« Miataに北米純正カップホルダー | トップページ | 確かに鉄道は吹田の観光資源かもしれない »

これ、エロ記事 in 通勤電車だよ

Maca @nifty関係のweb mailやblogのログイン画面等に、数ヶ月前からこのような広告が提示され続けています。
 
 要は50歳超えてもばんばん夫婦でセックスやりましょ〜、と言っているとしか捉えられません。
 この広告はまだビジュアルがましで、数週間前には少し汗ばんだオバハンが、いかにも「あぁ、久しぶりに満足」みたいなのもあって、キャプチャーなんてとんでもない醜い映像でした。
 
 これね、実はサントリーのマカの広告で、五年前にも同じ愚痴を書いています。サントリーは余程中高年夫婦にセックスをさせたいようです。
 
 まぁ、それを頭から否定はしません。 が、以前にも書いたように、それを公共の場所でしつこくしつこく「おまえ、最近エッチしてるか?できるか?」と言われ続けると不快です。 ほっといてくれや。 エッチ以外に夫婦円満の方法は無いんかい?
 というか、自分の嫁といまさらなんて、それだけでこみ上げて来る嘔吐感で息が止まります。
 
 もしかするとこのCMは、@niftyの会員情報に照らし合わせて表示されており、年代違いの男性や、女性一般には表示されていない可能性もあります。 でも、先の私のマカの記事が「サントリー マカ 不快」というキーワードで何度もヒットしています。 ということはそんな凝った広告システムではないような気がします。
 
 長寿化が進み、さらに単純な年齢だけでなく、さまざまな手段により実質的な加齢の鈍化も顕著な中、セックスの問題は避けて通れないことは分かっています。 が、それを時と対象を問わず押し付けられるのは、通勤電車の中でのおっさんのスポーツ新聞エロ記事と同じレベルだ、と私はブー垂れているのです。 しかもそれが日本を代表する企業の一つであるサントリーがやっているという事実。
 
 しかし、そもそも夫婦が死ぬまで仲良くて、そして来世でもまた再び出会って結婚したい、というイメージ。 中二病に等しい広告関係者が作り上げた幻想じゃないか、と疑問に思っています。
 思うに、チェリーナという台所洗剤CMがその元凶で、高齢夫婦が手を握りあってニコニコと坂道の街を歩く、ってのがありました。 また今なら、JR西日本の広告で谷村新司演じる旦那が、夫婦仲良くグリーン車での旅を楽しみ、にこやかに話しながらそっと嫁と手を合わせるシーン。
 
 きっしょ〜〜〜っっっっっっ!
 
 まぁ、ええけどな。
 
 医学的には、男女が若い時には諸般の冷静思考を押さえてでも自ら恋に堕ちてセックス、つまり生殖行動を行うという本能が証明されています。(草食男子だとかセックスレスカップルってのはあくまで社会行動。)
 原始時代のように授かった子どもが三歳くらいになったら男はどこかに消えて、また他の女に手を出す、という時代はさすがに過去のものとなりました。 が、私の場合で言うと、二人の人間を新たに生み出し、そこそこの大きさに育てたんだからもう良いでしょう、と思うようになりました。
 今更何がフルムーン旅行だ、って訳で、やかましい、家事も子育ても全て半分受け持ったわい、という自負が益々その考えを助長しています。
 
 まぁ、そんな私ですから別に妻と10年ぶりに何かありたいとも思いませんし、申し訳ないとも思いません。 そもそもそんなことくらいで戻る自信なんて最初から充てにしてまへん。
 夫婦死ぬまで仲良し、ってのは広告代理店が作り出した幻想。 と言い切ると楽になる人、多いでしょ?

|

« Miataに北米純正カップホルダー | トップページ | 確かに鉄道は吹田の観光資源かもしれない »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 まぁ、滅ぼすことは無理だし、それはそれで暴力ですが、好き嫌いははっきり言うべきだと思いますよ。
 名前が通った有名企業(仮にそれがそのグループの末端であったとしても)にそれなりの矜持が求められるのは日本人のある程度共通した認識だと信じたいです。

投稿: あやおば | 2013年3月22日 (金) 00時49分

流行ってますね

投稿: t2 | 2013年3月20日 (水) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Miataに北米純正カップホルダー | トップページ | 確かに鉄道は吹田の観光資源かもしれない »