« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

ペットボトル&缶コンプレッサー

Presser

 とでも呼ぶのでしょうか、ペットボトルと金属缶をコンパクトに潰す器具を昨年10月に買いました。(その時写真を撮ったきりで記事にする機会を失っておりました)
 
 ことの起こりは、近所のスーパーのペットボトル回収機が撤去されたこと。
 それまではこのスーパーにキャップとラベルを外した原型のままのボトルを持参し、回収機に入れれば細かく裁断された上、さらに会員ポイントがつくというエコシステムを実現していました。
 
 ところが機械にも頭も弱い連中が、機械が処理中であるにもかかわらずどんどんあとからあとからボトルを押し込んで、おかげでしょっちゅうこの回収機は壊されていました。 その度に忙しい従業員が中から出て来てリセット処理をしてくれること数年、さすがに堪忍袋の緒が切れたのか、撤去の憂き目にあったのです。
 
 しかしなんだろう、あの連中と言ったら... 壊す瞬間を何度も目撃していますが、全てに共通しているのは必ず機械が悪い、と文句を垂れること。 投入口に点灯する表示すら読まない、理解できないあんたが悪いんやて。
 
 それはともかく、おかげで自宅に溜まったペットボトルを別のスーパーの集積場に持って行かなくてはならなくなりました。 それはそれで納得するとしても、コンプレッサーというか、できるだけ小さくしておかなくては効率が悪い。
 
 実はもう十年以上前にフリマで自転車のタイア空気入れの逆機能のような「ペットボトル真空抜きポンプ」というのを100円で手に入れました。 これは厚めのゴムパッキンをペットボトルとの間に入れることで空気をシュパシュパ。 その後はポンプを外してもゴムパッキンの御陰でぺったんこのまま。 数時間もすればパッキンを取ってもそのままの形状という優れもので、今でも事務所で使っています。
 ところがこれ(類似品)がリアル店舗はもちろん、今ネットを探しても全く見当たらない。
 
 仕方が無いので購入したのが写真のぺんてる マルチプレス KPM1という商品で、3,450円と予想より少し高い。
 とはいえ、これで肝心のペットボトルはもちろん、缶も潰せるので資源ゴミ担当としてはそれはそれで有り難い。 でもペットボトルの潰れ方は上記の真空式に比べたら全く美しくありません。 人間の手でよいしょっと握りつぶした程度しか体積が減少しません。 うまくいかんもんだ。
 
 本体が再資源化プラスチックでできているのは立派ですが、注意しなくてはならないのは裏面に滑り止め処理が全くないこと。 踏み込んだと同時に器具に足を取られて思わぬ事故の可能性もあります。
 カーペットの上などで使用するか、市販のゴム足を貼付ける対策が必須です。
 
 なお、息子の帰国以来一日4〜5本の缶ビールを消費する環境化では、ただ踏むだけとはいえ缶潰しは結構腰に来ます。 でも潰さないと二週間に一度(カレンダーによっては三週間に一度)の資源ゴミの日に出せない程の体積になってしまうという現実。
 余談ながらこうしてぺちゃんこにしたアルミ缶は違法収集のおじさん達には非常に好評のようです...

| | コメント (0)

やっぱり大阪人は日本一バカと蔑まれる理由

 ずるいようですが、私は大阪人です。 つまり自虐の意味を込めていることをあらかじめ付け加えておきます。 だからといって炎上しないという保証はないけど。
 
 「人格権など侵害、がれき処理差し止めを」大阪の住民ら260人が提訴という産経の記事
 
 
 そのあまりのアホさ加減に思わず涙ぐんでしまいます。
 
>>がれきの処理を行えば大量の放射性物質が大気中や海中に拡散する可能性が高く
 
 『あんたらアホですかぁぁぁぁ???』
 
 物理とか数学とか理解できないんですかぁぁぁぁ???
 両手両足20本の指を超えた数字は天文学的数字ですかぁぁぁぁ???
 円以外の単位は理解できないんですかぁぁぁぁ???
 
