« Retinaクロス? | トップページ | Blackmagic Intensity Shuttleを使う(2) »

Blackmagic Intensity Shuttleを使う(1)

Shuttle2
 新しいMacBook Pro. Retinaの購入を検討したときから同時購入しようと思っていたデバイスがこのBlackmagic designのIntensity Shuttle Thunderbolt。
 
Shuttle1 Blackmagic designって聞いたことある? そうです、Mac雑誌でストレージ性能を測る際に用いられるベンチマークソフト"Blackmagic Disk Speed Test"で有名かもしれません。  どうやらデジタル映像ソリューションの新興企業のようですが、私はたまたまオンラインのAppleストアで出会うまで全く知りませんでした。
 
 そもそもこれは何かというと、テレビ画像をパソコンに読み込む際に利用するキャプチャーボックスです。 PowerBook G4時代には、何年前に買ったかも思い出せないほど古いCanopusのADVC-100というのを使っていました。 これがないとプリンタブルDVDやBDに印刷するタイトル等がコンテンツから取れないので、結構重宝しておりました。(あくまで個人としての使用ですよ。為念)
 
 んで、MacBook Pro. Retinaに変わると、こういうのも換えないといかんのかなぁ、と購入した訳で、実はその時点ではCanopusが実は変換アダプター経由で使えるんじゃないかなぁ、という疑問も残っていました。 つまり、これはThunderboltという新しい規格を使いたいがための無駄遣いではないかと。
 
 それはともかく、最初は全く使い方が分からない。
 iMovieは6も9も全くShuttleを認識せず。 というか多分Thunderboltとを繋ぐドライバーが無いのでしょう。
 マニュアルはオンラインで手に入るのでよくよく読むと、Desktop Video 9.7というドライバーも含んだソリューションセットがマニュアルと同じ場所に見つかりました。(後で分かったけど、このコンテンツはパッケージ付属のCD-ROMにも入っていました)
 これをインストールすると、システム環境設定の「その他」にBlackmagic Designというのが現れます。
 
Shuttle3
 ここの「入力設定」で自分が希望するハードを選ぶ訳ですが、CPRMの関係でデジタル放送はHDMIを選んでも何も入力されません。 コンポーネント、コンポジット、S端子から選ぶことになります。(つまりアナログ出力しか得られない。これはCanopus時代も同じ)
Shuttle4
 
 さて、ここまでしても使い慣れたiMovieに画像は来ません。
 上記Desktop Video 9.7をインストールした後、アプリケーションフォルダーに"Blackmagic Media Express"というのが入っているのでそれを立ち上げてみると、どうやらこれを使って画像取り込みができそうです。
Shuttle5 
 続く...


|

« Retinaクロス? | トップページ | Blackmagic Intensity Shuttleを使う(2) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Retinaクロス? | トップページ | Blackmagic Intensity Shuttleを使う(2) »