« 2013夏アニメの感想(1) | トップページ | ドコモのiPhone Sを予約した »

2013夏アニメの感想(2)

 昨日の続きです。
 
■とある科学の超電磁砲S

 禁書目録よりもこっちがお気に入りだったので非常に期待したのですが、今ひとつだった気がします。 前作はもとより、禁書目録も全部見てない人は多分分からない部分が多く、脚本のスピードも鈍くて、2クール使った割に散漫な印象が残りました。
 結局、まずは御坂の孤独な戦いを描き、そして友人達と力を合わせるという流れ。 最終回はやっと得意のスピード感が出たけど、謎の超強力的女達は最後は命令無視みたいな形でぞんざいに扱われて、投げやり感すら伝わってきます。
 敵彼女達については続編狙い?とも思えないことも無いですが、こんな内容だったらもういいかな、ともファンですら思ってしまいました。 もうルーズソックスの時代でもないですし。

 でも相変わらず絵は奇麗ですよね。 特にビビッドな色の使い方は、ただ見ているだけでも満足できました。 そして黒子はいつも最終回格好良いのでした。 今回も前回と同じく空飛んでました。


■げんしけん2代目

 いくつか前作があったのを後で知りましたが、私はこのシリーズは初めて見ました。
 以前やってた「放浪息子」の大学版かなぁ、と思いつつ、結局最後まで見てしまったという。 高校時代に虐められた過去もありつつも、「放浪息子」と違って暗さが無いのが良かった。
 
 というか、大学になると小中高的クラスの縛りも薄く、特異な趣味に理解がある最小単位(この場合はサークル)があれば、案外平和に幾分倒錯的な趣味を謳歌できる可能性はあります。 特に地方で他人の目を気にしつつコソコソ生きている高校生達は都会の大学生活に夢を持ったかもしれません。 それもまたアリかと。

 さて「放浪息子」で非常に重く捉えられていたヒゲについてもこちらでは「あ、生えてきた」とごくごく普通に、かつリアルに対処してましたから、たった数年の間になんかが変わったなぁ、と変なところで感心してしまいました。


■〈物語〉シリーズ セカンドシーズン

 これもファースを知りません。 というか、最初の何回かを見てフォローするのをやめたんだと思います。 だってソードもの、魔もの、巨乳もの嫌いだから。 が、今回は現在体育会系クラブに入って全くアニメを見られなくなった娘のリクエストで録画。
 
 一応、何回かをパラパラ見ている限りは、構図がグラフィックデザイン系なのに気付いて、ちょっと感心しています。 こういうのって以前どこかで見たな、としばし考えて思い出したのが「輪るピングドラム」。 あれもグラフィックデザイン的実験が多数施されていました。 でも最初の数回がだるくてこれまた見るのを止め、後の展開を見て後悔したんだけど。
 
 で、取りあえずこの〈物語〉シリーズ、アニメというより、バーのBGV的に流しっぱなしにするのが案外格好良いかと。


■ローゼンメイデン

 正直言って何が良いのか分からない、と思いつつ、最後まで見てしまいました。 女子学生の間で人気があるのも捨てきれなかった一因かも。
 その一人に、人形のキャラが非常に丁寧に美しく描かれているのに、男性キャラが手抜きであるのが疑問だ、と質問したら、「ターゲット層がそういうのを求めていないからでは」と答えが返ってきました。 つまりはこれは心の底に人形愛を一生抱える女性向けアニメなのだということです。
 いや、でも案外、いつのまにかピラミッドから崩れ落ち、街の三流大学にすら毎日通えないような劣等生が、気合いを入れ直すきっかけになる可能性が無きにしも非ず。
 
 蛇足ながら、題名はドイツ語だとばかり思ってたら、英語だということをネットで知りました。 そういえばアイアンメイデンっつうのもおりましたな。


▲私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

 接頭語に▲がついておりまして、一応録画したんだけど、結局まともに見ること無く全部削除しました。 だって絵が汚すぎ。 鷹の爪的ギャグ漫画として見ようとするにも、いじめ的な少々痛いところがあってこれも無理。 学生一押しだったんだけど、無理でした。


×銀河機攻隊 マジェスティックプリンス

 接頭語に×がついておりまして、完全な駄作という意味です。 こんなのに2シーズンかけたとは良い度胸してます、関係者。 一方で、最新の3Dシステムでメカものを作れば、駄話でも一応作品になる、という例としては素晴らしいかも。
 
 SEEDを彷彿させる平井久司のデザインも、新しくなったのかボケてしまったのかよく分からない線。 それはともかく、内容もSEEDに酷使。
 主人公は戦闘用に作られたコーディネーター的謎の人間達。 敵側からまさかのお姫様の亡命。 最後には母国の戦士達に戦闘放棄を呼びかけるラクス様に。 ラスボスは最近のアニメによくある狂気の青白男。 部下は銀河英雄伝説から連れてきた。
 ガンダムではないものを、という触れ込みで作ったようですが、単にガンダムを羨んだ他陣営の模索失敗作、と敢えて切り捨てておきます。

|

« 2013夏アニメの感想(1) | トップページ | ドコモのiPhone Sを予約した »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013夏アニメの感想(1) | トップページ | ドコモのiPhone Sを予約した »