« 家の前をアメリカねずみのカップルが通った | トップページ | 白昼の禁じられた風景 »

美白を愚と笑うから僕はモテないのだろう

 なんかカネボウ化粧品がえらいことになっていますね。 損害が30億だとか40億だとか。
 
 しかし、そもそもなんで女性はあんなに美白に執念を燃やすんでしょうか。 その気持ちがわからないから私はイコール女性の気持ちがわかっていないイコールモテないのでしょう。
 美白執念の女性にしてみたらこの季節にオープンカーに乗るのは公開処刑に等しいですから。
 
 ひっそり愛している、いのうえさきこという漫画家の作品の中で、酔いどれの老婆が死亡、その葬式の余りに華飾に過ぎた遺影に主人公の少年がビビるという描写がありました。
 「あんなんかわいそうや」という少年に、バァさんを死ぬまで世話を焼いたヘルバーのおばはんが「あんな、女は死ぬまで女やねん。○○君もまだまだやな」としたり顔でささやくわけですが、ほんに、女心は未だによく分かりません。 多分、死ぬまで分からないのでしょう。
 
 ブラックな落語でお気に入りの笑福亭福笑さん。 真夏に長袖+手袋+レギンス、顔全面を覆うスモークサンバイザーに片手日傘で自転車に乗るおばはんのことを「ほんま、あの格好なら○○で○○作業できまっせ」と言い放つ。
 「おばはんな、日焼けしようがしまいが、そもそも、お前の時代はもう終わってんねん」
 もう抱腹絶倒です。
 
 中には妊娠中にあまりに日光に当たらなかった為にビタミンD不足で赤ちゃんの骨格に異常を来す例もあるのだとかで、ほんま、そこまでして日焼けを避けてどうすんねん。 程度っちゅうもんがあるやろが、とほざいてしまうわけです。
 
 ふと思い出したのが故鈴木その子。 あの異常なまでの美白顔。 お前はマイケル・ジャクソンか、と突っ込んでいたのも今は昔。 でも今回の化粧品事故も根本はそこまでして美白せなあかんか、という気持ちと同じです。

 まぁ、「クッキークッキー、クククッキーフェイス♪」という歌とともに、これまた今は亡き夏目雅子のきれいに日焼けした顔からキラリと輝く白い歯に心を奪われた世代の私ですから、これ自体「お前の時代はもう終わってんねん」なわけですが...
 
 いや、そういえばうら若き頃、AVに登場するくっきりと水着の跡が残っている日焼け娘に妙に心衝き動かされたなぁ。 いや、サーファーガール、可愛いかったのよ、ほんま。 遠い目...

|

« 家の前をアメリカねずみのカップルが通った | トップページ | 白昼の禁じられた風景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家の前をアメリカねずみのカップルが通った | トップページ | 白昼の禁じられた風景 »