« MIATA(NA)バッテリー交換 | トップページ | 今回のpenはサンダーバード特集 »

シルバニアの家に癒されてしまった

 先日、授業中に女子学生がシルバニアファミリーについて私語しているのを耳にしました。
 シルバニア、そうそう、うちの娘も小学生の時にメチャクチャはまっていました。 「あかりの灯る大きなお家」というのを誕生日に買わされたのを思い出します。
Sylvanian01
 
 ところが女性はモノに対する執着が無いというのか、薄情というのか、あれほど可愛がっていたのに今では見向きもせず、挙げ句の果てに「邪魔やから何とかしてくれへん?」とお願いされる始末。
 まぁ、そのうちオークションにでも出すか、とマンション廊下の私有スペースに半ば遺棄。
 
 で、冒頭の私語。 「子どもの頃の理想は、この子達専用の部屋が欲しかった」「もう一度買い直したい」「今なら大人買いできるのに」etc... 
 「んじゃ、うちのセット引き受けてくれる?」との私の一言でさらに大盛り上がり。 取りあえず写真撮って来るから、それみて検討して、でその日は終わりました。
 
 昨日、空き時間を見つけて箱を開けてみたら、何これ? いつの間にこれだけアイテムが増えた?というくらい箱一杯状態。
 それらのほこりを拭いたり飛ばしたりで、暫定でセットして撮影したのがこれらの写真。 これでもアイテムの半分くらいしか使っていません。 よく見るとオーブンの中にはちゃんと鳥の丸焼きが入っていたり、こたつの上にはみかんと煎餅、お茶セット。 数ミリサイズのコショウ/塩入れまで揃っています。 ベッドの上に偶然並べた子ども達の表情も良い。
 そしてライトオンでもうボルテージ最高! 三脚引っ張り出して、得意の長時間露光開始。 い、い、癒されます〜〜

 この辺りで、かつて果たせなかった鉄道模型のレイアウト趣味が目を覚まし出しました。
 冬のシーナリー組んで、駅舎の待合室、売店の品揃え、そして雪つもるホーム端で通過列車のタブレットを待つ駅員、部屋を暗くして照明点灯、飽きること無く眺めたかったなぁ... そして通過するのはキハ82系か、はたまた北海道型タブレットキャッチャーのついたC62か。
 1Fは車のガレージ、2Fは隠れ家、3FはNゲージレイアウト専用のスペースが欲しかった... 今なら大人買いできたのに... などなど、気がつくと女子学生と同じレベルになっていました。
 
 ま、なんでも遊べまっさ>わて

Sylvanian02
Sylvanian04

|

« MIATA(NA)バッテリー交換 | トップページ | 今回のpenはサンダーバード特集 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MIATA(NA)バッテリー交換 | トップページ | 今回のpenはサンダーバード特集 »