« Blackmagic Intensity Shuttleを使う(3) | トップページ | 古いオープンカーは雨が苦手 »

W202、七回目の車検

 そうそう、新しいMacで浮かれている場合ではありません。 今年は二年に一回の車検イヤーなのでした。
 C200(W202)が三月に、MIATAが五月に車検切れを迎えます。 どちらかを一年ずらせば楽になるのですが、たった一年のつもりがあっという間に時が流れてこんな有様になるのを経験している身としては、取れるものなら無理をしてでも継続して行きたいのが車好きの気持ちです。
 
 ということで、まずはC200の方から。
 外見的はジャッキアップポイントを塞ぐプラスチックのパネルが欠落しているので、それだけが修理依頼でした。
 ところが預けている間にフロントのショックアブゾーバーからオイル漏れが発生。 この辺りがモンローかなぁ、と思いつつ、でも交換後5万キロ以上走っているから寿命ですね。
 ということでフロントのみビルシュタインに。 おお、人生初ビルシュ。
 
 モンローに交換した直後のインプレッションはこちらに残しています。 さすがに馴染んだとはいえ、とにかく乗り心地が堅かったので、フロントだけとはいえ少し平和な乗り心地になったのは落ち着きます。

 一方、ここ暫く特にアイドリング辺りのエンジンの回り方がブルブルと荒れた印象になっていて、さすがにここまで引っ張ると仕方ないかな、と思っていたら、プラグとオイルをを交換したらちょっと驚くくらいスムーズになりました。
 あと、エンジンのレベルセンサーが壊れてここから少しづつオイル漏れが起こっていたそうで、パッキンではなく、ユニットごと交換。 これも新車以来15年間、よく保ってくれました。

 恐怖の請求書はまだ届いていませんが、まだ乗れるなぁ、と思いつつ、いや、もう新車は買えないんだろうなぁ、と遠い目もしつつ...

|

« Blackmagic Intensity Shuttleを使う(3) | トップページ | 古いオープンカーは雨が苦手 »

」カテゴリの記事

コメント

 純正のHUDは結構古くからクラウンやコルベットで搭載されていて、後者には実際に試乗したことがあります。 基本的な情報だけですが、やはり便利です。
 ご紹介して頂いたいわゆる高機能カーナビの場合、逆にあれだけの情報はHUDで統合表示しないともはや表示しきれない、という必然かと思います。
 が、多分どこかのアホなパーツ屋が、走行中のテレビ画像をHUDに流すパーツを開発し、それを「客の要望を断れない」とこれまたアホなドライブショップが実装するかもしれないとおもうと憂鬱です。
 そして、そのうちHUDのテレビに見入ったアホなドライバーが子ども数人を巻き込んだ大事故を起こせば、やっとこさ大規模な法改正が入るとは思いますが、何よりテレビってそれほど四六時中見る値打ちがあるもんなんでしょうかね?
 
 あ、すいません、カーナビ本来の情報表示から話がそれてしまいました。 でも切っても切れないんですよね、この二者は。
 たまたま先日、偶然読んでいたウォールストリートジャーナルの記事を紹介しておきます。
 
 http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324289404578444061682383442.html

投稿: あやおば | 2013年5月 9日 (木) 01時30分

高そうですが、HUDが来月から民生化するそうです
http://youtu.be/NJQobrQr6JI
http://youtu.be/vl-8GIQjK7E

車に乗らないのでわからないのですが、
カーナビの一般化も含めて複数
カーオーナーであられる先生の
ご意見はいかがですか?

投稿: t2 | 2013年5月 8日 (水) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Blackmagic Intensity Shuttleを使う(3) | トップページ | 古いオープンカーは雨が苦手 »