« ペットボトル&缶コンプレッサー | トップページ | JR西 吹田駅折り返し運用 »

確かにユビキタス

U_mouse1_2
 昨年末、知り合いに手渡されたのがこれ、週間アスキー1/29号の付録だったウルトラマウス。
 最初は、これを使ってディスプレイ上にかざせばWindows8タッチスクリーン対応になるのか!? と思いきや、完全な冗談アイテムで、そんなわけではありません。 装着したままタッチタイピングができる、というのが最大の売りのようです。

U_mouse2
 取りあえず一応動作します。(Macでも動く)
 ただ、実際に装着してみると、位置関係が微妙で今ひとつ使いにくい。 特にドラックするにはレーザー発/受光部を何かに押し付けなくてはならず、これも今ひとつ使いにくい。 まぁ、新しい思想だけに慣れればそれなりに便利なのかもしれません。
 
U_mouse3
 ふと机上から膝の上に特にウルトラマウスを降ろせばスクロールホイールとクリックボタンは使いやすく、延々とwebページを閲覧するような場合には案外最適かもしれません。
 
U_mouse4
 ま、これは付録だからこれで十分として、こういう発想で画面上を非接触ドラッグができれば、Windows8のみならず昔懐かしいAppleのナレッッジ・ナビゲーターすら実現しそうです。
 何よりこういう(良い意味での)ガラクタを付録としてつける余裕がある日本の出版界(パソコン業界?)はまだまだ余裕があると感じた一品でした。
 
 これにまつわる某米社プロモーションビデオを模した冗談映像はこちら。 この遊び心もよろしいかと。

|

« ペットボトル&缶コンプレッサー | トップページ | JR西 吹田駅折り返し運用 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペットボトル&缶コンプレッサー | トップページ | JR西 吹田駅折り返し運用 »