>>住民の生命や健康に重大な影響がある
 と言いながら、
>>1人あたり慰謝料10万円の支払いを求める

 なんですかぁぁぁ??? 新しい金儲けですかぁぁぁ??? 儲かりまっかぁぁぁ???
 
 
 大昔。
 いしいひさいちのマンガで、アホの安下宿共闘会議の連中が原発に反対デモに出かけました。
 そこで対応した原発職員は脇に大きなザルを一つ抱え、
 「おまえらこのザルには大量の放射能が入ってるんやどぉ」
 これを聞いたデモ隊は「ま、待てっ、話せば分かるっ」とか焦る。
 「ええんか、ええんか、放射能やどぉ? ほうりゃぁ!!」
 と職員ザルを放り投げる。
 デモ隊、お助けぇ!! ひえぇぇぇ〜〜〜 と一目散に逃げる。
 
 ホント知らないこと、いや、知ろうとも考えようともせずに呪文を唱えていれば救われると信じているバカ or アホがまさか我地元に260人もいたとは。 ネットでバカにされても仕方ないやね>大阪
 
 この260人、だったら「東日本大震災被災地は滅亡しろ」と明確に宣言してから行動を起こせや。 家が、車が海にただただ流されて行くシーンをこたつに入ってみかん食いながら見てたんやろ?
 阪神淡路のときの恩を忘れたんか。 人でなしが。

| | コメント (0)

三菱東京UFJからの海外送金に必要な項目

※発端となった発言はこちら

 息子が先月スペインから帰国したので、以後ぱたっと三菱東京UFJからの海外送金を利用することは無くなりました。
 が、最初のテレビ窓口対応で感じた銀行の非礼を忘れてはいけない、というか、今後このサービスを利用しようとする人たちのストレス軽減のために、二種類のキャプチャー画面を貼っておきます。
 これはwebサービスであるダイレクトからから送金できるようになった後に使用できる画面で、あくまで推測ながら、リアル窓口、テレビ窓口でも同じルールが適用されていると考えます。
 
 一つ目は送金するお金の資金源についての失礼な質問の選択肢(「借入金」だなんてよく訊けたもんだと今見ても改めて腹が立ちます)。
 二つ目は送金目的。
 
 特に巨額な金額でない限り「給料」「生活費・滞在費」を選ぶのが無難と思われます。 事実、「教育費」と答えたら留学許可証を見せろと言われましたから、よって「アパートの家賃」「商品仕入」「保険料」とかを選ぶと、恐らくは契約書を見せろとか言われる可能性があります。

 これらの手続きは送金自体には全く関係なく、単なる送り元の銀行がマネーロンダリングに対して厳格な対処を行っている、という所轄機関への保身に過ぎませんから、これを偽ってもお金はちゃんと送金されます。 事実まっとうな使用であれば、現地の銀行で問題になることもありません。

 ということで参考になれば...

Ufj_trans1

Ufj_trans2

| | コメント (0)

事務所のEIZOモニターを23インチに

 うちの生命線の仕事をシェアしているパートナーのPC環境に外付けモニターが必要になりました。
 ただし、大型モニターはむしろ迷惑で、コンパクトなものが良いとのこと。 それでは、とうちの事務所のモニターを大型化し、それまで使っていた多分七年ものくらいのEIZOの17インチモニターをパートナーに貸与する、ということにしました。
 
 まず新モニターのサイズを決定するにあたり、対面に鎮座するiMac 27インチが参考になりました。 ここまで大きいと目との適切な距離を取るのに苦労し、これと現在の17インチとの間くらいが適当化ということで23インチ前後を中心にネットショップを検索。
 するとJoshinでEIZO(ナナオ)の旧型らしきEV2316W-TSGYというモデルを発見。 送料サービスで27,480円。
 同規模のものならさらに一万円程安いものもありますが、一応グラフィックを生業としている(していた)ものとしてはEIZOブランドは魅力で、なにより現在のモニターの使用感がそのまま継続できるかもしれない、という期待があります。
 
