« 水泳の究極のコツ | トップページ | ポチッとしたのは覚えているが »

EPSエンコーディングとPSプリンターのエラー

 先日、DTPの課題を学生がプリントしていると、A4指定なのにA3紙上に意味不明の文字列が一杯に、それも数枚に渡ってプリントされるという大迷惑な事件が発生しました。
 
 課題はIllustrator上にPhotoShop(共にバージョンはCS 5.5 or 6.0)からeps保存したビットマップ画像をレイアウトして、あと文字だの罫線等をあれこれ配置。
 例によって、症状の出る出ない生徒があって、原因の分析に手間取ります。 なお、プリンターはEPSON LP-S3200という当然PostScript対応。
 
Eps_enchode そんな中、PhotoShopからEPSに(正確にはPhotoShop EPS)を書き出す時に、ASCII85という選択肢がいつの間にか増えているのに気付きました。 あれ?こんなの昔なかったぞ。 ASCIIとバイナリだけだったような、なんて昔話の記憶を辿っても意味がないので、とにかくこれをバイナリに再指示。
 余談ながらAdobeは昔からこのバイナリEPSを嫌いますね。 Illustratorで配置しようとすると必ず警告が出ます。 でも我々オールドタイマーはデータ転送時間が少しでも短縮できるようにとバイナリを選んで来て、かつ大きなトラブルにも見舞われていないので、生徒への指導には少々悩みます。 結論としてはデータスレージもネットワークも飛躍的に進歩した今ではどちらでも良いんでしょうけど。
 
 が、それでも何人かはまだ同様のA3乱造トラブルから救われないなか、一つのIllustratorドキュメントの中に複数のEPSエンコーディングが混在していることが原因だとわかってきました。
 ASCII. ASCII85, バイナリ、どれであっても統一してやれば問題解消することを確認、この件、落着となりました。

 なお、このトラブル、OKI MICROLINE PS9600を使用している別の教室では起きたことがありませんから、EPSON LP-S3200独自の問題かも知れません。
 偶然ながら、昨日新年初登校したらOS(10.8)のアップデートにEPSONのプリンタドライバーアップデートが含まれていたので、もしかしたらこれで解決している可能性がないとも言えませんが、取りあえず報告しておきます。

|

« 水泳の究極のコツ | トップページ | ポチッとしたのは覚えているが »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水泳の究極のコツ | トップページ | ポチッとしたのは覚えているが »