« となりのドコモ | トップページ | 最近の電車のドアは結構強い »

八尾まで谷町線をプチ放浪

 連休最後の日、ふと気付くとオンワードのバーゲンが最終日となっていました。
 今のところ特に欲しいものはないんだけど、前回も行っておらず、あまり欠席がつづくと案内状を止められるかもしれません。
 まぁ、会場の社食であのデミグラスソースがけオムライスを食うだけでも良いかぁ、と京阪バスに乗りました。 太子橋今市で地下鉄谷町線に乗り換えて会場に。
 
 入り口で招待状を渡したら、売り場には目もくれず社食のフロアに。 ところが食券売り場にオムライスがありません! 確か二回前に来た時にはまだ食べられたのに、あ〜、無くなってしまった。 契約業者が変わってしまったんでしょうかね〜。 結構気に入ってたのになぁ。
 
 とりあえずコーヒーとサンド(これはこれでうまかったけど)を食べて、一応メンズの売り場に降りてみると、さすが最終日。 割引率は少し大きくなってるけど、大したものが残ってない。
 そんなこんなで何となくしらけてしまい、さてどうするべぇか、と会場を出て空を見上げたら伊丹空港に降りる飛行機が目に入りました。 それを見て、そうだこのまま谷町線に乗って八尾空港に行ってみよう、と決定。
 
 この谷町線、北は守口市の大日から南は八尾市の八尾南まで大阪平野をCの字型にうねる長い路線で、このバーゲンで利用する度に終点まで行ってみたいな、とずっと思っていました。
 丁度今、分家のblogで八尾空港ネタで遊んでいて、終点の八尾南駅と空港は隣みたいなものであることが判明したのも好奇心を盛り上げていました。
 
Yao41
 梅田を超えて、谷町筋、天王寺、と市内をうねうねだらだら走り抜けますが、地下鉄は車窓の風景が無いので退屈。 終点八尾南の直前で地上に顔を出し、まぶしいまぶしい。
 阪急梅田のような都会の例外を除いて、昼下がりの行き止まり駅は人影もまばらでいい感じ。 ちょっとした旅行気分。 駅の表口は妙に派手で、よく見たらバブルの頃に一世を風靡した子供服ブランドの本社が見えます。

Yao44
 が、私の目的地は裏口の長い跨線橋を渡った先。
 駅の北側には奇妙な程だだっ広い空き地があり、一応掘り返しかけた跡はあるものの、それ以上開発しようとしたようにも見えません。 不思議に思って帰ってから調べてみたら、何とここまでがかつての八尾空港の駐機場だったんですね。 確かに国土政策局のページで1979年当時の空撮画像を見ると、むしろ今より多い軽飛行機が、長い長い誘導路を通ってここに駐機していました。
 に、しても公立の駐輪場以外は三十年間このままで放置されているのが不思議です。 再開発計画は立てられているようですが、いろいろ利権が複雑に絡まっているんでしょう。
 
Yao42
 さて、その誘導路跡に整備された道路を通って八尾空港に。
 と言っても、伊丹空港のように見学施設があるわけではないので、柵の外をうろうろするだけ。 その間も数機の軽飛行機が離着陸をします。 迫力はありませんが、FSXでよく飛ばす機体ばかりなので、親近感があります。
 私以外には近所の父娘が見学。 この娘さんが結構興味深そうに離発着を眺めていましたから、末は管制官? いやいやパイロットを夢見てる? ええこっちゃ。
 
Yao43
 とはいえ、別に知り合いがいるわけでもないので、印象的なVOR/NDBアンテナを写真に収めて撤収。
 帰りは天王寺で降りてJR環状線に乗り換え。 JR天王寺もいろんな路線が乗り入れて、阪和線・関西線の快速を一周回して来る運用等、結構飽きません。 でも今日はハルカスを下から眺めておしまい。

Yao45
Yao46

|

« となりのドコモ | トップページ | 最近の電車のドアは結構強い »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« となりのドコモ | トップページ | 最近の電車のドアは結構強い »