 ということで、納得の上ポチットな。 在庫処分品らしく手元に到着するまでに一週間程経過。
Monitor23

 交換予定のモニターはVESAマウントアームで装着されていますので、大きめのプラスドライバだけで交換終了。 同メーカ故にDVI, D-sub, 100Vの配線位置関係も同じで、交換は30分もかかりりませんでした。
 表示エリアは1280×1024から1920×1080になり、総ピクセル数の拡大もさることながら、Adobe系の多数のパネルを画面右に表示するアプリケーションでは横方向の拡大がより有効です。
Monitor233

 ただ、色再現性能はEIZOブランドへの期待を裏切る結果で、いわゆる上下左右の視野角による色変化が安物のノートPCのようです。 七年経ってもこんな程度なのかなぁ...
 まぁ、同ブランドにはカラーキャリブレーション対応の上級モデルがあり、こだわるのならそちらを選べ、ということなんでしょうが、もうすでにそこまで色にこだわる仕事をしていない今では手が出ません。
 基本的にこのモニターのマシンは経理やファイルサーバーなども含めた、言わば総務的なマシンなので、この性能も納得することにしました。 なお、付属のCD-ROMはMacにはほとんど役に立ちません。
 
 ただし、一つだけ納得できなかったのがEcoViewと呼ばれる、周囲の明るさに応じてモニター輝度を自動調整する機能。 これは前モニターでも重宝しました。 ところが新モニターでは同位置に設置したにもかかわらず、暗すぎる表示になってしまいました。 この感度調整はできませんので、これは困ります。

 比較すると、旧モニターのセンサーは画面上部、新モニターは下部。 そこで、このセンサーにより光を多く当ててやれば良いのではないか、と思いつき、さっそく比較的白くて堅い年賀状の一部を切り抜き、モニター下部に貼付けてみました。
 結果は良好。 紙の面積を変えることでさらに細かい調整もできそうです。 非常にアナログながらなかなかこれは良い対策だったと密かに自画自賛。
Monitor232

 同じく省エネ機能として装備されたEcoView Senseという人センサー。 モニター前から人がいなくなると表示オフにするという機能で、頻繁に出入りする場合には一見賢そうに振る舞います。 が、じっと座ったままで作業をしていてもの機能が働くことがわかりました。 大体このあたりまでに存在する対象は人である、というようなロジカルなアルゴリズムは組まれていないようです。
 画面が暗くなるまでにいわゆる予告メッセージが画面に表示されるので、その間に一旦席を立って再び座ればこの機能はキャンセルできますが、なんだかバカっぽく感じたのでこの機能はオフ。

 まぁ、過大な期待をしていなかったからよかったものの、モニターの買い物って難しいです。

| | コメント (0)

静電気対策サンダル

 冬と言えば静電気の季節ですね。 ただ、私はダイエットに成功して体脂肪率が20%前後から15%辺りに落ちて以来、いわゆる車の乗り降りで常にビリッというのはなくなりました。 脂肪が静電気を溜め込むのだろうか...
 
 が、事務所ではフローリングの床を数歩歩いて金属部分に触れるとパリッと来ます。 原因ははっきりしていて、事務所内で使用している安物のサンダル。
 ところが、いざ体に発生した静電気を床に逃がす導電性のサンダルやスリッパを探すと、これが意外とありません。 仕方ないので適当にごまかしていたら、昨秋にBGM専用マシンとして定住させたiPod touch 2が非常に痺れることが発覚。
 仕事を終えて、touchの電源を落とそうとして背面上部の電源スイッチに触ったら結構派手にばりっと来ます。 そこまで歩いている距離数歩。
 
