« 確かに鉄道は吹田の観光資源かもしれない | トップページ | 髪切り難民 »

七年間ありがとう>PowerBook G4 12in.

 アップルストアからメールが来て、来週早々にも私の六代目ノートMacが配達されることが決まりました。
 モノはMacBook Pro Retina 13in.。 CPUをCore-i7に、SSDは256GB、そしていつも通りキーボードはUS配列にしました。
 
 デュアルならi5→i7にする意味は無い(13in.はクアッドへの選択肢は無い)、というのが通説なので少々迷いましたが、前マシンであるPowerBook G4を何と七年もそこそこ満足して使えたのは、当時のあのサイズのノートMacとしては最も早いCPU(G4 1.5GHz)だったことが大きな理由で、実際、動画再生やエンコードをしない限り、特に私が最もこのPowerBookを利用するテキスト書き(ただしテキストエディタ上)ならまだこのまま暫く使い続けることが可能な状態です。(とはいえ、この最低限の性能維持には四年前にHDDから交換したSSDが結構効いているはず)

 特に秀逸だったのはキーボード。 あまり評判が芳しくないMacのキーボード類の中で、このマシンはひいき目無しで非常に優れていました。 写真にあるようにいくつかのキートップがすり切れてしまっているのはそれだけ愛用された証拠です。
 ただ、さすがにこれだけ長期間酷使すると、一部のキーが接触不良気味になりだして、得意のテキスト入力に支障を来すようになってきました。 新品部品はアメリカのショップから入手可能というものの、う〜ん、そろそろ勿体ないお化けも出て来ないだろう、と購入に踏み切った訳です。
Pbg4
 
 いやぁ、しかしこのPowerBookは当たりでしたねぇ。
 七年前に買って保証切れ二週間前にロジックボード交換に見舞われ、DVDドライブ交換の大騒ぎから謎のタニシ部品騒ぎ、しかしてSSD交換も経てイメージアップ。しかしやがて深刻な不眠症に見舞われる、と。
 この最後の不眠症も偶然に直りました。 その偶然とは、時計が日付を忘れる程、完全に放電させたこと。 その後、スリープもできれば、もともとこのトラブルの原因と疑われていたBluetoothも立派に復活しました。 つまりハードの問題ではなかったと。
 OSは10.3から始まって、iPod nano使いたさに最後には10.5まで来ました。
 
 壊れるまで使う、というのが何となく座右の銘っぽくなっている私のライフスタイル、壊れた訳ではないものの、この進歩著しいパソコンの世界で七年もの間、完全に使い倒したという満足感に満たされています。

|

« 確かに鉄道は吹田の観光資源かもしれない | トップページ | 髪切り難民 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 ご心配ありがとうございます。
 結局、先方の仕様が確定せず、そのままずるずる伸びたままです。
 借り入れを起こして海外展開も含めて大幅躍進を目指すようですね。

投稿: あやおば | 2013年5月23日 (木) 05時04分

どうなりました?

投稿: t2 | 2013年5月22日 (水) 06時46分

ども。

投稿: あやおば | 2013年3月10日 (日) 11時50分

Lancers

投稿: t2 | 2013年3月10日 (日) 09時44分

いやぁ、ある程度ヤレて来た頃が手に馴染むとも言います。 ジーンズと一緒ですわ。
んで、新しいキーボードはまだ触っていません。追跡システムに寄ると、今日、上海から東京に到着したそうです。

配列はUSです。 尚、いわゆるWindowsで言うところのenterキーはreturnキーとして通常の「改行キー」位置にあります。

アプリについては相談に乗ってもらってありがとうございました。
どこかこの手の小遣い稼ぎ程度のミニアプリ or スクリプト開発者を募集できるところって表通りにあるんでしょうかね?

投稿: あやおば | 2013年3月10日 (日) 00時00分

こんばんわ、満身創痍のキーボードですね
すごいですね、Macintoshはスペースキーの並びに
エンターキーがあるんですか?

しかしキーボードは消耗品ですし、もっと早めに
交換は検討されなかったのですか
某教室の校長先生は文字が擦れただけで交換され
ましたよ

さて、新しいキーボードは如何ですか
バスタブ型とかボタン型とか呼び方はいろいろある
ようですが、今までのパンタグラフ形式と感触が
違うので違和感ないですか


それで、今日の話で伝えきれなかった話ですが...

画面キャプチャー系は、先がありません
iOSやWindows 8のストアアプリのように先は全画面
アプリが主流を目指してますし

ユーザーからのキャプチャーは将来も可能でしょう
が、プロセスからとなるとこれまでもこれからも
制限が厳しくなっていくと思われます


なので先を考えるとパケットキャプチャーですが、
これはUDPであってもある程度ソフトでアナライズ
できるるではないかと?

人材ですが、昨年の法律改正以来、業界で手を空か
しているアプリ作者も多いと思います

もし本気で先を考えるなら、そのあたりを探してみて
交渉されてみてはいかがですか?

特に法に触れるような話でもありませんし、小遣い
稼ぎに参加してくれる人がいるかも知れません

いくつか使っていたアプリもあるので紹介しても
いいのですが、それより社やベクトル方面で検索
されるのが確実でいいかも知れません

投稿: t2 | 2013年3月 9日 (土) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 確かに鉄道は吹田の観光資源かもしれない | トップページ | 髪切り難民 »