« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

最近の電車のドアは結構強い

 先の八尾までの地下鉄プチ放浪の途中の出来事。
 天王寺を超えた辺りで、腰の曲がった、歩くのもおぼつかない老婆がひとりやっとこさの呈で乗り込んできました。 すぐ横に空いている席があるのに、わざわざ少し遠目の席に座り、危うく電車の発車のショックで転びそうになっていました。 あ〜、ボケとる。
 
 これが終着駅近くになって降車されたわけですが、電車が停車してからおもむろに立ち上がって私のすぐ横のドアに向かって来ました。 その歩みの速度があまりに遅いので、多分ドアが閉まってしまう。
 
 あ、わたくし、特に自分が中年になってから余計に敬老の念というのが薄らいでいます。 住んでいる地区に老人が多いせいか、老人の厚かましさやどんくささに嫌気がさしているのかもしれません。 まぁ、私が後を追う時にはせめてああはなりたくない、こうはしたくない、と反面教師としては重宝させて頂いています。
 
 ただ、そんな私でも自分のすぐ横で老婆のギロチン処刑は見たくない。 いや、ふざけた表現じゃなく、腰が思い切り曲がっているので、勢い頭と首が前方に突出してるし、恐らく腕にそれを防ぐ力は無いはずですから。
 仕方ないので、立ち上がってドアが戸袋から出ないように右手でインターセプト。 ババぁは一応こっちを見て一礼しましたが、自分の置かれている状況が今ひとつ分かっていない様子。 だから年寄りは嫌いだ。
 
 ところがこの市営地下鉄車両のドア、力が強い。
 昔、国鉄の通勤電車の主流が101系だの103系だのの時代、国鉄マンだった亡父の部下から、両開きドアは構造上、動き初めと終わりのトルクが弱いと聞かされていて、実際これまででも似たようなケースの時にそれを体感していました。
 が、最近の両開きドアは動力が空気から電気になっていて、恐らく二枚のドアを同調させるのもアームではなくギアかなんかじゃないかと思われます。 よって、最初からトルクが結構大きくて片手では止めきれません。
 
 おりょ、と負けずに力を入れ直したら、車掌が異変に気付いたの開扉に切り替え。 こちらもドアから顔と腕を出してアピールして事無きを得ました。(最初からこうすれば良かったんだけど、これはこちらもギロチンの可能性があるので避けた)
 
 そんなこんなでババぁはその後、どこかに消えましたが、こちらと言えば手が汚れてる。 車両洗えよ>大阪市交通局
 しかし、あのバァさん、これまでもこれからもずっとあんな調子で地下鉄に乗ってるんだろうか。 いや、乗らざるを得ないんだろうけど。

| | コメント (4)

八尾まで谷町線をプチ放浪

 連休最後の日、ふと気付くとオンワードのバーゲンが最終日となっていました。
 今のところ特に欲しいものはないんだけど、前回も行っておらず、あまり欠席がつづくと案内状を止められるかもしれません。
 まぁ、会場の社食であのデミグラスソースがけオムライスを食うだけでも良いかぁ、と京阪バスに乗りました。 太子橋今市で地下鉄谷町線に乗り換えて会場に。
 
 入り口で招待状を渡したら、売り場には目もくれず社食のフロアに。 ところが食券売り場にオムライスがありません! 確か二回前に来た時にはまだ食べられたのに、あ〜、無くなってしまった。 契約業者が変わってしまったんでしょうかね〜。 結構気に入ってたのになぁ。
 
 とりあえずコーヒーとサンド(これはこれでうまかったけど)を食べて、一応メンズの売り場に降りてみると、さすが最終日。 割引率は少し大きくなってるけど、大したものが残ってない。
 そんなこんなで何となくしらけてしまい、さてどうするべぇか、と会場を出て空を見上げたら伊丹空港に降りる飛行機が目に入りました。 それを見て、そうだこのまま谷町線に乗って八尾空港に行ってみよう、と決定。
 
 この谷町線、北は守口市の大日から南は八尾市の八尾南まで大阪平野をCの字型にうねる長い路線で、このバーゲンで利用する度に終点まで行ってみたいな、とずっと思っていました。
 丁度今、分家のblogで八尾空港ネタで遊んでいて、終点の八尾南駅と空港は隣みたいなものであることが判明したのも好奇心を盛り上げていました。
 
