起こって使い物になりませんでした。 ネットではこれを再生マシンの能力不足と指摘する人がいますが、今どきのCPUなら余程でかいファイルでない限りこれにはあたらず、単にVLCの問題かと想像します。
 
 実は先の発言で書いた虫国製変換ソフトである"Any Video Converter"もMacバージョンがありましたが、無料バージョンは変換するファイル長に制限があります。 ただし、その範囲内ではマルチスレッドに対応しているのを確認しました。
 余談ながら、この後にWindowsバージョンが百度IMEを連れてくることがわかったのですが、Macということでこちらのほうはあまり神経質に考えていません。 今度インストールログを確認することにします。 

 さて、AppStoreの"Free AVCHD to Mov"は複数のファイルを一気に変換をかけることも可能で、アクティビティモニターのバーを見ると四本全開。 うんうん、最高効率だね。 さらに急ぐ時には事務所のiMacで行えば八本で処理できますね。
Freeavchd2

 出来上がったファイルは拡張子".mov"、中身はH264とAACクオリティ。 これをQuickTime Playerで開き、不要部分を削除すれば終了です。
 同内容のものをアナログで変換したものと比較すると、細かい線画部分の表現がより忠実になっていることに気付きます。 逆に目を見張る程違うかというと、う〜ん、iPhone5sの画面で見る限りそこまでは差異を感じません。 同じファイルをMacBook Pro. Retina上のiTunesで確認するとその差ははっきりするのですが。
 
 ま、こんな方法が無いわけじゃないよ、ということを知っていると、なんとなく消費者としても力強いよね、というお話でした。

|

« 今どきのBDをリッピングする方法(Windows必須) | トップページ | 謹賀新年 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます
今年も行間を読まないコメントで失礼します

BDのメインストリームはm2tsファイルにありますが、
それだけではない場合が多くあります

多重音声(多言語)や字幕(サブタイトル)は別ファイルに
あるので併せてエンコードした方が便利です
(また複数ファイルに分かれてる場合もあります)

Macintosh アプリケーションは試せないのですが、
いちおう私の紹介した(Mac OS版もある)HandBrakeでは
音声やサブタイトルも選択でき、さらにチャプターか
時刻範囲を指定してエンコードできます
(もちろんマルチスレッド対応です(Windows版は))

英語でも日本語でも字幕なしに楽しめる方以外には
その辺りの説明も加えられたらいかがでしょうか

以前、けっこう有名なマンガのm2tsファイルに英語
音声のみ入ってて焦りました

なお、2カ国語音声の片方のみの選択も可能です


あと、今時ならQuickTimeではなくMPEG-4形式で保存
されるのをお勧めします

MPEG-4は、QuickTimeファイルフォーマットを元に
規定された形式なので、iTunesやアイホンでも使えます

何よりISOの標準形式なので将来的に潰しが効くと
思うのですが、もちろん個人のコレクションに何を
使うかは自由ですけど

しかしm2tsファイルのAVCHDコンテナが扱いにくい
のも独自規格なためです

せっかく紹介されるのですから汎用的な形式について
も触れられた方がよろしいかと思います

投稿: t2 | 2014年1月 1日 (水) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今どきのBDをリッピングする方法(Windows必須) | トップページ | 謹賀新年 »