« pen + 86 + 阪急MEN'S館梅田 | トップページ | これ、エロ記事 in 通勤電車だよ »

Miataに北米純正カップホルダー

 夜中のポチットな、確信犯的なものもありますが、本当にたまたま見つけて思わず買ってしまうものもあります。 それがこの愛知県豊橋にある"DROP HEAD"(実はコクピット豊橋)というサイトにあったMAZDA Miata(NA, NB)用北米純正カップホルダー
 
Cup_holder2
 二十年以上愛用したタバコをチャンピックスの御陰でやめて足掛け四年。 灰皿は既に不要。
 この車の灰皿は簡単に取り外しが可能で、その部分にキャップ付のドリンクを転がしておくことは可能なものの、夜間になると灰皿の位置を示す照明の裸電球が結構気になります。 とはいえ、今更1989年オリジナルの車のカップホルダーなんてないよなぁ、と諦めていたので、この発見を逃すわけにはいきません。

 ということで、送料込みで4,473円。 到着してみると、やっぱり北米品質(カナダ製)、大雑把。
 確か日本のユーノスオリジナルのアクセサリーではもっと高品質だったのに、と念のため当時のアクセサリーカタログを見たら、あれ?この時代に純正のカップホルダーは用意されていませんでした。 いや、確かにどこかで見たことがあるので、NAの途中か、NBで設定されたのかもしれません。

 どれくらい大雑把かというと、写真の日本で標準的なショートタイプのペットボトルの底がひっかかって斜めにしか収まらない。 付属のいかにもアメリカ、というどデカいアダプターをかますと解決するも、これはギアチェンジに支障を来すほど邪魔。
 まぁ、キャップ付なら斜めでも良いかあ、と思ってグイっと押さえ込んだら、底材のプラスチック皿が広がって、まるでロックされたかの様にパコッと奇麗に収まりました。 おお、これはこれで素晴らしい設計!!!!と感動したのも束の間、ペットボトルのラップフィルムが剥がれておりました。 いや、実害は無いから良いけど、このサイズ感は単なる偶然だったようです。

 というわけで久々のMiata用新品パーツ、払った価格としては安くはないものの、現地純正品ということを考えれば納得もできます。 ただし、箱はwebサイトにあるようなカラフルなものではなく、単なる段ボールでした。
Cup_holder1
 
 尚、愛煙家時代の感想を付け加えますと、このNA, NBの灰皿は容量が大きくてなかなかの優れものでした。 当時、欧州車、特にイギリス車では現地のタバコ高課税を受けて、どんどん小型化して行く中、まるで時代に逆行するかのような容量で、妙に頼もしかった印象があります。
 また、右利きの愛煙家にとっては左ハンドル車での喫煙は妙に落ち着いたのを思い出します。 共に今ではどうでも良いことですが...

 冒頭写真のシフトレバー左右のダイヤルスイッチはホンダの部品を流用したシートヒーター。 その右側後部の大きめのツインボタンは、オリジナルの右側パワーウインドー用オートスイッチ。 ETCで有難味が無くなりましたけど。

|

« pen + 86 + 阪急MEN'S館梅田 | トップページ | これ、エロ記事 in 通勤電車だよ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« pen + 86 + 阪急MEN'S館梅田 | トップページ | これ、エロ記事 in 通勤電車だよ »