Yao41
 梅田を超えて、谷町筋、天王寺、と市内をうねうねだらだら走り抜けますが、地下鉄は車窓の風景が無いので退屈。 終点八尾南の直前で地上に顔を出し、まぶしいまぶしい。
 阪急梅田のような都会の例外を除いて、昼下がりの行き止まり駅は人影もまばらでいい感じ。 ちょっとした旅行気分。 駅の表口は妙に派手で、よく見たらバブルの頃に一世を風靡した子供服ブランドの本社が見えます。

Yao44
 が、私の目的地は裏口の長い跨線橋を渡った先。
 駅の北側には奇妙な程だだっ広い空き地があり、一応掘り返しかけた跡はあるものの、それ以上開発しようとしたようにも見えません。 不思議に思って帰ってから調べてみたら、何とここまでがかつての八尾空港の駐機場だったんですね。 確かに国土政策局のページで1979年当時の空撮画像を見ると、むしろ今より多い軽飛行機が、長い長い誘導路を通ってここに駐機していました。
 に、しても公立の駐輪場以外は三十年間このままで放置されているのが不思議です。 再開発計画は立てられているようですが、いろいろ利権が複雑に絡まっているんでしょう。
 
Yao42
 さて、その誘導路跡に整備された道路を通って八尾空港に。
 と言っても、伊丹空港のように見学施設があるわけではないので、柵の外をうろうろするだけ。 その間も数機の軽飛行機が離着陸をします。 迫力はありませんが、FSXでよく飛ばす機体ばかりなので、親近感があります。
 私以外には近所の父娘が見学。 この娘さんが結構興味深そうに離発着を眺めていましたから、末は管制官? いやいやパイロットを夢見てる? ええこっちゃ。
 
Yao43
 とはいえ、別に知り合いがいるわけでもないので、印象的なVOR/NDBアンテナを写真に収めて撤収。
 帰りは天王寺で降りてJR環状線に乗り換え。 JR天王寺もいろんな路線が乗り入れて、阪和線・関西線の快速を一周回して来る運用等、結構飽きません。 でも今日はハルカスを下から眺めておしまい。

Yao45
Yao46

| | コメント (0)

となりのドコモ

 昨日朝、家を出てふと隣の開店前のドコモショップを振り返ったら、ざっと30人くらい人が並んでいました。 もちろんiPhone狙いの方々達。
 ここにショップが入って十年くらい経つけど、人が並んでいるのを初めて見ました。 最近では初音ミクモデルだとか、もっと以前には何とかガンダムモデルの何々とかのポスターが貼られていたことがありますが、少なくともこんな行列は初めて。 もう賞味期限切れとか何とか言われていたけど、やはりドコモがiPhoneを扱うことを待っていた人がいたことになります。
 
 帰りにも見ると、具体的にどのモデルの何色がどれだけあるかの張り紙が出されていて、やはりここでも"s"のシルバーとゴールドは在庫無し。(そもそも最初からグレー以外が取り扱われていたのかどうかは不明です。)

 一方で、マイナビニュースでは三キャリアの"s"をそれぞれ手に入れてどこのキャリアが最もスピードが出るかのテストも早速公開。 この結果を見る限りでは、有利だ有利だと言われていたauが本当にダントツに速いことが証明されていました。 一方のドコモはこれまで品質回線についてけなしまくっていたソフトバンクと良い勝負か劣勢。(ま、繋がらない、と遅いは同じじゃないですけど)
 まぁ、もともと個人的にWiFiルーターで使用しているXiも全然速く感じませんから、そんなもんかな、と。

 「ええっ? まさかあなたかガラケーしか持ってないとは!」と今ではあちこちで驚かれる私はどうするか。 確かに十年以上のドコモユーザーなんですが、だからといって他キャリアを横目にずっとこの日を待っていたわけではありません。 何せ、でかいのです。 私にとってiPhoneは。

 premini(SO213i)からノキア(NM705i)と愛用している私は、携帯を常にジーンズ or ズボンの前ポケットに入れています。 なによりかさばらないし、これならマナーモードにしていても着信に気付きます。 基本手ぶらが好きなので、特にポケット類が減少する夏場に行き場に困るスマホは毎日常に持ち歩くのには躊躇するというわけです。
 あああ、ケツポケットや胸ポケットならiPhoneが楽々入るよ、という突っ込みは不要です。 服のラインをあんなもので崩したくありません。 って俺は巨人の定岡か(この突っ込みが分かる人がかなり限られる)。
 