 さすがにこれには我慢できなくなって、改めてamazonで検索。 検索ワードを静電気防止+サンダルではなく靴にしたら、サンダルタイプの商品が見つかりました
 メーカーは安全靴を作っているところで、この商品もクリーンルームなどでの作業用とされています。 価格も業務用ということか、送料込みで三千円を超えますので、いわゆるサンダルとは別ものであることがわかります。
Anti_static
 
 到着した製品を早速事務所に持ち込み、問題のiPodや、アルミのキーボードフレーム、金属製のラックなどに恐る恐る触ってみましたが、今のところ全く感電しません。 お〜、本物の値打ち??
 
 サイズは上記amazonのレビューで甲の高い人には小さく感じる、というのがあったので、24.5cmサイズながらLを選択。 確かに多少大きいですが、外に出て長距離歩くわけではないのでむしろ履きやすい余裕だとも言えます。
 意外だったのは底の素材の堅さ。 発砲ポリウレタンなので非常に柔らかいだろうと勝手に想像していたら、コツコツという程ではありませんが少々靴音が出ます。 うちの事務所は1Fだから問題ないものの、2F以上のワンルームで無造作に歩くと苦情が来るかもしれません。
 
 デザインは可愛いとかオシャレとかは無縁。 でも本来の目的さえ達成していれば、むしろプロっぽくって良いかと思う買い物でした。(白バージョンは看護士風です)

| | コメント (1)

iDVDの多重化処理エラー

 一昨日、事務所のiMac(Mid 2011 OS10.7)でiDVD(7)のレンダリング&エンコーディング。
 30分の番組なので比較的短時間で作業終了...と思いきや、最後の最後で「多重化処理エラー」というメッセージが出てストップ。 これは初体験。
 
 ネットで調べたらアップル自らのディスカッションも含めて出てくる出てくる。
 んで、よ〜く眺めていたら、iDVDの問題ではなくiMovie側の、つまり素材に問題があるように読めて来ました。
 
 中略...
 
 結論として、iDVDのエンコーディング品質を最高品質(それまでは高品質)にしてやりなおすと解決しました。 続いて別の一時間ものを実行しても問題無し。 ちなみにこの再高品質の選択肢はiDVD6ではありませんでした。
 
 終わってみれば「何だったんだろう?」程度なんですが、上記リンクの中には「これでも売り物か?」と静かに怒る声あり。 確かにユーザーサイドで何とか解決はしてるものの、この辺のアップルのアプリケーション、仕上げ酷すぎ。

| | コメント (0)

ポチッとしたのは覚えているが

 年が明けて授業が始まり、一週間で最もヘビーな金曜日が終わりました。
 いつも通り夕食後の仮眠から目覚め、ふとメールチェックするとamazonから出荷の案内。
 
 あれ?ここ暫く何も買ってませんが?と確認すると、
  
 「氷菓 (3) オリジナルアニメBD付き限定版」
 
 あ、いやいや確かに買いました。 でもこんなに高かったかな、の4,200円。 記憶では二千円くらいだったのだが。 
 注文したのは昨年の9月。 夏だったんだなぁ... 水着だなぁ...
Hyouka


| | コメント (0)

EPSエンコーディングとPSプリンターのエラー

 先日、DTPの課題を学生がプリントしていると、A4指定なのにA3紙上に意味不明の文字列が一杯に、それも数枚に渡ってプリントされるという大迷惑な事件が発生しました。
 
 課題はIllustrator上にPhotoShop(共にバージョンはCS 5.5 or 6.0)からeps保存したビットマップ画像をレイアウトして、あと文字だの罫線等をあれこれ配置。
 例によって、症状の出る出ない生徒があって、原因の分析に手間取ります。 なお、プリンターはEPSON LP-S3200という当然PostScript対応。
 
Eps_enchode そんな中、PhotoShopからEPSに(正確にはPhotoShop EPS)を書き出す時に、ASCII85という選択肢がいつの間にか増えているのに気付きました。 あれ?こんなの昔なかったぞ。 ASCIIとバイナリだけだったような、なんて昔話の記憶を辿っても意味がないので、とにかくこれをバイナリに再指示。
 余談ながらAdobeは昔からこのバイナリEPSを嫌いますね。 Illustratorで配置しようとすると必ず警告が出ます。 でも我々オールドタイマーはデータ転送時間が少しでも短縮できるようにとバイナリを選んで来て、かつ大きなトラブルにも見舞われていないので、生徒への指導には少々悩みます。 結論としてはデータスレージもネットワークも飛躍的に進歩した今ではどちらでも良いんでしょうけど。
 
 が、それでも何人かはまだ同様のA3乱造トラブルから救われないなか、一つのIllustratorドキュメントの中に複数のEPSエンコーディングが混在していることが原因だとわかってきました。
 ASCII. ASCII85, バイナリ、どれであっても統一してやれば問題解消することを確認、この件、落着となりました。

 なお、このトラブル、OKI MICROLINE PS9600を使用している別の教室では起きたことがありませんから、EPSON LP-S3200独自の問題かも知れません。
 偶然ながら、昨日新年初登校したらOS(10.8)のアップデートにEPSONのプリンタドライバーアップデートが含まれていたので、もしかしたらこれで解決している可能性がないとも言えませんが、取りあえず報告しておきます。

| | コメント (0)

水泳の究極のコツ

 年が明けて、近所の室内プールに通い出してから足掛け五年目に入りました。
 最初の方の様子はこんな感じで、ほんと酷いものでした。
 
 泳げない人の為に少しでも情報になれば、とその後、このカテゴリでいろいろなコツを書いて来たのですが、ここにきてこれが究極のコツじゃね?と納得したことがあるのでそれを書いておきます。
 ま、新年だもんね〜、いつもひねくれたこと書いてるばかりが能じゃない、と。
 
 で、そのコツはというと、ただ一言。
 「続けること」
 
 怒らないで下さい。 大真面目な話です。
 よく恋愛で三日、三週間、三ヶ月、三年、と「三」のつく時期が大きな節目になると言われますが、運動も似たようなもんじゃないか、と気付きました。
 
 三日くらいは取りあえず新しい場所に馴染むことすら大変で、下手するとここでなんとか止める理由を見つけてしまうかもしれません。 少なくともうちの母はこれで水中歩行運動を止めてしまいました。
 これを何とか乗り越えて三週間程経つと、場所にも慣れて、空いている時間が見つかったり、運動パターンもある程度決まってきます。 が、大して泳ぎが上達しているわけではありません。
 
 三ヶ月経つと、他人に姿勢や体格が良くなったと言われるようになります。 そう?と思って鏡を見ると、確かに水泳に適した筋肉がつき出しているのに気付きます。 喉の筋肉すらしっかりしてきて、この頃になると水をあまり飲まなくなります。 また水中でぐるぐる回転したり、と余裕も出てくるのです。
 私の場合、平泳ぎだけでも、との最初思っていたのが、この頃から何と憧れのクロールに挑戦する程の余裕が出てきました。
 
 で、三年。
 心肺能力が上がって胸郭が広がり、浮力が増えます。 この結果、息継ぎが楽になり、あれこれと泳ぎながら改善する余裕も生まれ、別に速くはないけどそこそこ奇麗なフォームで平泳ぎ200m、クロール100mくらいは泳げるようになりました。 摂取カロリーに気をつけていれば当然スマートな体になって、さらに続けるモティベーションになります。
 また、血行促進効果によって風邪をひかなくなる、冬の皮膚乾燥が改善される、筋肉増も加わって寒さに強くなる、汗が出るので暑さに強くなる、「よっこらしょ」と言わなくなる、体型改造で服が似合うようになる、カラオケがうまくなる等々のご利益も確実に得られます。
 
 あと、運動全般に共通していますが、頭から離れない嫌なことや心配事が不思議なくらい体から抜けて行きます。(ただし、運動中だけですが)
 
 
 結局、自転車に乗れる人が乗れなかった頃を思い出せない/戻れないのと似て、体育教師や水泳コーチ、水泳上手の友人達は子どもの頃にこの過程を終わっているので、泳げない人の水中の状態が思い出せないのです。
 
 「ここで腕をあげて首を捻れば自然に水上に口が上がって息ができます。 はいやってみて!」
 「げぼげぼ、無理!」
 「ほんとですか?? なぜでしょう??」
 
 という不毛のやりとりで世のカナヅチ達が絶望してしまうのはこの為です。
 
 あと、やはりいつまでも自己流ではなく、正しいとされている泳法を参考にする事も良いかもしれません。 なぜなら、三年くらいずっと見てるけど、とても変わった泳ぎ方から脱却できていない人がいるからです。
 私はたまたま高橋雄介という中央大水泳部監督の本二册「四泳法がきれいにおよげるようになる」と「クロールがきれいに泳げるようになる」、そしてたまたまNHKの「チャレンジ!ホビー」という番組で彼と俳優の金子貴俊(WATERBOYS出演)が出演していた番組を参考にしました。
 
 続けましょう。 少しは頑張らなくちゃ。

| | コメント (0)

新年にあたり...

 まともなことを書かなくてはと思いつつ、そうすると新年にはちょっと縁起の悪いことに触れざるを得なくなるので、いっそどうでも良いお話を書いて、とりあえず元旦中に更新したいと思います。
 
 CATV(CS)のスーパー!ドラマTVでサンダーバードのHDリマスターをやるようで、今日早速プレ版の放映がありました。 サンダーバードのHDリマスター版?で思い出してほしいのが2011年7月のデアゴスティーニネタ。  内容的には多分これと同じだと推測できます。
 
 デアゴスティーニの方は3号以降買っていませんから、いや、あの薄い記事とバインダーが要らなければ、このスーパー!ドラマTVの放映を待つのが正解だったんじゃない?とちょっとほくそ笑む。
 
 それはさておき、ファイアーフラッシュ号の着陸を救助するこのプレ放映のお話はというと。
 やっぱ奇麗ですね。 DVDよりも絶対に奇麗。 これをBDに録画するのが映像クオリティ的には最高でしょう。 で、謎の円盤UFOのHDリマスター時にも行われた日本未公開部分の収録が興味深い。 ここは副音声(英語)で聞いていても画面スーパーが出ます(つまり日本未公開なので吹き替えが行われていない)からすぐわかります。 これが結構複数あって、いろいろと興味深い。
 
 なんで英語音声で視聴していたかというと、オープニングがあの有名な「さんだ〜ば〜ああどぉ〜」で始まるダッサイ日本語版が嫌いだからでして、確か、一番最初に日本でNHKが放映した時は英語版のオープニングで、私にはこれが最もしっくり来ます。
 嬉しいことに、(たまたまヒコーキネタであったせいか)かなり英語が聞き取れました。 つまりは私の英語能力はあっちの子ども並ということですが、まぁ、そんなとこでしょう。 英語の勉強は今では週二回の学校の行き帰りにiPodでNHKのトラッドジャパンの音声のみを聞いているだけですが、やらないよりはまし、ってことでしょうか。
 
 ということで、取りあえず謎の円盤UFOの時と同じく全話録画することにしました。
 が、この謎の円盤UFOからして、未だに全話見てないんだよなぁ... ほんと積ん読状態。 アニメも未制覇のままBD入りしているのが複数あり、これは多分MSフライトシミュレーターにはまったのが原因だろうなぁ...
 
 こんな私ですが、本年もよろしくお願いします。

| | コメント (2)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »