« 警視-Kという刑事ドラマ | トップページ | 無駄遣い。ですだよ »

あぁ、憧れの8コア

 FSX用の新iMacのお話です。(マシンについての詳細はこちらで)
 
 クアッドコアのi7ということは、擬似的であっても、MacのアクティビティモニターやWindowsのタスクマネージャでは8コアとして表示されます。
 
 いやぁ、昔、MacProのクアッドコア×2という、こちらは本物の8コアがデビューしたとき、アクティビティモニターで8本バーが立つんだなぁ、と憧れたことを思い出します。(ま、今じゃこれもXeonによる6コア×2x+ハイパースレッドってもんになってるので、24本も立っちゃう訳ですが)
 
 これが実際に全開になるのは3Dソフトのレンダリングぐらいで、ご覧の画像はCINEBENCHのCPUテストです。 レンダリングセクターもちゃんと8個あって、それぞれが懸命にレンダリングしている姿は、さながらCPUのジェットストリームアタ〜ックでございます。
8cores

|

« 警視-Kという刑事ドラマ | トップページ | 無駄遣い。ですだよ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警視-Kという刑事ドラマ | トップページ | 無駄遣い。ですだよ »