 とにかく、現在のiPod nanoの大きさのiPhone nanoが出たらそれこそ朝から並んででも即購入するし、それがだめでも、今回のAppleの発表で出るのでは?と噂されていた独立の、或はiPhone連動のiWatchを夢見ていました。

 一方で、上で触れたように、時々外出先でネットを使う為にドコモのXiルーターは契約しているし、二年前に母用に買ったiPad(これが結局、大して使用されること無く姉経由で今手元に戻ってきている)もありますから、これらを整理して、WiFiルーター+iPod touch代わりで導入し、iPhoneは鞄の中、ガラケーはポケットの二台持ちにするか、という感じですね。
 
 にしても、契約するならChineseモデルの"c"ではなく"s"で、さらに最も品薄と呼ばれるゴールド狙いですから、仮に導入するにしても先のことになりそうです。

| | コメント (1)

小さいことからコツコツと?

 ここしばらく週一で、とあるパソコン教室にIllustratorをマンツーマンで教えに行ってます。 Illustratorを教えるというより、半ば人生の説教してるようなもんでもありますが、これでも立派なお仕事。
 
 この午後からの仕事に備え、最寄り駅のサブウェイで「得サブ」という日替わりメニュー+ドリンクSで500円というのを毎週買ってます。
 たまたまその曜日はタマゴが「得サブ」メニューで、このソースをお薦めではなくドライトマトにしたのが最高に美味しい。 野菜やらなんやらのバランスが絶妙のときは、思わず足をドタバタ鳴らしたくなる程美味しい。 のですよ、ほんま。
 
Subway

 写真に写っているのはお馴染みのスタンプカード。 これが何と先日、満期を迎えました。 いやぁ、半年の間でこれほど通うとは。
 そして印象的だったのが、とある一回のミス。

 まだ最初の頃、支払い時にカードを出すのが遅れ、あわてて出せば何とかなったものを、「まぁいいか、どうせそんなに貯まらないし」程度にしか考えずにそのままノースタンプになりました。
 ところが先日、どう考えてもカード期限&満期までにあと一個スタンプが足らないことが判明。 あ〜、あの時に、時間がかかってもカードを出して押捺してもらえば良かったのか、となんとなく因果を含められたような気がしました。
 結局、その一個のスタンプの為に、帰りにも寄ってまたタマゴを買い、めでたく5ドリンクの回数券を得た、という顛末でございました。
 
 F1やmotoGP等、シーズンをポイント数で争うスポーツ等では、例え表彰台には登れない下位に甘んじるときでも、「例え1ポイントでもシーズンにとっては貴重なポイントだ」とかなんとか選手が語るのを思い出してしまいました。
 
 いや、焼きウィート+タマゴ+ドライトマト、ほんまに美味しいでっせ。

| | コメント (1)

阪神競馬場に行ってきた

 先週、阪神競馬場に行ってきました。
 博才ゼロの私ですから、競馬場に赴くことはもちろん、そもそも競馬の仕組みもよく知らない。
 にもかかわらず、というのは、非常勤で教えている学生が公募デザインに採用され、そのご褒美というか、レース表彰のプレゼンターとして招待されたのです。 あ、だから私は単なる付き添いです。
 
 さらに休日の重い腰を上げさせたのが一行の控え室代わりに貴賓室へ招かれたこと。 いやいや、なかなかこういう機会はございませんよ。
 何度も言うように馬券の買い方も仕組みも知りませんから、ただただメインスタンド最上階のベランダからの眺めを心から満喫。
 公営ギャンブルの中では競馬、中でもJRAは最も資金的に潤沢だという噂通り、敷地の広さや手入れのゆきとどきなど、確かにそこに来るだけでもストレス解消になるというのは嘘では無さそうです。
 「銀の匙」を見ているので、馬や飼育施設にはちょっと親しみがあり、さらに遠くには伊丹空港を発着する飛行機。 拘束時間が終わった後にビールを一杯。 あぁ、幸せ。
Keiba11

 馬の走る姿って、時代劇や騎兵隊、あるいは壁外調査団のイメージ、パカッパカッとリズミカルに上下するという刷り込みがあったのに、サラブレッドのそれは高速で滑るような感じで、チータなどが頭を一切動かさずに全力疾走する姿に似ていました。
 ましてそれが十頭とかまとまって迫ってくるわけで、この姿に惚れてしまう人もいるでしょう。 事実、プレスでもないのに超望遠レンズを装着した高級一眼デジカメを持ち歩いている「いかにも」の人がいたのもうなずけます。 まぁ、この人達はこのまま駅のホームにいても滑走路の端にいても区別がつかないという共通点はあるのですが...

