« ハードディスクをぶっ壊す | トップページ | 2013冬アニメ中間報告 »

PowerMac G5のRAID1再構築

Raid11 昨日の分解に続いてハードディスクネタが続きます。
 一ヶ月程前、事務所のPowerMac G5 Quadのディスクユーティリティを立ち上げたら、RAID(1)が崩れていると表示されていました。 ここ暫く、スリープ復帰後に無反応時間があったのはこれが原因だったようです。
 
 このG5Q、活躍の機会が減ったとはいえ、それでもファイルサーバーとファックス受信、及び一部のPPC環境を要求するアプリに必須の存在であり続けています。 これを機会に中古のPPC Mac miniに替えてコンパクト化とかいろいろ考えては見たものの、出費を抑えたいので内蔵3.5インチドライブを購入してRAID再構築に望みました。
 
 いつもなら迷わず秋葉館で購入するところを、送料無料に惹かれて今回はamazonでWD(ウェスタンデジタル)のWD5000AAKXというSATA3(6.0)500GBを購入。 取り外したのはSeagate日立の2007年モデル。 6年保ったんだから文句はありません。
 ところが、これがディスクユーティリティで認識できません。 おりょ?

 Appleの日本語サイトではなぜかPowerMac G5の技術資料が無く、米国のサイトで調べると、私のモデルはLate2005モデルで、HDDバスは150-MBps SATAとありましたから、いわゆるSATA-Iです。 購入したHDDはSATA-III。 事前に軽く調べたらSATAは前規格互換ということだったので、何も迷わなかったわけですが、その後、調べたらIIIとIは互換が無いということが判明。
 ただし、メーカーのサイトを見るとジャンパピンの説明の中に"PHY enabled"というのがあり、SATA-IIIの半分の3.0Gb/sに落とす設定がありました。 しかし同サイト内にはPHYについての説明はありません。
 
 とはいえ、他に手は無いので藁をもすがる気持ちで、G5Qの電源を落としてからたまたま手元に余っていたジャンパピンを装着。(ちなみにWD5000AAKXのパッケージにはピンは含まれていません) えいや、と電源ボタンを押したら、「このディスクは使用できません」という、普段ならどっきりするメッセージが出て、めでたく問題解決です。
 
 Appleのディスクユーティリティはインターフェースが直感的とは言えず、慎重に作業した結果、RAIDの再構築も二時間程で終了、もたつきも解消されて、どうやら問題解決のようです。

 3.0Gb/s標準のドライブに買い替えるか、RAIDは諦めて外付けケースを追加で揃えてTimeMachine対応にするか、とかあれこれ考えて憂鬱でしたが、取りあえずは最低限の出費で済んだようです。 やれやれ...
Raid12

|

« ハードディスクをぶっ壊す | トップページ | 2013冬アニメ中間報告 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハードディスクをぶっ壊す | トップページ | 2013冬アニメ中間報告 »