« ピロリ菌除去再挑戦 | トップページ | オスプレイ訓練八尾誘致を笑う前に »

アメリカ犯罪者写真の秘密

Son_usa 息子が夏の間だけN.Y.に短期語学留学するのに備え、しばらく前にネット経由でビザの申請を行いました。
 そこで写真を送信する必要があったので、いろいろなパターンで撮影したところ、結局OKになったのはストロボを真っ正面から当てる、通常のポートレートでは最も避けるべき初心者的手法のみでした。
 
 このサイト、送信されて来た写真が米国の入国審査(というか証明書写真)の要件を満たしているかをプログラムが判定しているようで、その要件とは美しいとか自然とかではなく、輪郭や顔のパーツ形状と色がいかに鮮明に撮影されているかを判断しているようです。
 
 アメリカの犯罪者がテレビで報道される時、なんであんないかにも悪人、というギトギトした写真なんだろう、と不思議でしたが、OKが出た息子の写真を見たら典型的な米国内犯罪者。 あぁ、なるほど、そういうわけだったのね、と妙なところで納得したのでした。

|

« ピロリ菌除去再挑戦 | トップページ | オスプレイ訓練八尾誘致を笑う前に »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピロリ菌除去再挑戦 | トップページ | オスプレイ訓練八尾誘致を笑う前に »