 さて、最も印象的だったのがNo.13のハクサンムーンという馬。 他の馬が既にゲートの方向に向かっているのに、パドックを出た辺りで大興奮。 三人の厩舎係員を引きずり回し、その内一人は芝の上にぶっ飛ばされてました。 その後も同じ場所でグルグルグルグル凄い勢いで超信地旋回(戦車用語です)。 隣の貴賓室のお姉ちゃんが「目が回る、目が回る〜!」と絶叫する程。
 後で写真を見たら、馬の目がイッてます。 しかしジョッキーは冷静そのもの。 プロやな〜
Keiba12
 
 で、この馬、ゴール前でぐんぐん伸びて、(多分)一番人気だった武豊の馬を抜いてなんとクビひとつで優勝! すっげ〜
 K田兄弟的に、試合前に吠える奴に限って屁垂れ、というのがスポーツ界の定説だったような記憶があるんですが、最近はサッカーの本田みたいに吠えても勝つ時代なのかな、とふと思った次第です。
 
 あ、実は何となく千円程この馬を買ってたんですよ、なんて出来すぎたオチは私には降ってきません。 はい。
Keiba13

| | コメント (0)

iPhone 5S, C発表で

 日本時間11日未明のiPhone 5S,C発表後、待ってましたとばかりに数々の記事がネットに上がり、またそれを読んでいる人たちも少なからずいるはずです。
 
 そして一日経って、ふとYahoo!のトピックスを見ると世界のAppleの株価は一時期5%も下がったのだとか。 ほへ?と読み進んで行くと、つまりは既に漏れていた情報以上のサプライズは無く、肝心要の5Cもそれほど安くはなかったというのが大きな理由だったそうです。
 
 そう言われてみれば、本当に何一つ「え、さすがにそれは聞いて無かったよ」という話題は一つもありませんでした。 "彼"がいなくなってまだそれほど時間が経っていないので、ああだこうだと情報が漏れてきても、いやいや、本当に凄い情報こそはAppleの秘密主義に守られているはず、とまだ思い込んでいたようです。
 
 まぁ、でもしかし、だからといって下らない発表だったわけじゃありません。 少なくとも日本人にとっては未だにキャリアシェア50%弱のドコモの参加は、現ドコモユーザーはもちろん、他二社と既に契約をしているiPhoneユーザーにとっても、いいとこ取りでキャリア変更もありえるわけで、明日夕方までには発表される各社の契約条件を楽しみにしている人も多いでしょう。
 
 でもそれを除くと、車で言うビッグマイナーチェンジだったと捉えるのが順当なのかも。 だから敢えて"5"の品番を用いたわけで、アップルもほらを吹いたわけじゃない。
 そう考えると、大騒ぎすること無く、世界中のユーザー及びユーザー候補は新製品を淡々と評価すれば良い、程度の発表だったはず。 なのにそれで株価が大きく変動するってのは、やはりAppleへの期待が大きかったということなのかもしれません。
 
 あとはやはり彼の幽霊。 常に「もし彼が生きていたら」と比較される現在のAppleの試練。
 もし今回の発表内容を彼がプレゼンしたらどうだったか。 いやもしかして彼ならあの程度の内容ならジョニーやシラーに任せ切りにしたかもしれない。 と、仮定を巡らせること自体が既に彼の幽霊にとらわれている証拠です。 と、分かっていても離れられないのはもう呪いというか呪縛に近いかもしれません。
 
 そんなこんなを分かっていながらも、彼が生きていたら、とあえて比較してみると…
 
 Cのあのドギツイ色はないだろう。
 画面を見る限り、入国したての中国人語学留学生のウインドブレーカーや偽クロックスの色です。 シラーは何度も「ゴージャスカラー」と呼んでましたが、どんな趣味しとんねん、このおっさん、と思ってしまいました。 ジョニーも口を出さなかったんだろうか。
 
 プレゼン暗い。
 クック、声がしゃがれていて聞き取りにくい。 死期が迫った頃の彼を思い出してしまいます。 そしてかつてのプレゼンの人気者、シラーも暗い。
 今回の発表会は例の新しいApple本社で行われたのかな? やはり建物中に亡霊が...


※と、まさしく今、佐川急便が来て、現4Sユーザーの同居人向けにソフトバンクから何やら荷物が...
 伝票には「携帯・周辺機器在中」とある。  恐らくIT音痴の奴は何も頼んでいないはずなので、これは孫のドコモMNP対策?
 電池パック? iPad mini? 5無償プレゼント? いや、ま、ま、まさかの5C or 5S無償プレゼントとか? 他人の荷物なので開梱するわけにもいかず、さて中身やいかに!?
Softbank

| | コメント (1)

セキュリティ・マスターベーション

Post01
 少し前、郵便局から見慣れない封書が不在時に届きました。
 中身は「本人限定受取郵便物(特定事項伝達型)到着のお知らせ」。
 
 多分、先日入会したクレジットカードのセディナに申し込んだETCカードです。 でもなぜ書留じゃないの?? と、首を傾げながら中身を見るとさらにややこしい。
 
 末尾に「受取人ご本人様が当局または他の郵便局(旧郵便事業株式会社の支店に限ります)のゆうゆう窓口でお受け取りいただくこともできます。」とある。 しかし、その下には「この郵便物は、郵便局(旧郵便事業株式会社の支店を除きます)や簡易郵便局の窓口ではお渡しすることができません…(以下略)」とある。
Post02
Post03
 
 は? 郵便局で受け取れるけど郵便局で受け取れない? 意味不明。
 頼むから普通の日本人に伝わる普通の日本語で書いてくれよ、と思いつつ、仕方ないので記載の配達局に電話してみたら、そこで受け取りが可能なんだとか。 それも電話の口頭で取引成立。 
 その日のうちに、この通知、免許証と印鑑を持参して普通に書留の不在配達と同様に受け取ることができました。
 なんじゃこれ?
 
 要するに、我々が昭和の時代に「本局」、今なら「集配局」とか呼んでいる郵便局は「旧郵便事業株式会社の支店」であって、何のことは無い、実質書留などの不在配達と全く同様に出向いて受け取ることができるわけです。 いや、通常の書留なら、再配達希望日時を電話のプッシュトーンで申し込めますが、この本人限定受取郵便物はファックスか電話申請のみ。
 
 何だろう?これは、と考えてみると、これは企業のセキュリティ・マスターベーションに過ぎないと気付きました。 ここまで面倒なことを経てお客様にカードをお届けしています、という。
 誰に向けて? 顧客? いや、監督官庁に向けての口上。 ここまでやっても詐取が起きたら、それは企業の責任じゃないね、もちろん監督官庁の責任でもない、と。
 
 迷惑するのは、日長いつ来るかも分からない郵便物を自宅待機で待ち続けることができない一般労働者と、文句を言われる郵便局の職員。
 能書きはともかく、結局証明書と印鑑で受け取ることができるのなら、他人の郵便受けから不在通知を抜き取って詐取を働こうとする輩と何ら手続きが変わるわけではありません。
 まぁ、百歩譲ってクレジットカードならこれでも良いとして、圧倒的に悪用時の範囲の狭いETCカードでここまでマスかく必要あるかい?とぶつぶつ言いながら郵便局、もとい「旧郵便事業株式会社の支店」まで行って帰ってきました。
 
 しかし、こんな官僚と大企業の考えた保身術やら、独居老人の生存確認、災害時の避難補助など、なんでもかんでも押し付けられる現場の配達員の方は大変ですね。 気の毒です。

| | コメント (0)

ソニーカード終了のがっかり

 一ヶ月程前の話です。
 メインで使っているソニーカードから封書が来て、なんと来年五月末をもってサービス終了するということ。 詳細はこちら
 え? 天下のクレジットカードがサービス終了? そんな場末のコンビニみたいにあっさりと。
 
 ネットではソニーファン故にずっと持っていたのに残念、という声が上の方に上がってきていますが、私の場合たまたまというか、所持していたANAカードの提携関係が分裂して三井住友とソニーファイナンスのカードになり、なぜか前者がリボ専用となってしまった為にソニーカードを使っていたわけです。

 ところがその後、ソニーファイナンスの消滅に伴ってソニー銀行が主体となり、これがまた普通のガソリンスタンドで使えない程のダメカード
 結局、ガソリン系はたまたま利用しているガソリンスタンドがコスモになったのを機に作ったイオン系カードに切り替えることで解決。 当たり前だけどコスモ系であれば間違いなく使える。
 
 とはいえ、クレジット(信用)というくらいだから、こんな(ソニー)カードでもずっと使い続けているうちに何かメリットもあるだろうと、勝手に思い込んでここまで来た結果がサービス終了。 なんだなかぁ... 
 上記スタンドの記事の末尾にも書いたように、こちらが複数回支払いをミスっただけでばっさりと信用不足の烙印を超上から目線で叩き付けるくせに、サービスが継続できないような会社にそんなにびくびく(?)怯えていたのかと思うと、自分が情けなくなります。
 って、ソニー銀行自体も大丈夫なのかな。

 終了の案内には、今後他カード会社と提携して新しいサービスを始める予定が、という下りもありましたが、終了決定の段階でアナウンスできる内容が無いなんて多分(熱狂的なSONYファンは別として)ろくでもないものである可能性を感じます。
 
 ということで、常用カードをどうしよう、コスモカードにするか、とか考えてたら、ほぼ二日に一回買い物に行くダイエーでセディナカードという旧OMC(オレンジメンバーズカード)系のキャンペーンを発見。 どちらにせよダイエーのポイントカードは毎日持ち歩いているので、もしこのカードが取れたら財布の中のカードが一枚減る。
 とはいえ、かつて幾度か貧困の奈落の底に落ちた自営業の身、内心びくびくで申請したら幸いなことに審査パス。
 
 順次プロバイダ料金やapple, amazon, 楽天などの買い物系、W202に搭載しているETCカードもこちらに切り替えて、ほぼ移行終了。 一段落してからささやかに溜まったソニーカードのポイントをEdyに換えて書店で使ったら断裁してお役目終了となります。
 
 しかしなぁ、何の為の信用なのかと。

| | コメント (2)

梅田貨物駅の終焉のその後

 以前グランフロント側から営業終了した梅田貨物駅の解体が予想以上に進んでいるのに驚いたわけですが、そこにも書いた、敷地反対側でのお仕事がありましたので、カメラ持参で行ってきました。
 
 そこに至るまでの貨物駅はことごとく壁で覆われており、それまで当たり前だった敷地内が全く見えません。 辛うじてかつて大型トレーラーが頻繁に出入りした阪神高速出入り口対面の出口が最も広い開口部となっていました。 カップリングの写真は九年前に同じ場所で撮影したもの。
Umeda11
 
 それでもところどころ野次馬対策? or 情報公開の為に設置してあるビニール窓から見ると、広大な敷地が広がっています。 前回同じ仕事でここを通った時には、この車止めギリギリにコンテナ車が留置してあって、手前には大型特殊フォークリフト、そして向こうには無数のコンテナが積んであったのが、ほんと夢のようです。

Umeda12
 
 同じ場所をほぼ反対側から仕事先で撮影したもの。
 西九条への出発線はなぜか二番が廃止され、通過主体の一番を退避するのは三番を使うようで、何やら新しいポイントも真新しいバラストとともに既に敷設してあります。 新大阪側もポイントの廃止などがあり、完全に二番は宙に浮いた状態でした。
Umeda13
 
 同じ場所からグランフロントを望む。
 一番大きな大屋根はこちらからは見えず、手前の大屋根も最初の写真に写っていた屋上がテニスコートだった倉庫も周りに足場が立っていて、解体を待つばかりという印象でした。
Umeda14

 お馴染みのガード下から高架に登る階段から。 これで見る限り、一番大きな大屋根は既に解体済みのようです。 解体中である次の大屋根に至る敷地はまだ整地が済んでいないのか荒野然としています。「低目速度の入換」のタワーがなぜか印象的でした。
Umeda15
Umeda16
 
 構内時計は止まっています。
 動いているのは環状線とを結ぶ線を行き来する列車のみ。
Umeda17
Umeda18

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »