« OSX 10.8にiDVD7(iLife 11)を入れるとiPhotoが | トップページ | 夜中にポチッと寄付してみた »

初めての胃&腸内視鏡検査...だったのに

Fibercamera
 本日生まれて初めて胃&腸内視鏡検査、つまり胃カメラと大腸カメラを飲んで来ました。
 いえ、別にどこかが悪いとかではなく、そろそろこういうのにも行っておいた方が良いだろう、かねがね思っていたからでした。
 
 場所は数年前に知り合った開業医さん。 あ、そうそう、以前禁煙外来でお世話になったところです。
 
 事前の指示通り、夕食を最後に絶食。 絶アルコール...はしませんでした。 でもツマミは一切口にしていません。
 朝起きてからは1.8Lにも及ぶ下剤を15分ごとにコップ一杯ずつ飲み重ね、家を出る昼頃にはあらかた奇麗になったのを確認しました。
 
 幸い、移動中に便意に襲われることなく医院に到着。 鼻に痛み止めの処理をしたり、チューブを入れて、さぁ、いよいよ検査室に移動。 検査ベッドに横になり、体の各所にセンサークリップをつけたりして、その時時計は大凡14時。 前日から結構緊張してたもんなぁ。 痛いかなぁ。


 
 と、看護師さんの声にはっと目が覚めたら待ち時間の時に利用していたリクライニングソファの上にいるではありませんか!? え?検査はどうなったの? 
 訊くと、全て終わったんだとかで、時計は17時。 げ、三時間、何にも覚えてへん。
 
 検査が終わって自分でベッドから降りられて、車いすでここに来られてソファーに移られたんですけど... と説明されるも、全く覚えがありません。
 これは検査時に点滴経由で睡眠導入剤を注入されていたことが原因なのですが、まさかこんなに効くとは。 やはり市販の睡眠導入剤とはモノが違うな、と変なところで納得しました。
 
 さて、検査服から着替え、医師との面談。 机の上には食道、胃、腸のカラー写真が数枚ありますから、やはり検査はちゃんと行われていたようです。(当たり前だ)
 
 結果、食道と胃は少し荒れている、とのこと。 酒飲み過ぎかなぁ。
 ただしポリープなどの大きな異常はなく、念のため胃の一部を削除してピロリ菌検査に出したそうです。 そうそう。ピロリ菌駆除は保険適用になったし、できればやっておきたい項目です。
 
 腸の方も削除すべきポリープは一切なかったとのことで、あら、こちらはめでたいめでたい。 でも色は想像してたより茶色っぽかったです。
 
 今後は、胃は年に一回、腸は三年に一回程度検査した方が良い、というアドバイスを受けました。 うん、そうしましょそうしましょ、
 
 費用は一週間前の下剤等の投薬指導も含めて二万円弱(三割負担)。 ポリープ摘出があればもっと高くつきますから、健康に感謝です。
 
 しかし、鼻から、そしてお尻からカメラを初めて入れられる、って結構な大事件なのに、何にも覚えていないというのはすこし寂しい。 鼻孔にも肛門にも全く違和感もない。
 どんだけ爆睡してたんや。

|

« OSX 10.8にiDVD7(iLife 11)を入れるとiPhotoが | トップページ | 夜中にポチッと寄付してみた »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OSX 10.8にiDVD7(iLife 11)を入れるとiPhotoが | トップページ | 夜中にポチッと寄付してみた »