« こんなときにUSBメモリがあれば... | トップページ | 枯れ葉よ〜♪ »

こうしてますます自閉度を深めて行くのだろう

Headphone2
 暫く前から気になっていたワイヤレスサラウンドヘッドホンを買いました。
 モノはパナソニックのRP-WF7。 価格はamazonで1.4万円台、リアルショップのヨドバシで1.5万円台。 一見高いようですが、SONYやらBOSEと比べたら安い方です。
 
 音質はというと、正直に値段通りというか何というか、間違っても音楽を聴く為のものではありません。 あくまでテレビの映像用。 リアルサウンドとかではなく、コントローラーで疑似サラウンドを生成させて、逆に通常のヘッドホンでは得られない音場の演出を得るためのものです。
 
 最も期待していた市販タイトルのBD(Toy Story)は、なぜかDOLBY PLIIにならず。 なんで??
 ではライブ音源は?と試したのが、以前NHK BSでやってたビリー・ジョエルのライブ(DR録画)を再生。 おお、今度はちゃんとDOLBY PLIIに。 最初は低音ブーストかけてましたが、そのうちブースト無しに。 この方が慣れると耳が楽かもしれません。
 装着感もそれほど素晴らしいとは感じないものの、約二時間のライブを見終わっても特に痛いところや、頭痛等もないので案外悪くないのかもしれません。
 
 そうそう、もともとこのヘッドホンって、溜まったアニメを周囲を気にせずに消化しようと買い求めたものです。 その肝心のアニメはシネマモード+低音ブーストにすると、うん、例えばサンテレビで再放送している「マクロスF」も、BGM音場が広がってリラックスできます。 モードはこちらもDOLBY PLIIですが、当然疑似サラウンド。
 
 そう、サラウンド度はリアルスピーカーシステムの5.1ch.にもかないません。 後ろから音がして、はっとする、というような効果はこれまで試した音源では体験できませんでした。
 でもまぁ、何よりワイヤレスですから、木製ドア二枚隔てたキッチンやトイレにそのまま気軽に立てますし、リアルサラウンドには程遠くても、気がつくと映像世界に没頭できていますから、1.5万円の出費としては妥当じゃないでしょうか。 何より深夜にリアルサラウンドのサブウーハーを鳴らすわけにもいかないし。
 
 さて、題名の件。
 以前NHKのサイエンスゼロで自閉症スペクトラムという、新しい自閉症の認定範囲について流していました。 それを見ていたら私もその範疇にいることが判明。 そうだねぇ、最近、基本常時ドア閉だもんねぇ... 本音では自分一人の世界に閉じこもってるもんねぇ... 否定することはできません。
 で、こういうヘッドホンは、さらに自らのATフィールドを堅牢にするだけじゃないのかとは気付いています。 もう、それでもいいけどさ。

|

« こんなときにUSBメモリがあれば... | トップページ | 枯れ葉よ〜♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんなときにUSBメモリがあれば... | トップページ | 枯れ葉よ〜♪ »