« 日航乗務員ってバカ? | トップページ | MacBook Pro. Retina 13三ヶ月 »

MacBook Pro. Retina 13熱対策

 ネットショップのメルマガって、基本的にうっとおしいので拒否しているのですが、Mac関連の商品を最も購入することが多い秋葉館のそれ、春に登録してから結構読んでいます。 っていうか結構買っています。 相手の思う壷。
 
 ほいでもって、先日購入したのが台湾製アルミ製ノート用ヒートシンク、EZSurf
 自宅で愛用しているMacBook Pro. Retina 13、春に購入してから気になるのがその発熱でした。 その前に利用していたPowerBook G4は夏場になるとうるさいくらい放熱ファンが唸っていたのに、こいつのファンは二つあるにもかかわらず、ファンレスか?と耳を澄ましたくなる程静かです。
 しかもボディ表面、特にパームレスト辺りはそれほど熱くならないので、凄いなぁ、と思っていたら、ある日ふとボディ底面を触ったら超熱い! そっか、ソリッドのアルミであるユニボディなので、ボディ全体の熱伝播で冷却してるんだな、と再認識。
 
 んで、先日、Parallel経由WindowsでBDのコピーをしていたら結構熱そう。 以前からiStat nanoというMacの温度やファンの回転数などの状況表示をさせるWigdgetを使っていて、それを見ると、ファンが6,100回転とかとんでもないことになっていました。
 特に本体底面の熱さがハンパ無いので、試しに熱さ数mmのSDカードケースを挟んでみたら、数百回転ダウン。 う〜む、どうやらこの底面冷却がカギのようです。
 
 電子機器の寿命は発熱×時間に左右されるそうで、とにかくこのMacBook Proには長生きしてもらわないと困ります。 そこで、冒頭の秋葉館のメルマガ「暑さに備えよ!Mac用冷却アイテム特集」というのにひっかかったというわけです。
 ファンレスに近いマシンですから、わざわざファン付の補助放熱機器は選びたくなく、結果として、アルミ押し出し放熱フィンであるEZSurfを選択しました。(安かったし)

 最初に、こいつの欠点を挙げておくと、背が高い!! 一番奥にセットしてもまだ傾斜がきついと感じました。 確かにMacBook Proのキーボード感触はあまり褒められたものではなく、意識的に真上からグッと押し込まないとミスタイプするようなところがありますので、この傾斜によりそれは解消します。 でも角度がありすぎて手首が疲れます。
 この角度を決定している部分は本体両端のプラスチックなので、最後の手段として、ここを削ってやれば何とかなりますから、この問題はしばらく様子を見たいと思います。 事実、二日程経ったら少し慣れてもきましたので。
 
 肝心の冷却性能は、完璧です。
 全く同じ気温では無かったものの、前述のBDバックアップをしてみても、ファンは最高でも5,000rpmを超えることはありませんでしたから、ざっと1,500rpmのダウン。 この時底面に手を入れてEZSurfの放熱フィンに触れてみると結構熱い。 本体とEZSurfの間を取り持つ熱吸収シートも上手く作用しているようです。
 朝から半日程スリープで放置していると、室温+2度くらいまで冷えています。 EZSurf導入以前は+4度くらいでしたから、冬場なら冷え冷えになるでしょう。
 
 てなことで、エアコンを入れずに真夏を乗り切れる我が家に於いて、MacBook Pro. Retinaもこれで楽々乗り切れるんじゃ無いでしょうか。
Ezsurf

|

« 日航乗務員ってバカ? | トップページ | MacBook Pro. Retina 13三ヶ月 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 なかなか過酷な環境ですね。 周辺機器も凄い>audienceさん

 映像や音波形編集させると簡単に温度が上がりますね。 まぁ、これは仕事量的に納得もできますが、首を捻るのがキャノンのプリンタードライバーのタコさ。
 プリント中はもちろん、プリントキューがある限り、インク交換や紙補充のポーズ時でも片CPU一台まるまる振り切る占有ぶりです。 当然ぼやぼやしてるとファン回転数がどんどん上がります。
 国産メーカーの作る(作らせる)Mac用プログラムってこんなもんかと情けなくなります。 

 で、疑似水冷、危ないそうですよ。
 昨夏、iDVD圧縮で酷使していたPowerBook G4を冷却する為に同じようなことをしていましたが、これは氷水容器外側の結露でMac内部に吸い込まれる湿度が高まり、回路的に水没に近いトラブルに見舞われることがあると聞いてぞっとしました。
 まぁ、幸いにして何も無くこのMacBook Proに道を譲るまで生きながらえましたが...

投稿: あやおば | 2013年9月12日 (木) 14時27分

Fanを2つ買い、裏に冷却シールを貼り、内蔵Fanを最高にしてまだ不安定でした。一応裏蓋をあけてゴミが酷くあったので掃除しましたらかなり解消しました。(他のブログを参考にさせていただきました)

それでも時折不安定になり動きません。仕方がないので最後の手段として蓋つきのガラスコップに水をいれ冷蔵庫で氷にしてからビニールの袋を二重にして左上のいつも暑くなる所に置いてみました(笑)結果は超安定しました(爆)まぁ、水冷ということになるのでしょうか(笑)いつもチンチンに熱くなる所が指で触ると冷えています。

システムはMac Book Pro(earrly2011) i7 memory8G SSD256です。ThunderBolt経由でeSATAを2台ぶらさげ、PCIcardでUSB3を2系統、時折FireWire800もぶらさげます。2年目でこれかと正直青くなりました。(低圧縮の映像系の作業に使ってます)

コップではさすがに大きいので(半日以上持ちます)リポビタンDの瓶に水をいれて再度実験してみようと思います。

ブログ、参考にさせていただきました。

投稿: audience | 2013年9月12日 (木) 02時31分

 いや、今年の夏の熱さは半端じゃありません。 エアコン無しで夏を過ごすなんて悠長なことを言ってたら死ぬかもしれません。

 ということで、先日、このEZsurfを貼付けたまま直射日光の当たるベランダで少し使っていたら、屋外でも気がつく程のファン騒音。 回転数は8100rpm程でしたが、数字の前に"-"マイナスがついていたので、もしかするとそれ以上の回転数だったのかもしれません。
 温度はヒートシンクBで57度とかでしたから恐らく性能的には問題ないんでしょうが、精神衛生上良くないので慌てて室内に戻しました。

投稿: あやおば | 2013年8月16日 (金) 02時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日航乗務員ってバカ? | トップページ | MacBook Pro. Retina 13三ヶ月 »