« 事務所のEIZOモニターを23インチに | トップページ | やっぱり大阪人は日本一バカと蔑まれる理由 »

三菱東京UFJからの海外送金に必要な項目

※発端となった発言はこちら

 息子が先月スペインから帰国したので、以後ぱたっと三菱東京UFJからの海外送金を利用することは無くなりました。
 が、最初のテレビ窓口対応で感じた銀行の非礼を忘れてはいけない、というか、今後このサービスを利用しようとする人たちのストレス軽減のために、二種類のキャプチャー画面を貼っておきます。
 これはwebサービスであるダイレクトからから送金できるようになった後に使用できる画面で、あくまで推測ながら、リアル窓口、テレビ窓口でも同じルールが適用されていると考えます。
 
 一つ目は送金するお金の資金源についての失礼な質問の選択肢(「借入金」だなんてよく訊けたもんだと今見ても改めて腹が立ちます)。
 二つ目は送金目的。
 
 特に巨額な金額でない限り「給料」「生活費・滞在費」を選ぶのが無難と思われます。 事実、「教育費」と答えたら留学許可証を見せろと言われましたから、よって「アパートの家賃」「商品仕入」「保険料」とかを選ぶと、恐らくは契約書を見せろとか言われる可能性があります。

 これらの手続きは送金自体には全く関係なく、単なる送り元の銀行がマネーロンダリングに対して厳格な対処を行っている、という所轄機関への保身に過ぎませんから、これを偽ってもお金はちゃんと送金されます。 事実まっとうな使用であれば、現地の銀行で問題になることもありません。

 ということで参考になれば...

Ufj_trans1

Ufj_trans2

|

« 事務所のEIZOモニターを23インチに | トップページ | やっぱり大阪人は日本一バカと蔑まれる理由 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 事務所のEIZOモニターを23インチに | トップページ | やっぱり大阪人は日本一バカと蔑まれる理由 »