« ドコモのサービス感覚 | トップページ | 今どきのBDをリッピングする方法(Windows必須) »

お百度IMEを踏んだ

Baiduime1_2

 先日来より、リッピングしたBDの映像を「あくまで自分用に」編集しようとあれこれやっていました。 最終的にはBOOTCAMP上のWindowsでリッピングし、Macでファイル変換、編集という流れに落ち着きましたが、そこに至るまでに最近ニュースでも改められて取り上げられたBaidu (百度・バイドゥ)IMEを踏んでしまったので、まずそちらを先に記しておきます。
 
 ダウンロードしたのは「Any Video Converter フリー版」。 M2TS動画をMP4に変換するアプリケーションです。 サイトは日本語ですが、ところどころ、いわゆる「てにをは」がおかしい。 名前も有名なリッピング環境アプリである"AnyDVD"と似ている。
 トップページの会社情報は404。 アフィリエイトが高額。 そこからは見られる会社情報には本社所在地が書かれていない。 怪しいといえば怪しい

 とはいえ、Windowsはメイン環境ではないし、最悪BOOTCAMPごと削除してしまえるので、とりあえずダウンロードしてインストール。 これが金曜日。
 画面を眺めていると、終わりの方で突然「Baidu IMEの設定が...」的なメッセージが出てきて、あ、しまったと、気付くわけです。 それ自体は拒否すると、一見何もないように見えましたが、別件で再起動したら言語バーが勝手にBaidu IMEに。 あちゃ〜、これかい、噂のキーロガーもどきのIMEが勝手に入る仕組みは。
 
 幸いにして既に一年程前にこちらに詳細な削除方法を残して下さっているので、これを基にシステムの中までクリーンアップ。 ありがとうございます。
Baiduime4
 
 「日本鬼子は猫耳娘出しときゃ喜ぶんだろ」的なセンスも含め、ほんに虫は何をするやら、と書いて終わろうとしたのですが、先程来から同じことを再現しようとしているのに、"Any Video Converter"はインストールするのにBaidu IMEがインストールされない。 というか、金曜日に深いところまで潜って消したファイル群すら入っていません。
 自分の勘違いの可能性もあるので、あれこれ記録を見てみましたが、間違い無し。 う〜む、虫国政府が日本の報道が大きくなってきたので配布方法を改めさせたか...? でも今更?
 
 いえ、別に落合流陰謀説を唱えるつもりはありません。 先月読んだ中央公論に中国の諜報活動といってもスパイ映画のようなものはまれで、今ならビッグデータと呼ばれる様々な会話や記事、を多数の運動員が集めて本国に送ることが中心だ、と書かれていたことが出典です。
 しかしIMEの場合は特定の個人が作成した文章、つまり意思がまるまる流れてしまうわけで、単なるビッグデータと呼ぶにはあまりに詳細です。 という観点と、同じデータ/バージョンなのに突然配布形態が変わる不自然さも加わると、これはやはり虫国政府が裏にいると考えるのが自然かと思われます。

 一方で福島県の役場のデータもこれにより流出、というニュースはちょっと首を傾げます。 Baidu IMEがIMEであるかぎりはキーボードから入力したデータ以外のデータを送信したりすることはないわけで、もしそうなら影でもっと巧妙なインストール構成を取る悪質なスパイウエアということになります。
 
 私としては、冒頭のニュースが右翼的位置取りがはっきりしている読売新聞であることで、いかにも悪質に書かれていると割引くと、IME自体はそこまででは無いと思いません。 それを言い出したらGoogle IMEだって底で何をしているかわからない。 スノーデン君に誰か聞いてくれ。
 それよりも。そもそも大学はともかく、役場のPCがちゃんとした管理者権限設定すらされていなかった方を責めるべきかと考えます。 「いつ入ったかわからない」は公的PCでは本来あってはならない恥ずかしい答えのはず。
Baiduime2
やーい、泣け泣け〜

|

« ドコモのサービス感覚 | トップページ | 今どきのBDをリッピングする方法(Windows必須) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 普通の人が普通にソフト検索してダウンロードしたらこうなった、ということです。 そして普通の人が慌てること無く、落ち着いて対処するための参考になれば幸いです。
 その為には、できれば同じ条件での再現性は重要なわけで、この耐侵食性の強みははバーチャルOSならではです。

>>猫耳に流れるのもわかりますが
 いや、全然わかってませんよ。

投稿: あやおば | 2013年12月31日 (火) 15時54分

先生はワイルドな人生を目指してるのでしょうか?
それともネタを求め、あえて火中の栗を拾うのでしょうか?

フォーマット変換ならフランスの定番フリーソフトがあります

基本英語版ですが、CSSにも対応してますし、なにより
Mac OS版もあるので試されたらいかがでしょう?

◆HandBrake
ttp://handbrake.fr/

またバージョンは追いついてませんが、有志で作成されて
いる日本語版もあります

◆HandBrake Japanese Language Version
ttp://sourceforge.jp/projects/handbrake-jp/

マンガ好きな先生が猫耳に流れるのもわかりますが、
フリーソフトでしたらコミュニティを提供している
SourceForge や GitHub からまず探されるのが無難
かと思います


Baidu IMEに関しては2009年から問題視されてました
ので、今さらという感がしますが

◆絶対にインスコするなよ!絶対だぞ!
http://ichimonji.tumblr.com/post/287097253/96-2009-12-16-19-48-08-id-tw3ezz880

なお送信してるデーターは全角文字に限ってるそう
なので、個人の意思がまるまる流れてしまうわけでも
ないと思います

◆入力情報を送信するIME
http://www.netagent-blog.jp/archives/51969764.html

以前参加した講習会講師にSimeji開発者を見かけたことが
ありますが、まだ若い人でした

思うに中国資本ながら、Baidu IMEも含めて日本開発で、
コードやデザインをするメンバーは揃ってても、IME開発の
経験や常識がないのかと思います

「Google 日本語入力」だとクローラーと検索リクエスト
からの膨大なデーターを利用できますが、まず材料のない
Baidu IMEは、いきおいクラウドに頼ったのかと勝手に
想像してます

やはりおじさんIMEと言われても、今年で30年の歴史と
信用のあるATOKがいいかと思います


昨年、この本を読みました

◆システム障害はなぜ二度起きたか
ttp://netstore.nikkeibp.co.jp/FYI/111005/112768/?ST=a_pc

先生も使われてるMUFGは、システム担当役員が頭取への
道程なんですが、そうでない銀行においてシステムの
重要性が経営に生かされてなかったようです

またこんな話もあります

◆Windows XPの移行よりも先にIT担当者が直視すべき3つの事実
ttp://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1311/29/news040.html

これから思うに中小企業や役場レベルで、管理者権限
云々という話は無理と思います

いまだにWindows XPシェアが高いのも、トップダウンで
しか解決できません(私も現場員です)

その好例が今の大阪市になるでしょうし、全国の役場と
なると行政トップである首相にユーザーグループの
変更くらい経験してもらわないとダメですね

無論、天皇陛下に背いてまで票取りに靖国神社へ
参拝するのが忙しくて無理なんでしょうけども...

◆靖国神社に参拝することに賛成な方に、一つだけ質問
ttp://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51902241.html
◆靖国問題のお金の資料を淡々と並べてみる
ttp://blogs.bizmakoto.jp/fukuyuki/entry/17203.html

投稿: t2 | 2013年12月31日 (火) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドコモのサービス感覚 | トップページ | 今どきのBDをリッピングする方法(Windows必須) »