« 爪楊枝でジャック穴をホジホジ | トップページ | ISP淘汰時代再び »

オーディオテクニカATH-CKM500

 電車の中でiPod nanoに接続して使っていたオーディオテクニカのイヤホンが(いや、私がこれをヘッドホンと呼ぶと、学生たちは、イヤホンだ、ヘッドホンはいわゆるパッドのついた、昔からの外見のものを指すのだ、と言われました)、妙な壊れ方をしました。

 どう妙か、というと、音像が左に偏ってきたのです。 通常こういう単純な機械は、鳴るか鳴らなくなるかの二者択一だと思い込んでいたので、最初は「あ〜、ついに耳がアンバランスに老化した」と落ち込んでいました。
 ところがある日、間違えてこのイヤホンの左右を間違えて耳に差し込んだらこんどは右がクリアに聞こえて、ありゃ、片ユニットがへたってるんだ、と判明した訳です。

 仕方がないので、暫くiPhone付属のリモコン付きイヤホンマイクを使ってみました。 いや、これが純正付属品の割にはバランスのとれた音なのに感心。 こいつが発表されたとき、「スピード感のある低音再生を目指した」という開発者のコメントを目にしたのですが、うん確かに、多分数値的には大したことないんだろうけど「ながら」で聞くには疲れない、そして今風の音楽再生には欠かせない低音もドスっと出して、私は割と気に入りました。

 ただ、セミインイヤーなので、騒音の大きな電車の中では致命的。 いや、JR西日本の新快速って高速でぶっ飛ばすのでほんと、うるさいのですよ。 それに対抗しようとボリュームを上げると、今時恥ずかしいシャカシャカ音漏れが避けられないのがこのセミインイヤーの宿命。
 やっぱり完全インイヤー、いわゆる耳栓タイプかなぁ、と思うものの、先立つものはなし。 と、ふと思い出したのが結構貯まっているはずのNTT西日本のポイント。 たしか交換商品の中にインイヤーイヤホンもあったはず。
 という流れで見つけたのが題名のオーディオテクニカのATH-CKM500。 というか、このジャンルではこれ以外に選べなかった。 でも無償ってのはありがたい。

Ckm500 まだ現役で販売している機種なので、詳細はメーカーページで確認していただくとして、ウリは「真鍮製削り出しリングスタビライザー搭載による繊細な高音と、大口径φ12.5mmドライバーによる豊かな低音」のようです。
 オーディオテクニカのイヤホンとはなぜか縁があってこれが三セット目。 この内二代目は最初、音のバリがひどくてエイジング無しでは使えませんでした。 ところがこの三代目、最初から良い音してます。 言葉で表すと、解像度の高い音というのがこういうのかもしれません。

 高音成分が豊富なので、バイオリンのソロだと弦が押さえられたときの指板の響きまで再現されています。 低音はアップル純正がドーンならこちらはボーンとう感じで、ベース弦がちゃんと震えているのが聞こえます。 もちろん、エイジングせずにこの音、ということは時間が経つに連れてどう変化するか、あるいはしないのか不安な部分もあります。 そしてふと考えたのが、自分の耳の衰え。

 私は三年くらい前から高音成分が聞こえにくくなっています。 真っ当な老化現象です。
 わかりやすい例が、街の不良対策に有効なモスキートノイズ。 一度試しにネット上にあるそれを教室で再生したら、私には全く聞こえませんでした。 これはiMacのしょぼいスピーカーのせい、と思ったら、20代前後の学生達はほとんど不快そうな表情。 げ?みんな聞こえてるの?ってオチです。
 つまりそれだけ高域が減衰してしまっている耳で心地よい高音に聞こえるATH-CKM500は、そこまで至っていない人にとっては、非常に高音が強調された製品なんじゃないか、と問われても反論できません。
 開き直ってしまうなら、高音がそろそろ聞き取りにくくなってきたミドル以上にとって、非常に素晴らしい製品、と言い切ってよいのかも。

|

« 爪楊枝でジャック穴をホジホジ | トップページ | ISP淘汰時代再び »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 爪楊枝でジャック穴をホジホジ | トップページ | ISP淘汰時代再び »